いろいろなrstanの入れ方

rstanをWindows,Mac,Ubuntuに入れた雑感。 一番入れやすかったのはUbuntu.普段のパッケージもコンパイルしながら遣って行くことが多いからか,あっという間に終わる、ということはないんだけど,丁寧に一 … 続きを読む

OS X 10.9.2のR3.1.0にrstan2.2.0を入れる

知らない人には何のこっちゃというタイトルでしょうが、端的に表現するとこうなります。 R3.1.0 Spring Danceがさる4/10に公開されて,喜び勇んでいれたはいいけど,そこそこでかいアップデートなのでパッケージ … 続きを読む

Yamadai.TeXをやりましたよ

Yamadai.Rと称して,山大でのR研究会をやっていますが,その番外編としてYamadai.TeXというTeXの使い方チュートリアルを開催。 TeXの使い方は普通,自学自習で習得するものなんだろうけど,こんなに便利です … 続きを読む

数理社会心理学の基礎

国立大学入試二次試験二日目の業務を終えて長崎へ。師匠・学友と研究打ち合わせ。 夜遅くまで及んだ話し合いの中で,数理社会心理学を確立しようという話になって(ちなみにほとんど素面),社会心理学の理論を作るための原理としてどの … 続きを読む

RとTeXのいい関係

最近のマイブームはTeXです。たぶん[改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門がでて,Texlive2013ベースで導入するようになり,導入の敷居が低くなった=プラットフォーム化がすすんだことが原因の一つなんだろうと思 … 続きを読む

電子書籍出版への遠い道のり

ということで,ePubにできましたよ,っと。Sigilで微調整をして,表紙の絵を探してきて着けたりして,それっぽい体になりました。 後はそれを公開するんだけど,共著者との共通見解で「お金儲けにしたくないよね」というのがあ … 続きを読む

【まとめ】電子書籍に関するこれまでの奮闘

iBooksAuthorが出たときに,これだ!と思ったのよ。 書籍を,電子媒体として出すことができる,しかも個人レベルで出すことができるとなると,大分気が楽じゃないかと。 一つはボリューム。別に薄いペラッペラの本を出して … 続きを読む

上三角行列のデータから対象行列を作る

MDSを実際のデータでやってみよう,という演習をした時の話。 学生には距離行列をmatrix型で全部入れさせたんだけど,自分でやる時は効率が悪いなあとおもっちゃう。だって,対象行列だもん。 上三角分のデータだけ入れたら, … 続きを読む

t検定の効果量における信頼区間

t検定の効果量における信頼区間,が知りたかったわけですよ。 t検定の効果量と言えばdな,といううすーい理解しかしてませんでしたが,必要が生じたのでちょっと調べてみた。 非常に混乱してしまうのだが,街亜・岡田のテキストにも … 続きを読む

日本心理学会2013その2

北海道から帰ってきました。   日心二日目はともかく。 三日目はPAC分析のチュートリアルに。院生がやりたいというし,名前や噂はかねがね聞いていたので,どんなものか真面目に勉強してみるかと出かけた。ま,結果から … 続きを読む