Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

日記

強盗だ?!

朝起きたら、お茶が無くなっているのである。

冷たいお茶が飲みたい、という話をいつかしたが、毎回¥69のペットボトルを買うのも勿体ないということで、昨日の夜のうちにお茶を作っておいた。夏場に使うお茶を入れる容器を出してきて、パックのお茶をお湯で出したのである。で、すぐ出るものでもないし、熱いので、台所において冷ましておいた。
今朝冷蔵庫に入れよう、と思っていたのである。

で、起きて、心待ちにしていたお茶を飲もうと台所に立つと、お茶が空っぽなのである!
綺麗になくなっているので、朝の寝惚け頭で考えたのは、「強盗が入ってきて、取るものがないので、お茶だけ一気のみして帰った」という推理であった。
おう、どうしよう。何か取られたものはないか。とりあえず冷たいお茶が飲みたい、どうすればいいか、などなど、ボヤボヤ考えているうちに妻が起きてきた。

そして普通の反応をした。「漏れてるんじゃないの」。

その通り。水を入れて確認したら、漏れているのだ。で、台所においてあったから、流れ出た水が綺麗に全てシンクに流れ込み、水たまりなどができることなく、私のお茶が無くなっていたのである。トホホ。

で、今夜は後輩O君の、修士号獲得前祝いとして前回紹介したお店に行って来た。

先週行ったのは、この日の予約のためだけである。
今日が本番、だから思いっきり飲み食いを・・・したのである。

年に数回しか入らないという、幻の厚揚げや、刺身、白子、淀の丸大根つやつや煮、牡蠣のとろとろスープ・・・思い出すだけでうっとりしてしまう。

19時スタートで終わったのが23時。
完全にできあがった我々は、JRの終電で最寄り駅まで帰り着き、歩いて10分ほどかかる阪急の駅まで移動。自転車をおいてあったのだ。夫婦それぞれ自転車に乗り、なんとかかんとか家まで帰り着いた。
その後は、着の身着のまま布団に倒れ込み・・・起きたら翌日になっていたのである。

そうです。この日記は26日に書いています。
あー、よく寝た。



睡眠万歳

今日は10時半ごろまで寝ていられたから、だいぶん体力回復した。
妻が朝食・夕食とも支度をしてくれたので大変助かった。
一人暮らしでなくて良かったと実感する。

今日の予定は学校の勉強会だけ。
気分的にも楽だったので、いい1日だった。

帰ってからアイロンがけなどする余裕もあったしね。

それでも行きの電車では、記憶をなくすほどぐっすり眠っていた。
まだ完全ではないなぁ。
完全回復は水曜日を予定しております。



乙女起動

パソコン業界は、3ヶ月で1クール(1シーズン)と考える。
通常のムーブメントよりも早い。
今日は日本橋にパソコンを買いに出たが、またも業界の進展度合いに驚いた。

初めて作った思い入れの深いパソコン、Grecoが臨終。Grecoを作ったのが98年で、当時10万円強かかった。今日母のために買ったパソコン、Otomeは定価¥49,800。スペックはCeleron1.7G,メモリ128MB,HDD40Gである。今私が現役で使っているマシン、CliceがPen3の933×2(Dual)で、当時スペックとしては結構なものだったから、15万弱かかったことを覚えている。すごく安くなったよなぁ。Otomeはショップブランドのパソコンであるが、WindowsXPがプレインストールされているというのだから、手間を考えても、これから自作は流行らないだろうな。無駄に一台欲しくなってきた。

ところで、買ってきたらすぐに使える、というわけには行かない。WindowsXPの認証に手間取ったのだ。インターネットの設定を間違えたりしたせいもあって、自動認証ができず、電話で確認IDを入手することになった。しかも、認証が済んだら勝手に自動更新をはじめる。これがなんだかやたら不安定で、(ISDN環境ということもあったのだが)時間がかかるし、なんと3回もフリーズ&再起動をした。
大丈夫かいな。

今のところ、自分で触った感想として、Win2000が一番安定的だな。

とりあえず一通りのセットアップを終えて帰ったら遅くなったので、今夜はもうすぐに寝ます。

このところ、朝早い日が続いているのだ。睡眠時間は私の元気の源で、寝れば元気で、寝なければ元気じゃない、不機嫌、不愉快etc…いろいろ良くないことが起こる。

そんな朝早い嫌な日でも、日曜日は別だ。
今日も戦隊ヒーローものと仮面ライダーを見た。
戦隊ヒーローは新しい「アバレンジャー」になっていた。恐竜をモチーフとした戦士達であるが、いろいろツッコミどころがある。一瞥しただけで弱点の分かる敵がでてきたり、キザなキャラクターはトリケラトプス系戦士になるのだが、そいつの必殺技が体当たり(タックル?とにかく泥臭い技)であったり、恐竜なのにロボに乗ったり銃を撃ったり。これから先が楽しみなドラマだ。
仮面ライダーは555と書いてファイズと読む、といつか書いたが、これが空集合を表す「φ(ファイ)」から来ているとは知らなかった。
ライダーキックも使い始めたが、レーザーポインタでキックを命中させる場所を特定してから蹴り込むという辺りにメカニックな何かを感じる。

みんな、日曜日だけは早起きしよう。外れ無しですよ?



栄枯盛衰

一寸先は闇と言うべきか。
先日まで快適に動いていた母のパソコンが、突然電源すら入らなくなったそうだ。

元々自作パソコンで、私のおさがりを母が使っていたのだ。このパソコン、電源スイッチの接触が悪い癖が昔からあって、今回のエラーもそれが原因だと思っていたのだが。
実際に実家に帰って症状を見てみると、どうやら電源ボックス、最悪マザーボードがいかれているようなのである。
もうかれこれ、5年ちかく働いてくれたパソコンだ。名前はGreco。AMDK6-300である。今となっては年代物だが、ほとんどパソコン素人の母が使うのには十分だった。
一応また明日、症状の検査に実家に帰ることにしたが・・・買い換え時かもなぁ。

これでおそらく明日も1日つぶれてしまうので、来週のスケジュールは厳しいものになりそうである。
神様は有能な私に、なかなか酷な試練を与えてくださる。

ところで、今日は勉強会に遅刻しそうだったから、最寄り駅で電車をまつ間に、携帯からeZwebに接続し、乗り換え案内を開こうとした。すると「ブラウザメニューに戻って、履歴のクリアをしてくれ」という。メニューが変わったようなのだ。仕方がないので一旦接続を切って、履歴のクリアをしようとしたら、接続中でないとクリアもできないという。キャッシュは携帯に落ちていないのか。
で、クリアして改めて乗り換え案内を開こうとした。すると以前は「地域情報」からすぐに乗り換え案内に行けたのだが、今回はもうひとつ階層が深くなって、地域情報からどこかのカテゴリに入ってから、乗り換え案内にアクセスしなければならない。
このような階層構造は、ブラウザメニューを作る側でどうにでもなるもの。相手に踊らされて、接続料をだまし取られたような気分がして嫌だった。

たのむよ。>Tu-Ka Phone関西



トキメキ☆主夫生活

これでいいか?>M本

おかげさまで仲がよい夫婦で、子供もいないからまだ恋人気分である。
で、手を繋いで歩くことがあるが、冬場は「バチッ!」と静電気が二人の指先に飛び交う。
これがかなりの頻度なので、非常に困っている。

妻の身体の一部(手、身体、髪)はもちろん、ドアノブ、ATMのタッチパネルに至るまで。小さいものから激しいものまで、1日何度も何度も出会うのだ。今着ている上着が毛だから静電気が溜まりやすいのかなぁ。
妻も元々帯電気味のキャラらしいので、夫婦して何か考えるべきかもしれない。

今日は「ますだおかだ10周年記念ライブ」にでかけた。大阪は中之島、リサイタルホールである。
今までお笑いランキングとしては、トップにアメリカザリガニを挙げていたのだが、今日のライブを見てますだおかだの評価が上がった。やはり上手いのである!
出だしから、映像と音声を巧みに使い、冒頭は30分ちかい漫才である。漫才もこれぐらいゆっくりやってくれると、つかみからオチまでゆっくり聞けて良い(そういう意味でM-1の一組4〜5分というのは短いので辛いだろう)。アメザリのライブと違って、横山たかしや原田伸郎などのゲストを呼んで一緒にやった時間があったのはやや残念と思ったが、その質の高さで許すことにした。最後も少しゆっくり時間をとった漫才、であった。

感想として、増田(ちっさいほう)は頭が切れる天才肌のお笑い職人で、岡田(のっぽのほう)は増田にいじってもらうだけのキャラ、と思いがちだが(事実それで売っているのだが)、最近は岡田さんの頑張りが著しい。今日もただのヘタレじゃないなぁ、と感心しながら、2時間長のライブを思う存分笑わせてもらった。

余談になるが、お笑いのチケットは¥3,000ほどである。今回は取れなかったので、オークションで落としたから、二人で一万円弱の出費になっているが、お金を出してこれだけ笑えたら、元は取れていると思う。笑うことは心の健康にも良いので、夫婦円満になること間違いなしですよ。

さて、ライブの最後に、驚くべき発表があった。増田の方から重大発表がある、というから、吉本に引き抜かれたとか、コンビ解散かとか思ったが(笑)、実はそうでなくて、増田が「結婚していた」という発表であった。
彼は昔、テレビで10年近くつきあっている彼女はいるが、結婚はしていませんと言っていた。だから、あぁ完璧主義の彼のことだから、M-1取るとか、なんらかの形で納得がいったら結婚するんだろうな、と思っていたのだ。で、去年末M-1を取ったから、そろそろかな?と薄々感じてはいたのだが、実は五年前に結婚していたのである。長い間ウソをついていてご免なさい、ということであった。
なんでも、最初に結婚しようと思ったとき、松竹の上司にまだ早いと言われて、言い出せなかったそうだ。
面白いのは、相方の岡田も全く気付いていなかったそうで、2/14のバレンタインデーに告白されて驚いたということである。

何にせよ、良い話ではある。しかし、奥さんの方が辛かっただろうな、と思う。
これからも応援するので、ライブでテレビで、活躍して欲しい。

ところで、今日はお昼に天下一品に行った。
どうしてもこってりラーメンが食べたかったし、このところ天下一品に行きたくていけないことが続いていたので、いよいよ雪辱である。
こってりラーメンを食べて、満足した。そしてまた「なんなんだろう、このこってりぶりは」と頭の中に疑問符が果てしなく沸いてくる。これで当分こってりはいいや。

ということで、夕食はあっさりラーメンの代表格、梅田は揚子江ラーメンに行って来た。
揚子江ラーメンはやたらあっさりである。スープは透明・透き通っているのだ。それでも味はしっかりしているので、飲んだ後でも確実に入る。
揚子江ラーメンは最近、店の真ん前に「博多一風堂大阪店」がオープンしちゃったので、閑古鳥が鳴いているようだ。今日行ったのは、揚子江ラーメンで修行した弟子が、のれんわけしてもらってできた「林記」というところで、お初天神通にある。
もっちりした餃子とともに、とてもさわやかにいただけた。素晴らしい一杯であった。

帰ってきて、深夜の「トリック2」をみる。
エンターテイメント三昧の1日であった(おかげで二時半回ってる)。



柴犬を飼いました。名前はバイト。

朝イチの電車はやっぱり座るチャンスが無くて、辛い。

今日は列車を最後尾で待ち、各車両で空いているのはどの辺だろうと目を凝らしてみたが、どの車両も座席は満員である。しかたないわな。

さて。三月の頭に博士課程研究発表会というのがある。博士課程の学生はそれぞれ専門的な研究をしているから、お互い他の院生の顔を見ても、研究のあらすじを知っていたらよい方、たいがい何をやっているかなんかわからないもんである。それを毎年一回、一年間の成果発表をするため、一堂に会す機会があるのだ。

もちろん今年度一年間も、自分にとっては有意義であり、いろいろ得たこともあったから、発表会では何をどう語ろうか、ということを考えているのだが・・・この発表会にはいつも困らされる。

私の専門は社会心理学だが、社会学研究科の中に在籍しているもんだから、他の人間はほとんど社会学者である。社会学者に社会「心理」学について説明するというのが大変なのだ(少なくともそう思って身構えてしまうのだ)。有り体に言えば関心があわないのだから、あまり聞き手に興味のある話にならないのである。

今回は、研究発表会のために、わかりやすい新しいテーマをやろうかな?と考えていた。それの準備で今日は一日使ってしまった。今論文を書いているのは心理論理の代数的展開なのだが、発表会ではネットワークの広がりについて、みたいなことをやろうと思ったのだ。
しかし、それほど面白い結果が出ないのである。

悩んだあげく、新しいモデルを紹介するだけでは中身のある議論ができないのだから、ということで心理論理の代数的展開の話をすることにした。

そうそう簡単に新しくて面白くてわかりやすい研究なんてできないもんだね(当たり前か)。
今回は準備期間が少なすぎたな。反省。

帰ってきて、いつか日記で書いたPS2で犬を飼うゲームをやり始めた。
タイトルに書いてあるのはそういうことです。



柳原、ガンバレ

今日は楽しかったことが目白押しで、どれを主体にして日記を書いたものやら。

ハイテク夫婦にしては珍しく波に乗り遅れた形になったが、今日サムドライブを買った。
USBポートにつなげることのできる、親指ほどの小さなメモリである。妻が32MB、私が128MBのやつ。二つ足しても一万円に行かないんだから、すごい時代だよなぁ。
帰ってきて、早速試した。もちろん快調に動いている。データ転送速度も十分だ。
これでそろそろFDともオサラバかな。

夕方ヨドバシカメラでサムドライブを買ったあと、NGKに行った。大阪人にとってのお笑いの聖地?難波グランド花月である。私も去年結婚するまではずっと大阪の人間だったのだが、NGKに足を踏み入れるのは初めてなのである。
で、なんでNGKに行ったかというと、去年末にやったM-1グランプリ2002のメンバーが再び一堂に会して、あのときのことを語り合う、というイベントなのだ。名付けて「M-1グランプリ・リターンズ」。
直前までそのようなイベントがあるとは知らなかったのだが、運良くネットオークションでチケットを落とすことができ、見に行けた。
中身は近々テレビ朝日系列でやるだろうから、とりあえずここでは「柳原頑張れ、ノドを早く治せ」とだけ言っておく。

あ、もちろんみんなネタをするんですよ。決勝に出たものの今回来ていなかったのは、テツandトモハリガネロック。どちらもあまり好きじゃないので、別に良かった。
逆に、決勝までたどり着けなかったけど、前座のような形で、麒麟や飛び石連休、リアルキッズなども見られたのでむしろ良かった良かった。

19時スタートの予定が少し遅れ気味で、結局終わったのは22時であった。
実は夫婦してご贔屓のお店、「C’sあじと」というところに行くつもりだったので(NGKのごく近くにあるのだ)、舞台が終わるやいなやその店に急いだ。
お酒が美味しい。出てくる料理がまた美味しい。料理がお酒を格段に引き立てるので、お酒が飲めない人(特に日本酒)は可哀想ですね、という感じのお店である。
妻は好物の白子に、私は牡蠣の料理やお造りの盛り合わせに出会えた。さらに普段はすごく高価なお酒なのを(一升で三万円)、特別に安い値段で頂いたりしたので、満足しまくりである。

ただ、終電の時間があるので、11時にはお店を出なければならなかった。後ろ髪を引かれる思いである。
でもいいのだ。25日に、後輩の修士号獲得祝いという名目で、また飲みに来るのだから。

でもやっぱり、時間はゆっくり使えるに越したことはないですね。
(もう二時だよ。明日の朝早いのに・・・)



泥沼?泥縄?

論文を書いている。

やっぱり書かないとダメだな、と思った。
大学院生として生きていると、それなりにいろいろ得るところがある。でもそれを例えば論文という形に「まとめる」作業をしないと、どの部分がわかっていてどの部分がわかっていなかったか、がはっきりしない。人間わかったような気がすることが多いのである。

で、論文を書き始めて、「確かあの研究者がこういうことを言っていたはず」とおもって資料を読んで確認すると、自分が少しゆがめて解釈していたことに気付いたり、よくよく詰めて考えればもう少し正確に統計量を算出できる、なんてことを思いついたりするのである。

今日はそれの繰り返しだった。Aという話題について書こうとすると、Bということを調べなくてはならなくて、それをするにはCを見つけねばならぬ・・・という感じで、資料にあたったりネット検索をしたり。

泥沼というのか、泥縄というのか(苦笑)

#関係者はAに「情報量」を、Bに「多角形の面積」を、Cに「多角形(閉路)の作成アルゴリズム」と
#置き換えて読んでみると面白いでしょう。

とにかく、こういう隙間を埋めていって、ひとつの論文になる・・・

なればいいなぁ。

追記 多角形の面積を求める方法ではうまく行かないことがわかる。やれやれ。

追記2 夕食は手作り餃子にした。いつも焼くのはうまく行くのだが、中の餡が美味しくならない。誰か秘訣を知っていたら教えてください。



和食は作りにくい?

夕食を作るときにいつも思う。洋食と和食では、前者の方が圧倒的に楽なのだ。

味付け、作り方、いずれも洋食の方がイメージしやすい。
和食の場合は、魚を焼いたりするのは簡単である。グリルに入れるだけだから。問題は煮物。「さしすせそ」をどのような比率であわせたらよいか、ということがあるので、苦手な感じがするし、時間もかかるようなイメージがある。

今日はアジの開きを焼いて、白菜を煮、きんぴらと山芋の鉄板焼きというメニューにしてみた。
白菜の煮物は、意外と簡単にできたのだが、最後までこれで味付けがよいかどうか自信がもてなかった。

しかし身体には和食の方が良いだろうから、今後も頑張って作っていく所存です。

さて、今日の試験監督で笑いそうになったことをひとつ。
「経済○論」(伏せ字にします)の試験監督をしていたのだが、これが普通の試験より10分長い70分テスト。70分もかかるんですかね?と事務の人で聞いたら、後ろに座っていた担当者の先生が「マジメにやったら三時間かかる問題ですから、学生には要点だけ答えるように言ってあります」とのこと。もろ聞かれました。マズィ。

で、どんな問題なんだろうと思って、試験会場で暇だから読んでみた。
面白かったのが問い2。

吉永小百合】国語辞典みたいに意味だけ書くんじゃなくて、経済後辞典のように長々と書くんじゃなくて、専門用語を2〜3行で説明してくれないかしら。
【担当教員N】関学の学生は優秀だから、きっとやってくれますよ。
【小百合】じゃあお願いしようかしら(^o^) ガンバッテ!

 a)終身雇用制度
 b)QTコントロールと・・・

 ・・・以下続く

なぜ吉永小百合?そしてなぜ担当教員とのやりとり?
大学生相手にこんな形で出題するなんて・・・。

しかも二回目からは「小百合」て(笑)

いろいろ面白い先生がいるものです。



スパーの烏龍茶

冷たいお茶が飲みたい。

冷たいお茶、ゴクゴク飲める飲み物が好きなのだ。
最近、寝起きなどでのどがかわいていることが多い。空気が乾燥しているから?とも思うが、寝る前のお酒のせいというのが本当の理由だろう。
夜中に起きたときなど、冷たいものが飲みたいのだが、なかなかふさわしいものがない。夏場普段食卓に出すのは冷たいお茶で、作り置きして冷蔵庫に入れてあるが、冬場の飲み物は温かいお茶。作り置きしたりできないのである。
そこで、夜中に飲むのは、水道水などになってしまう。しかし、マンションの水道水を飲むのがよろしくないのはわかりきったことである。

最近解決策ができた。近所のスーパーで150mlの烏龍茶が¥68で売っているのだ。スパーの烏龍茶なのだが、これだとわざわざお茶を作ったりしておく手間を考えると、妥協できる値段である。だから売りに出ているときは、4、5本買いだめしておくことにしている。今日も5本買ってきた。

ちなみにお風呂上がりや寝る直前に飲むのは牛乳がよい。結婚してから身に付いた習慣である(妻が昔からその習慣を持っていたので)。低脂肪乳はなんだか飲む気がしないので、牛乳が底値になった時を狙って買う。でも今日は、¥188と底値でもないのに買ってしまった。長い間飲んでなかったので。

ところで、話は全然違うが、このところ様々なラーメン屋に行っているので、自分の中で順位をつけてみた。

1.一風堂
2.杉千代
3.いいちょ
4.東龍
5.百年屋
6.天天有
7.彩華
8.タンポポ
9.銀閣
10.宮ッ子
11.天下一品
12.来来亭
13.マキノ屋
14.新福菜館

他にも金竜、神座など大阪のラーメン屋も入れたいのだが、最近行ってないのでどこに入れたものやら。
この手の評価をしていると思うのだが、絶対的な評価なんて無理なのよね。最近行ったところのものは、強烈にイメージがあるから評価しやすいのだが、だんだん時間が経って、他の店に行ったりすると味を忘れてしまうのである。5位の百年屋あたりの評価は、そのうち行かなくなるとぐっと崩れそうだ。

ラーメン本を出したりしている著者なんかは、自分の中で果たしてどれほど絶対的な評価をもっているのだろうか。

・・・お笑い芸人の評価なら、わりと安定してできるのだけど。




top