Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

日記

卒業論文集

今日は卒業論文集作成のお手伝い。

今年卒業するゼミ生14人の卒論をまとめ、一冊の本にするという企画。編集長の子がひとりで全員分の文書を集め、コメントを集め、住所録も作成するという非常に一極集中の作業。
なかなかすごいもので、全部で335ページにも及ぶ超大作である。印刷するだけでも結構時間がかかるし、何しろそのままだと大量なので、両面印刷にすることに。それでも150ページ以上のものである。

午前中から始めていたが、最初は文章の校正だけで時間を使ってしまった。ワードファイルをただつなぎ合わせるだけなのだが、ワードお得意のユーモアで、つなぎ合わせただけで図表がずれる。画面上は字が出ているのに、印刷すると消えている。一行変更すると図だけ次のページに飛んでいく・・・それにつきあう、鬱陶しい作業の連続だった。
中には余白ギリギリを使って図表を作っている人もいて、こればっかりは編集長が手作業でリサイズしていた。お疲れさま。

午後からさぁ印刷。と思ったのだが、コピー機の今年度精算は終わったので印刷機を使わねばならないといわれた。そこで悩んだのである。印刷機の場合、ソーターがついていないし、一枚の原本をつくってそれを印字していくというステップを経るので時間がかかるのである。20部作れば金銭的にはお得なのだが・・・。

結局他の院生らと相談した結果、デジタル媒体で配布することにした。つまり、データをCD-Rにやいて配っちまおう、というのである。300ページあるといっても、データにすると20MBぐらいのもの。編集長が持ってきたノートパソコン付属のCD-Rでも(おそらく8〜16倍速)、ものの五分もあればベリファイまで終わってしまったのだった。

それでも私は、印字した本にさせてもらった。今日の作業につきあってくれた人のうち、希望者も含めて5部製本した(それでも20人分のCD-Rの方が圧倒的に早く終わった)。

私は最終的にプリントアウトしたものでないと、読みこなすことができないのである。
デジタル大好き人間の割りに、変なところだけアナログ癖が抜けない。

でも良いものができた。
今後もこういう企画、つないで行けたらよいなと思う。



二度風呂

日曜日なのに戦隊ものの日記でないのを不思議に思う方がいるかもしれない。

アバレンジャーや仮面ライダーは見た。確かに見た。ただし、アバレンジャーは音声だけ聞いていた、という感じである(妻はしっかり見ておいてくれたが)。
というのも、昨日の夜の来客六人分の洗い物がほったらかしだったので、朝から小一時間は洗う−拭くの繰り返し作業だった。半分ぐらい洗って、少しスペースが空いたからお弁当を作って、残りを洗って、終わった頃に朝ご飯の洗い物ができて・・・という感じ。いつもは二人分だから大したことないが、六人分の洗い物は結構な量になった。実家ではいつも五人分あったのだから、母の苦労が忍ばれる。

洗い物が終わって一息ついたので、仮面ライダーを見ながらご飯を食べた。

その後はもちろん「妻を送り出した後の二度寝」である。
最近夜の睡眠時間は短い(早朝起きねばならない)が、昼寝する時間はたっぷりある。でも昼寝はいくらしても昼寝で、あまり疲れがとれない。近々目覚ましをかけずに夜中ごっそり寝る日を作らねばならない。

さて、夕方は梅田で飲み会であった。気の置けない仲間と忌憚のない話ができ、気持ち半分はリラックスできた。残り半分はひとりにしておいて来ちゃった妻のことが気にかかる。損な性分である(?)。

帰ってきて、風呂を入れた。
風呂はいつも入れる分量が決まっていて、ボタンひとつで自動的に入る。入ったらピピピ、とアラームが教えてくれるというシステムバスだ。ところが、冬場はガスの付きが悪くて、ボタンを押してもいつの間にかエラーになっていて実は風呂が入ってなかった、ということがままある。
今日はボタンを押してアラームが鳴るのを待っていたのだが、なかなか鳴らない。おかしいな、と思って確認に立ったら、案の定ランプが消えているではないか。仕方がないのでもう一度押す。
もう一度押しても、やはり鳴らない。「あれ?ひょっとしたら入っているのかな?アラームに気づかなかったか?」と思って風呂場を覗いた。

驚いた。湯船すれすれまでお湯が満ち満ちているのである。何のことはない、二回スイッチを押したが、二回ともきちんと機能していて、気づかなかっただけなのである。
一日で二回分のお湯を注入してしまったわけだ。

しかし、たまにはた〜っぷりのお湯にどっぷり浸かるというのも悪くない。



ざると枠

今日は妻の友人が遊びに来てくれた。

個性的な妻の友人だけあって、各員それぞれただ者ではない。彼女らが本棚から「バキ−範馬勇次郎スペシャル」や「神聖モテモテ王国」、「かなしい時」を借りて帰ったといえばそれなりにキャラクターがわかっていただけるかと思う。

うちひとりは酒豪だそうだ。うちの妻も大概飲み助だが、どちらが強いの?と聞いたら、妻は即座に相手を「この子はざるだから」という。するとみんなに「この子がざるなら、あんたは目もないただの枠(ワク)だ」と言われていた。言い得て妙である。
結局彼女(と妻と私)はビールや紹興酒を美味しく頂いた。
他の人たちは食べるのが専門なようで、白菜半玉、ご飯三合を含む大量の鍋を食された。
女性ばかりなので、シメはもちろんデザートだったが。

家で飲み会をすると便利なのは、酔っていても帰らなくて良いということである。
昨日も夫婦して客人を送り出した後、なんもせずに眠った。なんという気楽さ!

そのツケは翌日の朝に持ち越されるのだが、それはまた稿を改めて。



花粉症ではない

最近、朝にくしゃみが出るし、鼻水も出る。
風邪をひいてしまったようだ。

幸いなことに、症状は上記の二点だけで発熱などはない。風邪の初期症状のようだ。決して花粉症ではない。去年のこの時期も同じように風邪をひいた。疲れが溜まる時期なのかな。でも決して花粉症ではない。幸いにして、花粉症と症状が似ているので、ひどいときは鼻炎の薬などを飲むとピタリと症状は止まる。しかし決して花粉症ではない、と信じている。理由なんかない。

人間体質は変わるものだ。
子供の頃嫌いだった食べ物が、だんだん食べられるようになってきた。最初はトマト。親子の情を断ち切ることで知られている憎きトマトは、二週間ほど海外旅行しているときに食べられるようになった。スゥェーデンに行ったとき、食事が鮭とポテトしかなくて、その後オランダに移動したときに、「サラダに色が付いている!(いろいろな具が入っている!)」ことに感動し、ついでにトマトも食べちゃった。
その後結婚して、梅干しが食べられるようになった。妻に「この梅干しが苦手だったら、勧めるのをあきらめるから」とまで言われて食べた梅干しが意外と大丈夫だったのが主なきっかけ。先輩後輩の絆を断ちきることで知られている梅干しではあるが。最近はコンビニ弁当などに入っている梅干しでも、平気で食べるようになった。
そしていよいよ、関西人最大の敵であるなっとうですら、食べられるようになったのである。これまた妻のおかげなのであるが、納豆を野沢菜と混ぜて食べると臭みが全くなくなる。完全に消え失せるのだ!正直驚いた。ご飯にかけて食べると、今まで無かった味わいであった。

でも、花粉症なんかにはならない。人間根本は変わらないものだ。



勉強会開催

今日は勉強会を開催した。

私が主催する勉強会はあんまり長続きしない。なんでだろうね(苦笑)
ともかく懲りずに勉強会を主催した。今回は「意外と忘れがちな基礎の基礎をやり直す」ことと「五年間の院生生活で得たものをできるだけ後輩に伝えておく」ということが狙い。私は社会心理学の王道から外れた視点を持っているようなので、それが逆に、後輩にとってよい刺激にならないかと考えている。
それにしても昨日の発表会の後、今日も昼から自主的に集まるなんて、我々も物好きである。

5時間近く集中的にやり、それなりに意味はあったことと思う。
あと数回やったら、後は各自がそこで得たものを伸ばしてくれるんじゃないかな。などとひとりごちている。

明日からは少し時間がとれるので、取りかかっていた論文の完成を急がねばならない。書き方次第ではもっと面白く、かつわかりやすいものに書き換えられるはずなのだ。次が三回の書き換えになるが、何度も何度も書き直すというのが、どうやら私のスタイルになりそうである。

ところで、「ショートショートの広場14巻」が刊行されている。中学の時からショートショートが好きで、星新一の著作をほとんど(文庫で)集めている。この星新一が編者になった、一般応募のショートショート集がこの「〜の広場」である。11巻が発売された頃、星新一が他界し、そこからは阿刀田高が編者を引き継いだ。阿刀田の編者コメントは気に入らないところもあるのだが(星新一はバッチリ私好みであった)、新しいショートショートが読めるので、継続して購入している。

ショートショートの良いところは、短いのでちょっとした時間でも読めること、一言一言にたくさんの意味が込められていること、プロット(アイディア)勝負、という潔さである。
論文を書くときも、面白いこと(アイディア)をできるだけ簡潔に(短く)ということを常に念頭に置いている。明らかに星新一の影響である。

彼の名言。「短くならない文章はない」
彼が案内してくれた、アイザック・アシモフによるアイディア発生法。「異質なもの同士を結びつけよ」



博士課程研究発表会

今日はタイトルにあるような日です。

朝の9時から、総勢17名を数える後期課程在籍者が、一年間の発表を披露する日。
既にいつだったかここで書いたが、多種多様な興味関心を持っている人間が一堂に会す日である。共通項といえば「社会科学」という枠組みぐらいか?というほどバラバラだが、そのことが逆に斬新なアイディアなりアドバイスなりを得るきっかけになるのではないか、ということで大学院が主催するものである。
その趣旨は立派だと思うし、ちゃんと機能していれば問題はない。

ただイライラさせられるのは、発表の形態で、ひとり20分と決まっているのに、10ページ以上あるレジメを延々読み続けて1時間を超える、なんて発表があったりするのだ。すくなくとも、昨年まではそんな感じで、予定時刻に始まるのは最初のひとりだけ、というような世界であった。当然、丸一日仕事である。

今年は発表者数も多いということで、「ベル」を導入した。話し始めて、15分で一回チーン!と鳴る。20分でチーンチーン!これで発表終わり。25分で三回鳴って、これで議論の時間も締め切るというものだ。

このシステムのおかげ、およびパワーポイントユーザーの増加もあって、たった1時間半の押しで済んだ。9時にスタートして、終わったのが18:45である。ただただ拘束されるのが辛かった。

ところで、事前に配られた予定表には「小杉・Nさん・昼休み・K君・昼休み・N君・・・」と、私の後輩K君が前後昼休みに挟まれていた。
ので、スタートは予定表の訂正からだった。

私個人のことを言えば、分野を異にする社会学者から「面白かった」という意見をいただけたので、大変に嬉しかった。先日書いた「あいつはわかってもらおうとしていない」という指摘をくれた先生からもこのように言っていただけたので、自分で自分に合格点である。

と、自分を褒めておきながら、他人をけなすようで恐縮だが、一言書いておく。

社会学を専門にする人たちの発表を聞いていて改めて思ったのは、アレは科学か?ということである。

地域社会学?のひとはある特定の地域・地方でのおもしろ出来事を紹介するのが目的のようで、面白かったら科学的に正しいかどうかは問われないようである。
マスコミュニケーション(インターネット論含む)の研究では、マスコミはこうあるべきだ、という意見があるのかとおもったら、そういうわけでもなく、「マスコミ(メディア)はこうなっている。どうなるんだろうねぇ」という意見だけである。こうすれば大衆扇動ができる、という話なら部外者にもわかりやすいのに。
留学生の方々は、お国のおもしろ事情あれこれで、「へぇ。そちらではそうなんですか」という話ばかりである。べつにその話が日本の何か(社会学会とか)に役立つわけではないし、外国の情報という目新しさを差し引いて、なにか学問的に、あるいは抽象的、概念的になにか面白いロジックがあるとは思えない。そういういみで特殊な地域社会学なんだろうな。
社会学者の思想史や臨床社会学(何だろうね、これ)に関する話は、端的に的を射ない話で、何が言いたいのかわからない。前者は1890年代に出た話に対する、1960年代の反論が、あたっていない、という話であった。なんて息の長い反論なんだ。やる前に「誰かこれ思いついてないか?」と考えないのだろうか。臨床社会心理学云々のケースは、AD/HDと言われる学習障害を社会学的に捉えたい、という意気込みを語られたが、なんでそれを語りたいのかがまるでわからない。最低限面白いだけの話にでもして欲しかった(本当は科学的前進が必要なんですよ、もちろん)。
調査系の人は、方言の使われ方調査みたいなことをやりました、やったら面白かったです、という話。私に言わせれば分析の仕方がなってないし、仮説も持たずにやるから、やっただけの話である。やって何を明らかにしたかったのか。それができたのか、できなかったのか。調査の基本じゃないのか、これ(それを定めずにやる探索的な研究、というのであっても外郭ぐらいは決めるだろう)。
数理モデルの人もいたが、このケースは数学を社会に当てはめるという話で、批判点は少ない。だって、やってる人間が「そんなこと意味がない、ただ形の上の相似性を言えば面白いだろう」と割り切っているからである。もちろん、数理社会学がもつ公理・公準を定めてからでないと議論できない、という弱点も有しているが、これは彼の責任ではないだろう。

もちろん社会心理学者にも言えることなのだが、要はどこを見据えているかということだろう。
斬新な部分がない話は最低だが、今現在面白いだけのホットな話題というのもあまり価値がないと考えている。

私は、10年、20年、もっといえば50年、100年と生きる理論を考えて学問をしている(つもりである)。

追伸 関係者が見たら、誰のことを指しているか一目瞭然であるような、悪態をついたのは、これが私怨ではなくて学問的な批判だからと考えるからである。もちろん反論を呼ぶようなこともあるだろうが、そういう方は学術的に議論するべく連絡下さい。

追追伸 ついでに、院生の態度にも不満がある。何でみんな堂々と遅刻してこれるんだ。何でみんな堂々と早退できるんだ。風紀が乱れとる。



追試と入試と

今日は追試最終日。

朝から三時間連続で追試監督である。しんどいなぁとおもっていたが、もっとしんどい人がいた。受験生である。先週の土曜日も追試で見かけた子が、今日も来ているのである。見たところ手を怪我してしまったようで、試験が終わるとギプスをはめたりしている。学年は一年生。なるほど、最初の学年からいくつも単位を落とすわけにはいかないので、理由もあることだから頑張って追試で挽回しようというのだろう。1時間目にその子にあって、受験生もその子ひとりだったから、「今日はまだあるのですか、頑張ってください」とふと声をかけたら、「後二つ・・・」というのだ。苦笑いしながら「そうですか、我々の試験監督も後二つ。頑張りましょう」というような話をした。

結局午前中はずっとそのこと試験監督二人であった。真面目そうな子だったし、挨拶もしっかりする良い子だったので、うまく合格して欲しい。

ついでに今日は大学院後期課程の入試二日目、面接の日でもあったようだ。
前期課程をおえる子たちが、院生室でいろいろ「つっこまれた」とか「全然つっこまれなかった」とか、わいわいやっていた。みんな受かればいいが。

午後は明日の研究発表の準備。最後の推敲+資料の印刷などである。
意外と早く終わったので、気になっていた文献複写などをした一日なのでした。

ところで、悲しいお知らせ。
井上瑤さん(ガンダムのセイラ役)が亡くなったそうだ。
声優もどんどん世代交代の時代だもんな。
でも、主要キャラが死んでしまわないうちに、もう一度ファーストガンダムを作り直して欲しい、と誰しもが願っている(はず)。



結婚記念日である

今日は追試最終日。

朝から三時間連続で追試監督である。しんどいなぁとおもっていたが、もっとしんどい人がいた。受験生である。先週の土曜日も追試で見かけた子が、今日も来ているのである。見たところ手を怪我してしまったようで、試験が終わるとギプスをはめたりしている。学年は一年生。なるほど、最初の学年からいくつも単位を落とすわけにはいかないので、理由もあることだから頑張って追試で挽回しようというのだろう。1時間目にその子にあって、受験生もその子ひとりだったから、「今日はまだあるのですか、頑張ってください」とふと声をかけたら、「後二つ・・・」というのだ。苦笑いしながら「そうですか、我々の試験監督も後二つ。頑張りましょう」というような話をした。

結局午前中はずっとそのこと試験監督二人であった。真面目そうな子だったし、挨拶もしっかりする良い子だったので、うまく合格して欲しい。

ついでに今日は大学院後期課程の入試二日目、面接の日でもあったようだ。
前期課程をおえる子たちが、院生室でいろいろ「つっこまれた」とか「全然つっこまれなかった」とか、わいわいやっていた。みんな受かればいいが。

午後は明日の研究発表の準備。最後の推敲+資料の印刷などである。
意外と早く終わったので、気になっていた文献複写などをした一日なのでした。

ところで、悲しいお知らせ。
井上瑤さん(ガンダムのセイラ役)が亡くなったそうだ。
声優もどんどん世代交代の時代だもんな。
でも、主要キャラが死んでしまわないうちに、もう一度ファーストガンダムを作り直して欲しい、と誰しもが願っている(はず)。



肩凝りがはげしー

肩凝りが嫌になるほど激しい。一応それぐらいパソコンには向かっているということです。

さて、日曜の朝は戦隊ものから。

アバレンジャーはいよいよ面白くなってきた。戦隊ものの隊長を務める、赤色はなんと子持ちである(笑)兄夫婦が交通事故で死んで、その子を引き取ったという設定であるが、闘いながら「参観日に行かねば」といいだし、ロボットに吹っ飛ばしてもらって幼稚園に飛び込むという方法はいかがなものか。
あと、色による区別が激しい。赤と黄色(女キャラ)はISUZUのトラックで怪人が出現した場所に向かう。青と黒はサイドカー付きのバイクで向かう。ギャップが激しいのだ、なんだか。もっとも、バイクもおそらくISUZU製である。後の仮面ライダーとあわせて、昔からISUZUは子供向け番組に強い。

アバレンジャーがどうしてもお笑いキャラだとしか思えないのは、エンディングテーマを聞くときである。敵の雑魚キャラ(昔で言うショッカーですね)が、全員並んでアバレンジャーのEDにあわせて踊るのだ。綺麗に踊っている様をみると、どう見ても悪役・敵キャラに見えないのだ。何とかして欲しい。

仮面ライダーはだんだん筋が見えてきた。これから面白くなるんじゃないかな。

・・・と一通り見てから、「妻を送り出した後の二度寝」に入ったのであった。

ところで、ガンダムの話題にしていいだろうか。

最近Zガンダムを見ているのだ。ファーストガンダム一年戦争もの)のつづきを一応見ておこうと思って。それを見ていて思うのだが、決まり切ったパターンに気づいた。

1.子供(もしくは未熟者)がモビルスーツに載りたいと思う。
2.監視の隙を見て、勝手に乗り込む。勝手に出撃する。
3.そいつはヒーローであれば4.へ、違うなら5.へ
4.何とか敵を撃退してしまう。帰還後、「ニュータイプ」もしくは「生意気」と言われる。6.へ。
5.案の定こてんぱんにやられる。なんとかかんとか帰還する。めっちゃおこられる。6.へ。
6.へこむ。

新しいキャラは大概このパターンで進む(ファーストのアムロやセイラ、Zでいうフォウやカツもそうです)。モビルスーツといえば軍の切り札的存在だと思うのだ。日本軍(自衛隊)でいうところの戦闘機クラスの存在だと思う。軍がもってるバイクとか輸送トラックとはわけが違う。そのわりに、簡単に「隙をついて勝手に出撃」なんてことができてしまう。できすぎてしまう。
なんなんだと思う。マジメに戦争やってるのか?

好きは好きなんだが、その辺しっかりやって欲しいんだよな。ファーストはそれで許されたところがあるけど、その後を描いているZにしてはお粗末が過ぎると感じる。

ところで、今夕スキー用品一揃えを買った。三万以上する結構な出費である。
嫁さんをおいて遊びに行く、自分のための買い物なので、なんだか気が引ける。
何をするにしても初期投資はどうしてもいるものだが。

さらに追伸。
例の新幹線居眠り運転手の事件だが、こんな記事が。
後付でいうようなのが嫌だが、私は最初から運転手の病気説を考えていたのだ。だっておかしいじゃないか。10時間寝た後の居眠り運転って。ワイドショーでは前日お酒を飲んでいた、等と騒いでいるが、飲んだ後10時間ねたらどんなヤツでも酒は抜けてるって。なんなら試してみようか?



時間の区切り方

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る。
もう二月が終わったか。

今日は追試の試験監督。連続して入っているので大変だ。
朝から色んな試験の監督をする。受ける方も大変だね、普段授業のない、土曜日まで学校に出てくるのだから。
二時間目の試験監督は、特別扱いの学生。どういう事故?かわからないが、両手の中指と薬指に包帯がある。怪我をして鉛筆をもてないから、特別扱いということなんだろう。ノートパソコンが試験会場に運び込まれ、回答をそこに書き、FDを提出するというやりかた。時間は通常60分のところを80分に延長してある。このひとりの学生のために、(規則なので)二人の試験監督がつく。前から後ろから見張ってはいるが、そんな状態でカンニングできるはずもないだろうに。
ちなみに、試験の規則として、ワード以外のソフトを立ち上げたら不正行為として摘発するとのこと。なんでだ??

土曜日であるのに、午後にも試験監督がある。最後の試験が終わったのは、14時を回っていた。
今日はこの後、夜に梅田で用事があるので、そのまま院生室を延長開室していただき、ひとり残って研究活動。誰もいない土曜の午後の院生端末室。集中できてとても良かった。

少し考えたのだが、今日はとても上手く時間を活用しているように感じた。
午前中は二つの試験監督。午後は少し長い目のお昼休みがあって、次の試験監督。その後三時間ほど研究して、梅田へ移動。
だいたいひとつのアクションが3時間ぐらいで区切られているので、気分が切り替わって、集中しやすい。先日のように、朝から晩までひとつのプログラムにかかりっきりになると、とても疲れるのです。

指導教授が今年の目標を立てるときに、一年を四分割し、三月まで、六月まで、九月まで、十二月までの目標をそれぞれそのときに考えろと仰った。で、その通りにしてみている。現在三月までの予定が順調に進んでいる。六月、九月までの目標も既に視野に入っている。

確かに細かく区切った方が、有効活用できるようだ。
D1の時は一年間じっくりやる、という目標を立てて、結局中だるみしてしまっていたような気がするから。




top