RstudioとパッケージとGithubと

大事な午前中がまるまる潰れてしまった。

Rstudioでパッケージを作るのが楽になったのはわかる。RstudioでGithubのバージョンコントロールができることも知ってる。ちょっとできる。Githubで文章を加筆修正したりもできる。

その組み合わせがうまくいかぬ。

1.RstudioでFile>New Project>バージョンコントロール>Git

とすると,GitとRstudioの連携はうまくいく。が,パッケージを作るプロジェクトの雛形は用意してくれない。ここでpackage.skeleton()が必要なのか?

2.RstudioでFile>New Project>パッケージを作る>Gitにもチェック

とすると,create git repositoryのチェックボックスをオンにするも,レポジトリが作られるわけでもなく,gitがうまくいかない。パッケージの雛形は用意してくれる。

3.本日最大の問題点

mkmeans関数というのを作り,mkmeansパッケージというのを作ろうとしたら,いちおうエラーなくbuildするところまではできるのだけど,build>library(mkmeans)をしてもmkmeans関数が見つからないって言われる。関数名とパッケージ名が同じなのがまずかったのか,と思って変えてみたけどうまくいかない。どこに問題が・・・?

 

自分の悩みを整理するために日記にしてみた。順番にやっつけていくか。まだ負けてないよ,奮闘記録ですよちくしょう。

 

ちなみに,成果はGistに置いた。

解決編

3.について

exportの指定をしておかないと,外から触れない=見えない,ということ。内部だけで使いたい関数は隠しておけということね。外に出力するわけではなくて,解放するって感じか。この指定をしておかないと,サンプルコードすら走らない。ちなみに@exportsとスペルミス?してもアウトでした。

1と2について

パッケージよりもGithubとの連携が欲しいので,1.のやり方(githubと連携してからスケルトン)のほうがいいと思う。2のやり方はgithubとの連携ができないもん。

余談

roxygen2ってすげえ。すげえ便利。すげえ楽。

できた。

https://github.com/kosugitti/imKmeans

まとめ

  1. Githubにレポジトリを作る
  2. Rstudioでバージョンコントロール・フォルダをつくる。Githubと紐付ける。
  3. package.skeltom()で雛形を作る
  4. 作って上げる。修正する。enjoy Git.

コメントは受け付けていません。