Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

日記

いたずらっ子万歳

昔読んだ,学研の「からだのひみつ」だったと思うんだけど。

子供達が博士のところに遊びに行って,博士が開発しているロボットがあるんだけど,博士が出かけている間にいたずらして「・・・したらどうなるんだろう,やってみようか!」ってやって壊しちゃう,という話があったのね。
博士は常々,「子どもはいたずらするもの。いたずらするぐらいが元気があっていい」という人だし,子供もそれを知ってて「博士はいたずらっ子はいい,って言ってたから」と無茶をしてしまうわけです。実際に博士が戻ってきてロボットが壊れていても,それを見た博士は「うーん,やれやれ,いたずらは仕方ないけど,んもー」って感じで,怒らないのです。

それって大事なことだな,と。私は今,博士になって(笑),教える側にあるんだけど,時々この話を思い出しては,ゼミなどで「いたずらっ子歓迎」な雰囲気を作らないとな,と思う。

RやStanのコードなんか,コピペでいいんですよ。でもね,コピペするときに,「この文字変えたらどうなるんだろう」「この数字変えたらどうなるんだろう」って,いたずら心を出して欲しいんだよね。変えたところでPCが爆発するわけでなし,「んもー,やれやれ」とはなっても叱ったりしないからね。

俺が初めて自分のパソコンでプログラムを書いたとき,ベーマガのコードを一生懸命書き写してたんだけど,そのとき「CD PLAY 10」というコード(*注1),この10を9に変えたらどうなるのか,ってやって見たのです。多分あれが最初の改変w 明らかに本文に影響しなさそうな箇所だったし,実際それで変わったのはBGMだったんだけども(CDの10曲目を演奏しなさい,という命令文だった),それでも「変えてもそこまで壊れない」という自信を得たし,また「ここは何に関係しているのか?」と考えるようになったきっかけなわけで。

プロットにタイトルをつけるだけでもいい。発生させる乱数の数を増やしただけでもいい。自分が手を加えることで自分のものになるわけです。

ところで,私は大学院には他大学に進学したのだけど,学部の時の先生や仲間との研究も(こっそり?)続けていて,最初に書いた論文は大学院の指導教員に全く見せてないものだった。先輩や同僚とだけでやってて,掲載が決定してから報告に行った。でも叱られることなんか全然なくて,「掲載おめでとう!じゃんじゃん書け!」としか言われなかった。嬉しかったなあ。叱られるのかな?とちょっと思ってたからね。
これも子どものいたずら心と,それを許容してくれる博士(大人)の世界だったのです。だから,自分のラボで誰かが勝手に論文書いてたら,俺も褒めようと思うし,実際きっと嬉しいだろう。研究者は並行遊びをしているだけなんだから,遊び仲間が自立・自律してくれるのが自分の喜びになるのです。

みんな遊べ!いたずらっ子万歳だ!Enjoy!

*注1 初めての自分のパソコンはFM-Townsだったので,CD-ROMが付いていたのです。当時としては画期的なこと。言語はF-BASIC386といって,富士通のFがついてる。CD Play関数は明らかにTowns用のローカルな関数だったよね。



おまえわかってんのか

わかるとはどういうことか

「わかる」とはどういうことか,という問いに真正面から答えるのは難しい。しかし,「わかったかどうか」を検証する方法からみると,ヒントが見えてくる。

「わかったかどうか」を検証する一番よく知られた方法がテストである。テスト理論の基本は,$X_i = t_i + e_i$,すなわちテストの点数,正答誤答,パフォーマンスを表す$X_i$には,真値$t_i$と誤差$e_i$が含まれているというものである。一回のテストで100点とったから,その人の才能が100なのではなくて,本当は90とか120だったかもしれないけど,テストでは測りきれない要素が加味されて100になっている,と考える。

テストで全て測れるものではないし,回答者の調子とか,テスト環境など状況要因もあるだろうから,その分を考慮しましょうということを考えると,このモデルは妥当なものだろう。
しかし,テストでは全てわからない,で終わってしまうのではない。テストを繰り返すことによって,誤差の部分が相殺されて新値に近づくことができる。誤差はプラスだったりマイナスだったりするが,平均は0だと考えられるからだ。だからテストは繰り返されるし,1問,1項目だけで構成されるようなテストはないのである。

つまり,その人の中に本当の知識,能力,理解が存在するのであれば,いくつもの質問や問題に正答したり,解決したりすることができるはずである。さらに切り口を変えていうと,国語であれ数学であれ,あるいは社会問題であれ抽象的な数学概念であれ,ともかくあることを理解している,知識があるということは,それについて様々なアウトプットをすることができる,ということだろう。

私も教壇に立つものとして,何かを教えようとするときは,色々な表現をする。色々な切り口で語ろうとしている。これができるのは,「より深い理解」ができているもの(得意分野,専門分野)があるからであって,それ以外のよく理解できていないものを語ろうとすると,一通りの切り口でしか表現できなかったりする。そしてそれは得てして,初めてその概念を教えてもらった時の,教えてもらい方と同じことをできるだけコピーしたもの,にしかならない。

自分の言葉で表現する,というのは,自分の中に理解したものがありますよ,ということの表明であり,通り一遍の回答しかできないのは「わかっていない」のである。

いつだったか,ネットで見たブログの記事で,成績が上がる勉強法について書いてあるのを見かけた。方法は簡単で,その日学校で教わったことを,自分で再生するのだそうだ。再認ではなく再生。自分の中から,教わったものがもう一度出てこなかったら,そこが理解できていないということ。塾なんかに通わなくても,これだけで東大に合格した,とかいう話だった。そうだろうな,と思う。

自分がわかっているかどうか,を測るためには,色々な言葉で表現しなければならない。できるだけ自分の理解に近い内容を,語弊なく,複数のメタファーや単語で表現できれば,周りからは理解していると評価されるだろう。
再認するだけでは,自分がわかっていることを納得しただけで終わっている。ああこの問題,この式,この言葉,見たことがあるよ聞いたことがあるよ。これでわかっている,と思っているとダメなのである。人に聞かれて(テストされて),答えられなくなる。「そんなことない,本当にわかっている!」と言ったところで,それを確認する方法がないのだから,客観的にはわかってないことと同義なのだ。

そろそろ前期が終わる。試験問題を作っている。できるだけ多くの問題を出してやろうと思う,これは嫌がらせではなくて,チャンスを増やしたほうがいいと思うからだ。色々出題しているけれど,適切な難度の出題は本当に難しいと思うし,切り口を変えて表現するたびに,自分の理解も深まるようだ。

受講生諸君,そんなに心配することはない。わからないことがあるのかどうか,自分の中から表現して見て確認し,わからないなら何がわかっていないのか,を確認すれば良い。自分の説明が詰まるところ,他人にうまく伝えられないところが,わかっていないところなのだ。ただただ「わからなーい,むずかしーい」とのたうち回っている時間は無駄ですよ。究極的には,わからないのは,わかろうとしないから,とも言える。

研究者は執筆業だ。今もいろいろ文章を書いているけれども,なるべく多くの言葉で表現したいとおもう。もちろん本などは筋道があるから,無駄に説明が「とっちらかってしまう」のは避けなければならないけれど,読者にとて理解の道が一本ではないと思うし,それが私の理解して来た道と同じであるとは限らないからだ。これがなかなか難しい。もう一度言うが,研究者は執筆業,作家なのである。

わかる,がどういうことかはわかないかもしれないが,わかった人の振る舞いをみると,わかるとはどういうことかがわかるのではないだろうか。



独り者のハン

ネタバレ注意。

ハン・ソロ、先日見てきました。悪くなかったんですけど、なんかイマイチなところがあって、何かなー、と考えてたら答えにたどり着いた。

フォースがないんだ。

だからただのSF、ただのアクション映画になってたんだわ。フォースの怪しさというか、非科学的な感じが、スターウォーズには重要なんだね。

フォースは偉大だw



ベイズ塾WSやりました

広島ベイズ塾第3回公開WSでした。

昨年の日本心理学会で立ち見が出るほどのWSだったので、これは学会の枠を外れても、今回話せなかったことをアピールすれば人は来るんじゃないか。てなことから企画して半年、会場探しや話題の洗練、プログラムを練って、と積み上げてきた甲斐あって、多くのお客さんに来てもらえました。その間に異動あったしなw

塾の最年長者だし、会場の大学に所属してるから、裏方仕事が担当でした。登壇しないから気楽でいいわとか思ってたけど、終わったらドッと安堵感に襲われたので、緊張していたんだねえ。いや、当日はもちろん前日くらいから周囲の人に気配りする余裕がなくなってたのは自覚してます。それはチクチクと申し訳ないなと思ってます。

反省会での塾生の結婚祝い、二次会でも心理測定の話ができて、楽しかったわ。ホンマに。

さぁ、夏が来る。初めての試験、集中講義、学会シーズン。しっかり休んでから、次に行こう、次に。



基礎心理学会フォーラムでお話しした面白い人たち

基礎心理学会フォーラムで,ベイズ統計の宣伝して来ました。

内容については表サイトから見てもらうとして,ここではその中で印象に残ったお三方の発言を記録しておきます。

  • 「学振が人生決めすぎるんですよ。本当は業績主義の問題に切り込みたい」
  • 「人間は効率が悪すぎるんです。科学が人間に隷属している現状がおかしい」
  • 「S大学は水道に毒を入れればイチコロです。その点Y大学は裏は山で攻めにくいし,農学部もあるから兵糧攻めには耐えられる」

大学の評価に「城と見立てたとき,攻め落とせやすいかどうか」という次元があるとは思わなかったw

 



火傷レベルの

土曜日は雨のち曇り。運動会をするにはちょうどいいお天気。

朝からお弁当作って応援?に。小学生2人、時々応援、時々休憩でまぁいい休日でした。

しかし帰宅後、足や腕など、Tシャツ短パンから出てたところが真っ赤っか。日焼けですわ。

朝方は寒いほどで、全体的に曇り。昼食後すこし照って、「暑いなぁ」と思った時間が30分程あったでしょうか。でもそれぐらいなのに、肌がジリジリと焼けてたのね。

まぁ痛い痛い。濡れタオルで冷やしてオロナイン軟膏塗ってます…

それにしても、子供の頃はここまで痛いと思った日焼けは無かったぞ。夏は真っ黒になるほど日焼けしてたと思うけど。

大人になって肌が弱くなったか、それとも東日本という地理的なものなのか…



デジャビュというか予知夢というか

今日はすごく久しぶりにデジャビュを体験。

家を出て,自転車を漕ぎだしてすぐに,「あ!この景色は前に夢で見たやつだ」と思い出した。

私のこれは,誰にも信じてもらいたくないほど,非科学的で説明できないことだなのだが,自分の事実としては成立している。既視感というより予知夢である。未来のある日の夢を見るのだ。今日のシーンは確か子供が生まれる前に見たやつだ。このタイプの夢は妙にリアルで「それ」とわかるので,見終わったあと妻に話した。「どこに住んでいるか」「子供はいるのか」「仕事は何をしてるのか」などはわからないため,「あらあらそうですか」という反応だったのを覚えている。まあそうだろうな。有益な情報ないし。でもあの家から出て信号に向かって自転車で走るシーンは,確かに夢で見た画面なのだ。

10年以上前の話だし,記憶は歪むし,夢は主観的な報告しかできず,データにならない話なので,これ以上考えるのはやめる。が,記録しておく。



東の文化圏

新しい職場に来て一ヶ月ちょっと経って。

研究室環境も整って(4Kモニタを入れたぜ),授業なども一週間のパターンがわかって来て,徐々に慣れて来た。

今日は自転車での初出勤で,なるべく起伏の少ないところを選んでも,最後に心折れる坂は自転車を降りてしまうことがあったけど,まあ一週間に1,2度でもやれば運動になるだろうと思っているような次第。

ともかく汗をかいたので,用意していた替えのTシャツに研究室で着替える。その際,目隠しに,とホワイトボードを動かして研究室のドアにある窓を塞いだのですよ。で,終わって戻そうとして,びっくり。

 

一ヶ月経って初めて裏返したから気づいた。うぇるかむになってるやん・・・。

これ,前任者からのメッセージよねえ。うわー,今まで気づかんかったわ。なんというか,粋なことしはりますなぁ・・・。俺は前の研究室を出るときに,掃除はしたけどこんなこと思いもつかんかったで・・・。

 

いつだったか知り合いの先生に聞いた話がずっと頭に残っていて,曰く,「関西の笑いはカッコ悪くすることによるもの,関東の笑いはカッコよくすることによるもの。関東ではカッコつかないのが面白くないのであって,政治家などがバカにされるのもカッコ悪いシーンが出るとき」とのこと。

これがかっこいいということか・・・。んむー。

私が文化的にこちらに馴染むまでには,まだしばらくかかりそうです。



麻疹

川崎市で麻疹患者が出たという。

GWに遊びに来てた母が「あんたやってないから,予防接種しときや。人前で話す商売やろ」という。確かにそうだ。
休み明けに病院に電話して,予防接種を申し込むも,ワクチンが不足していて,MR(混合)ならあるという。ただし経費は倍ねw

仕方がないからそれで予防接種して来ました。
まあこれで一生もんの安心を得た,と思っておこうじゃないか。

お医者さんには「これで抗体ができるのに2週間かかるから。でも患者さんが出たからといって,そこまで心配しなくていいですからね」といいのか悪いのかわからない情報をもらう。

ひっかかりませんように。



GWの過ごし方

妹と母が遊びにきた。子供の従兄弟たちを連れて。

関東圏に住んだ親族は初めてなもんだから,ディズニーランドによってから来るという。よりにもよって強風の日だった。かわいそうに。
翌日はよみうりランド。なかなか楽しかったが,やはりGWは混んでるなぁ。

三日間,従兄弟たちと遊べて子供に思い出を作ってやることができた・・・だろうか。
最終日の6日は家から一歩も出ずにのんびり過ごしましたとさ。




top