Osaka.stan#5に参加・発表して来ました

Osaka.stan#5 に参加して来ました。
第9章の担当・発表を拝命しましたので,これも何かの縁と引き受けたもののの,同時に著者をお呼びするという。
それなら俺も1オーディエンスとして参加したかったよと思いつつ,お仕事なんとかこなして来ました。

私の後の著者のご発表,なるほどこの使い方はイメージじゃなかったな,と勉強すること多く,またTLに出てくる変態ども(注・褒め言葉。ほとんどが塾生)のプレゼンの面白さ。「みんなで幸せになろうよ」の精神があふれていて,とても楽しいひと時でした。

会場には院生時代の先輩,後輩もいらしてて,旧交を温めるとともに,「山口で研究会やろう」という嬉しいお約束まで。

二次会でもたっぷりと「ちょっとした思いつきを著者に相談する」とか,「初めてあった人だけど面白そうな問題意識ですね」とか,「いやー,統計教育ってどの辺を目指すべきなんかなー」とかいった心ときめくほうれん草を楽しみました。

こんなに楽しい研究イベントは久しぶりだったな。満喫した!
7月も乗り切れそう!

コメントは受け付けていません。