Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

育児日記

ハロウィンにクッキー

そんな風習ありましたかね?

今日は在宅の日だったので、妻が映画に出かけて、俺がお迎えに行くなど。帰り道すがら、娘が「クッキー作りたいのよね」みたいなことをいう。なんでかなぁ。ハロウィンだからかな?まぁええんちゃう?とか聞き流して。

帰宅すると、子供たちは自分の宿題をするし、俺は原稿の校正に戻るのです。途中で「音読聞いてね」と娘が来たけどね。終わったらやはり「クッキーつくるの」という。どうやって?と聞いたら「Siriに作り方聞くから」と。へえ、まぁいいけど…?

しばらく静かで、仕事がはかどるなあと思っていたら、娘がドタバタ戻ってきて、「薄力粉って何?」という。まあね、どうせこんな感じでどこかで詰まるからアキラメナサイと言おうかなと思ったんだけど、ふと気になって下に降りてみると。

まさか!と思ったね。卵とマーガリンを混ぜたボウルが目に入る…。測ってないよねえ、明らかに。普通バターだよねぇ。でもこれでここまで始めちゃったのね?まさか黙って開始してるとは…!参考にしてるサイトを見ると、すげえ、分量とか書いてない!お菓子作りは分量が命と聞きましたが。よくみると「作り方はこれだけ!次のボタンを押したら細かいレシピがあるよ!」とか書いてる。あー、娘見ないわ〜。その気にさせて、ズルいわ〜。

娘は前作のプリキュアのおかげで、混ぜたら何でも美味しくなると思ってる節がある。クッキー作り、お菓子作りは混ぜることと見つけたり、みたいな。混ぜてれば美味しく成功すると信じている…!

とりあえず、なんとかこれを成功体験にしてやらねばと、帰ってきた妻の助けを借りて、小麦粉を入れたり(分量わからん!)砂糖を入れたり(入ってなかったんかい!)、寝かしたりなんかしたりして、とりあえず何とか作りましたよ。なんか出来ましたよ。味気ない素のクッキーみたいなのは初めて食べたわ。

まぁでも、一人でやろうとしたことは、良い。創造性と自発性こそ子供の財産。でも「オーブンとか使うから、今度から作るときはお父さんにも声かけてね」と言いましたとさ。



みっちゃんもんだい

兄が学校で仕入れて来た10回10回クイズの真似をしたい末っ子。

娘「お父さん、鍋って10回言って」
父「鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋」
娘「大阪の食べ物は?」
父「…お好み焼き?」
娘「ウフフ、他にもあるヨォ〜」

待て、正解は何や。



若くして寝る

21時半に寝たから5時半に目が覚めた。40を越えて、健康なのか老いなのか。

ちなみに、息子も「宿題やってないから」と5時半に起きたが、眠すぎるので寝直す、と布団に帰っていった。

末っ子は昨日プールだってせいか、夕飯も食べずに19時からずっと寝ている。12時間寝れるんじゃないか。

若いって、寝れるってことよね。



自転車の乗り方

息子、自転車に乗れるようになりました。
今日のことです。8歳と10ヶ月。

遅いですよね。俺は一年の頃には乗れてたからな。息子は三年になって、明日学校で「自転車の乗り方教室がある」というので、やっと練習を始めたような次第。途中骨折で安静という謎のインターバルもあったし。

自転車そのものは、去年の夏休みには「来年自転車教室あるから!」と急に買わされたもの。で、さぁ練習するのかと思ったら、ちょっとやって「もう無理!」「乗れるわけがない!」などとワガママ三昧。後ろを押してやるから、と言っても「押されたらかえって怖くて乗れん」とか言うし。要するに根性がないなと思ってたわけです。

俺が子供の頃は、親父に特訓されて、一日中転んだり泣いたりしながらなんとか乗れるようになったもんだけど、さてそういう教育方法は今時流行らんし。お前が乗れんというのなら、練習嫌になったのなら、まぁええわ、恥かくのもお前やし、乗らんでも知らんわ、と教えることなく放置してました。

そしたら今日。仕事を終えて帰宅したら、「表に行こう、見ててよ」という。まぁ親の仕事、と付き合いましたが、さてびっくり。確かに乗れるようになってる。
今までペダルを漕ぐのが力がいるから無理、などと訳のわからん理由を言うてましたが、普通に漕いで坂道を上ってく。

いやぁ、嬉しかった。

と、同時に、やはり教育方法について考える訳です。無理やりやらせるのも良かろう。でもなんもせんでもできたし、時間はかかっても本人の自尊心的に凹むことなくできて、これはこれで良かったのか。いや待て、困難な問題に立ち向かう精神はどうやって経験させたらいいのか。はたまた今時そんなものは不要な裕福な社会なのか……

実は上の子にもしっかり教えた覚えはなくて、つまり自転車というのはある年齢になったら乗れる段階に来る発達課題の1つなのだと思ったりしてるが、さて。

教育ってなんじゃろなぁ。



お弁当を詰めるのは何が楽しいのか

「お弁当を詰める」は子供たちにとって楽しいことのようで、今日はいつもより1時間近く早く起きてきて、2人で詰め詰めしてくれた。楽しそうだから任せているが、「出来た!」と言われてから修正が必要なので二度手間w

上が子供オリジナル。下が俺の詰め直したもん。下の形にしたらソソクサと包んでしまう。彼らの達成感を奪いたくないからだ。しかし、だからこそ彼らは上達しないとも言えるw

しかしこうしてみると、俺の詰め方は面白味がないなぁ。



おぉ息子よ折れてしまうとは情けない

息子の怪我情報続報。折れてなくてよかったー,とかいうてましたけど,一応念のため専門家に診てもらってね,という紹介状を渡されていたので,近所の整形外科に行ったら「プロが見ないと気づかないような箇所の骨折」と診断された模様。

全治3週間。可哀想な息子よ。



怪我の功名

早く出勤して早く帰ることにしてるんですよ。

今日は比較的上手くやれて、6時には家に着いたので、早めの風呂とビール!と思ってたら、娘が「ノートがいる。明日までに」という無理を言う。

仕方ないので車を出して、文房具屋さんへ。飲む前でよかったノゥとか言いながら。

で、帰宅して、いよいろ風呂、さぁおつまみでも作りながら飲むかね、とおもってたら冷蔵庫の前で悲鳴が。「誰かキテー!誰かキテー!」と長男が泣いている。見たら、走り回って冷蔵庫にスライディングし、足をぶつけてる。チラ見で変な方向に指が曲がってたので「あ、これこいつ骨いったな」と思いまして。

取りあえず冷やして、なだめて、着替えて、緊急病院に。

レントゲンなどを経て…「骨はなんともなってないですねー」との由。まぁー安心したけど。したけど!もー。

8時過ぎに親子で帰ってきて、軽めの夕飯。やっとビール。飲む前に「もうみんなええやろな!怪我とか!運転でけへんぞ!」と宣言してから、やっとありつけました。

せっかく早く帰ってきたのに。いや、早く帰ってきたから対応出来たのか……?

やれやれ、子育ては楽しいです。



漫勉記念日

昨日帰宅すると,末っ子が「おとうさん,まんべん!まんべん!」といって紙を渡してきた。

うちの娘は絵を描くのが好きで,ミスプリの裏紙などを持って帰ってやると大喜びで女の子の絵を大量生産するのだが,昨日見せてきた絵は次のようなもの。

枠がついて,マンガのようになっている。しかし「マンガ」ではなく,「漫勉」((c)浦沢直樹)だと覚えているようである。

なんだかよくわからないけど,かわいいので,我が家では1月5日を漫勉記念日とします。

 



学会の続きに

末っ子が入院しまして。

先週末からお熱を出してて,月曜日に小児科に行ったところ,とりあえず喉が赤いので抗生物質を出されて。まあ三日ぐらいして熱が下がったので,はあやれやれ,と金曜日には幼稚園に行けたのですが(と言っても,金曜日は久しぶりの登園で緊張したのか,園が近づくにつれて足取りが重くなり,行かない〜行かない〜と泣いたりしたんだけど)。

金曜の夜から出張に出てたので,わからなかったんだけど,土曜日・日曜日にまた症状が悪化したらしく,月曜日(祭日)の朝には休日救急病棟へ。診察の結果「肺が真っ白だねえ」と言われたというほどの,ザ・肺炎で,入院することに。病室で再会した娘はもう,点滴はされてるわ,バイタルを測る機械のケーブルが出てるわ,酸素吸入マスクしてるわで,ぐったりベットに寝ている姿を見ている方がつらいほど。

とはいえ,上の子二人は翌日から普通に学校があるわけです。3人の子育てってのはワンオペではどうしても回らんシーンが出てくるけど,今回はなかなかヘヴィな方です(スケジュールの調整がね)。寝泊まりの付き添い付き,ってことは家族が分断して生活をしないといけないことだからねえ。

幸い,裁量労働制なので,今日は朝だけ仕事をしに行って,夜通し付き添ってくれてた妻と交代。1日入院すると熱も下がったし,ずいぶん元気回復した感じ。機械の数値もいいように思います。だからまあ,そんなに長引かない・・・かな,と期待してます。楽しみにしていた,園最後の運動会はおやすみ確定なのでかわいそうだけど。明日は仕事が埋まっているけど,どうするかなー。

台風はこちらに関係ない感じですが,とまれ,なかなかイベントの多い秋です。




top