Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

日記

納豆嫌いも卒業

昨夜は謝恩会(院生)。

居酒屋さんだったんだけど、突き出しのメニューがなめろうみたいなやつで、大変美味しくいただきました。

魚を小さくぶつ切りにして、豆と、オクラか山芋?みたいな粘り気があって、刻み海苔がかかってて…

食べ終わって指摘されてわかったけど、あれ、納豆だったんですね?!

俺納豆嫌いなんですけど!

食べられないんですけど!

とまぁ食べ終わっていっても仕方ない。要するにその程度の嫌いだったという事。あるいは僕の体が昔より大人になったからなのか。

納豆嫌いも卒業しちゃいました。ありがとう、みんな。



歯石とりまくり(3/3)

今日は左。

昨日気付いたんだけど、歯石とりで2310円かかるんですよ。で内訳見たら、単価60ポイントが12件、とかある。歯石取りって、歯一本で600円なんや…全部やったら結構な料金になるんやなあ。

さて、今日終わって、次は二週間後に、と言われたから、「いや引越しするんで。もういません」と答えたら、急遽仕上げの磨きまでやって処置終わり、となった。

歯石とりの段階で会計が終わってたから、最後の仕上げ分はサービス?でした。ありがとう。

ということで、連日の歯科通院が終わりました。ホッとしたよー。



歯石とりまくり(2/3)

今日も歯石を取ったんだが(今日は前歯)、処置してもらってる間、「かたじけない…」って気持ちになるね。俺が歯磨きをサボった代償を、歯科衛生士さんがフォローしてくれるんだもんね。

処置中は下から見られたら嫌だろうと思うから、目を閉じてるんだけど、そうすると何が行われているかわからないので、実況してくれたらええのに、と思った。

「おっ、なかなかとれんやないか。えいっ、えいっ、ほーらとれた。さて次。ほう、この歯だけヨォ磨けてるな。やるやん」

とかブツブツ言いながらやってくれたら…

やっぱり嫌か。



おませなホワイトデー

息子が体調不良で学校を休んだ。

午前中妻が美容院に行く予定があったので、1人で寝てるよう言ってたらしい。

妻が帰宅すると、息子は台所でクッキーを作っていたそうな。

iPadを使った作り方を調べ、焼く手前で止まってたらしい。これを届けに…というのはさすがに妻に止められた(そして拗ねた)らしいけど。

俺が小学生の時にホワイトデーなんて考えもしなかったぞ。我が子ながらスゲェな。

ちなみに焼けたクッキー2つもらったけど、普通にうめぇぞ。我が子ながらスゲェな。



歯石とりまくり(1/3)

右半分の歯石を取る術を受けた。

昨日「なんで三回に分けるねん」とか思ってたが、反省。顎を開け続けるので、1/3の施術、約30分でも結構辛い。顎ガクガク。

とまれ、ガリガリ掃除してくれてるので気持ちいいといえば気持ちいい。綺麗な歯になってがんばるぞい、という気持ち。



歯科通院

子供の頃に通ってたことを考えると最近の歯医者はとても進んでいると思う。

今日はレントゲンで発見した虫歯の箇所を治療するという。事前に30分ほどお時間いただきますと言われている。予定通りの時間に呼ばれていくと、まずは表面的な麻酔、続いて注射による麻酔があって、治療がはじめる。麻酔が効いてるから当然のことではあるが、全く痛みを感じることがなく、ものの15分ほどで治療が終了した。昔は削って詰め物をするだけの時にも、いろいろ何か歯に入れるための細工がいったような気がするが、最近は削った後に紙のようなものを当て、光(熱?)を当てて仕上げたら完成、てなもんだ。あの辺の技術革新、誰か解説してくれんかな。いろんな医療の中で、一番身近で技術の進歩を感じるのが歯科だと思うんだけど。

ということで、痛みもなく、サッサと終わった。麻酔も予告通り1時間で切れるし、よく出来たもんだ。

さてこれで治療が終わりかと思いきや、これから3回に分けて歯石を取っていくと言う。前歯、右奥、左奥。うえー。引っ越しを近々するのでということを伝えると、明日から毎日のように三日間ほど通うことになった。

おそらくここの歯医者は、新しくて綺麗で、最新の設備も揃っていることから察するに、現代的で合理的な判断をしているんだと思う。すなわち1人の客にかける時間は30分以内と言うことにして、回転率を稼ぐことで利潤を上げているのだ。理屈はわかる。理屈はわかるんだけれども、値段は3倍払うから1日で済ませてくれと言いたい。

でもまぁそういうと、そういうんじゃありませんからって怒られるんだろうなぁ。そこを認めてしまうと向こうの論理も破綻することだろうし。

仕方がないのでその理屈に付き合ってあげることにしたが、なんか釈然たしないところもある。結局、技術に対する興味があるが、歯科は嫌いなままである。

追伸 歯医者さんが悪いとは思わない。技術も人も憎まない。そういう料金体系にしないと利益が出ないシステムに問題があると思っている。



ベイズ塾合宿春の陣

二泊三日のベイズ塾合宿@伊豆高原に参加!

今回一番遠くからの参戦だったかな?飛行機と電車を乗り継いで行きましたよ。それだけの甲斐はある、ハイレベルな合宿でした。

昼間の学ぶセッションも大事だけど、やはり夜のLT大会だな。勢いで次々話題が提供されるのが楽しい楽しい。刺激的だったわぁ。

自分の原稿についてもコメントもらいました。これで推敲しようっと。ありがとうございました。

内容と関係ないことですが、現地に着くとすぐ、今年の花粉症を発症!これが辛かった。今年は寒かったり、雪や雨だったりで、2月はなんともなってなかったんだけど、暖かくなったら一気に来たねぇ!くさめ、涙、大変でしたわ。

明日早速耳鼻科に行こうっと。



病因特定しました

昨夜も3時半に痛み止めが切れたので目覚め、飲み直して少し寝なおす、という朝でした。

で、薄々思ったんですが、痛みが歯に限定されて来てる。最初は肩、首、顎だったのが、このところ歯の周りだけ。ということで、これは歯科案件か?と思いまして。

結論から先に言うと、当たりでした。FBで色々ご意見くれた皆さん!ありがとうございました。内科じゃないかとか、整形外科、整体、歯、色んなコメント参考になりました。人の情けが身にしみましたよ。

と言うことで、以下備忘録がてらの日記。

妻に整体じゃないかもよ、と相談。朝から何科にかかるのか、で悩んでたのですが、妻の意見は整形外科。歯科も捨てがたい。じゃあこの際両方行くか、と。

ただ、整体を予約してあったので、整体から整形外科のはしごもなー、と先に歯科の予約。何とか今日の16時半から予約が取れて。17時半からの読書会には遅刻して行く旨伝えて。

お昼ご飯の頃にちょうど痛み止めが切れて来て(朝の四時に飲んだやつ)、何とか痛みをこらえてカップ麺を食べ(麺類しか入らない)、薬も飲まずに我慢…

歯医者は嫌だけど、なんか前進するかも、との期待も持って、夕方向かいましたよ。

驚くべきことに!歯科を出て来たのは16:40頃なのです。こんなに早く歯科の治療が終わったことがない!すごい!

着いて問診票に書き、診察室にすぐ呼ばれて、先生が口を見たら「あ、これか」みたいな感じですぐ分かったらしい。とりあえずレントゲンを撮られて、席に戻ると、取ってばかりの写真を見ながら説明。「コレね。左奥の下、歯茎にかかってる親知らずのところ、歯石経由でばい菌が入ったので腫れてます。今から薬塗ります。鎮痛剤と抗生剤出しますね。はい、おしまい」。ほんとこれだけ。

待合室ですぐ処方された薬飲んで、「では腫れが引いた頃に歯石とりますから、また来週〜」とすぐにリリースされました。ワーオ!

原因がわかるし、処置は素早く適切で、薬を飲んでなおす歯医者!削りなし!痛みなし!あとレントゲンがカッコいいぞ。ウィンウィンとわざとらしいほどの機械音を立てながら、顔の周りをくるりと回って写真を撮ったら、そのデータがすぐに治療台に行くんだもんなあ。

科学の進歩!医学の勝利!

大学に着く頃には痛み止めも効いてきて、4日ぶりに幸せを感じたねぇ。

整体師さんも、最初「歯が悪くないですか?」と聞いてくれてたんよね。口が開けられなかったから見てない、と言うのもあるけど、肩こりに違いないと言う事前信念が強すぎて…

「このあと歯科にも行きます」と素直に打ち明けたら、「そうですね、歪みも出てましたが、歯も同時に来たんでしょうね」と優しく受け止められました。ホンマそうやで、整体の先生はなんも悪くない、むしろほぐしてくれてありがとうやで。

それにしても、ばい菌にやられるとはなんかやっぱり免疫が弱ってたんでしょうな。これくらいで済んで良かった。養生しまっせ〜。



体のことがよくわからんす

土曜になった真夜中四時ごろ。肩のコリが辛くて目が覚めた。こんな事ってあるのね。寝違えたのか、枕のポジションなのか、なんにせよまぁ肩が辛いわけですよ。辛すぎて首筋はもちろん、左の奥歯あたりまで違和感。

痛みに耐えて寝直す。朝になっても状況変わらず。むしろ悪化?なんせ、口が開かないんだもん。朝ごはんを作るも、口に入らない、噛めない。

これはいかん、と整骨院に。予約だって出直すことになったので、一旦帰宅して一眠り。眠い。

施術してもらう時の説明を聞くに、肩こりで、肩の筋肉が首の筋肉を引っ張り、それが舌骨を動かす筋肉に響くので口に影響するのだろうと。ナルホド。

しかも触った後で、「腰から歪みが来てますね」と。なんちゅうこっちゃ。「何かスポーツとか、重たいものを持ったりしました?」「いいえ」「ずっと同じ姿勢とか?」「はい、座ってする仕事を…」「それです」

締め切り前やもん仕方ないやんか。

帰宅してお買い物など。一息ついて熱を測ると37.7ある。もみおこしによる発熱である。早くに寝る。

日曜日、朝は熱が下がっていたので、仕事に行く。秘密の仕事があったのだ。終日かかる仕事で、後半は研究室待機だったのだが、その間に少し原稿を、とPCを触ると半時間もしないうちに肩甲骨の下が痛くなる。やはり病因はコレか…

帰宅。37.3度。食事がろくに口を通らない。思うに、食事というのは目と口でしているのだな。目でうまそうと思って、口で食べるのだ。お腹が空いて食べるんじゃないね。目でうまそう、と思っても、口が開かない、噛んだら痛いとなると、箸が進まないのである。空腹もどうでもいい。とにかく、食事したくない。

月曜日、再び整体に。熱が下がってるので、ウイルス性のなんとかじゃないし、リンパも腫れてないから、やはり肩凝りからのやつでしょうね、といわれるなど。マッサージ、帰宅後軽く発熱、ぼんやりするので昼寝する。

最初から、何科で診てもらったらいいのかわからん現象で、熱がなくパソコンを触らなければ普通に仕事ができ、食欲はなく、腹が減らない。パソコンを使わない仕事や作業なら進められるが、残念ながら俺の仕事の大半はパソコンと共にある。いい点を挙げるとするなら、体重がガタ落ちしていることくらいだ。唾を飲み込むのも辛いが、喉はよくかわく。ちなみに歯が悪いわけではなさそうだ。やはり整体によるほぐし以外に治し方はないのか。

不惑にもなると、体が謎のエラーを起こすようになるものだ。こんな事なら機械の体になりたい。

追記 夜、痛み止めの薬を飲んだ。効いた!口が開く!食事も可能!痛み止めすごい。痛み止めの薬は女性が飲むものだと思ってたが、効用を見ると肩こりの痛みに、ともある。これ、離せなくなりそう、と言ったら妻にヤバイからやめとけと言われた。塩梅が難しい。とまれ、しばらくは世話になるかもしれない。



もっと電子化

マイナンバーカードのおかげで、コンビニで住民票は出るんだけど、戸籍謄本は出ない。正確には、対応している自治体とそうでないところがある。

京都市は対応してなかった。大都市なのに!コンピュータ化をうたってるのに!イケズゥ!

でも逆に、地方の小都市の方がニーズはあるのか。京都市では木津川市とかが対応。確かにちょっと行きにくいもんなぁ?んー。

今いくつか書類を書いてるんだけど、住民、労働者が移動する時に自治体と職場にマイナンバー出すだけで終わり!にならんかなぁ。家族分のあれやこれやで時間が溶けていくわ。




top