双対尺度法を自作してみた

前回の続き。 交互平均法で出てくるのは第一成分だけなので,複数の次元を出すために残差行列を計算してさらに交互平均法をする,という作業を繰り返す必要がある。 実装してみたコードがこちら。このコードの中に交互平均法のアルゴリ … “双対尺度法を自作してみた”の続きを読む

交互平均法のコード

西里先生のこの本を見ていると,自分でコードを書いてちゃんと理解したくなった。 [amazonjs asin=”4563052183″ locale=”JP” title=& … “交互平均法のコード”の続きを読む

日本心理学会一日目

  日本心理学会@同志社大学にきております。 初日の朝から,シリーズ数理心理学の展開があって,統計について日本一のベイジアンと数学?哲学?の人から公理論的に確率の話を捉えるというセッション。驚いたのは,公理の置 … “日本心理学会一日目”の続きを読む

全情報分析!

行動計量学会2日目は、西里先生のご講演から。 学生の頃に集中講義を受けたことがあり、また博士論文を面白いことをなさってますね、とわかってくださったので、尊敬するというかなついているというか、素敵な人なのです。 分散共分散 … “全情報分析!”の続きを読む

Rstan2.4.0お目見え

更新のペースが早いなあ!と思ってます。Rstanが一ヶ月でアップデート(前回の記事はこちら) 新しい物好きなのでとりあえず入れてみました。で,MacとWin(仮想)とUbuntu(仮想)でベンチマーク。サンプルの8sch … “Rstan2.4.0お目見え”の続きを読む

rstan2.3.0お目見え

昨日ちょうどstanコードの比較云々の記事を書いたのだけど,月曜日にrstanが2.3にバージョンアップしてたのねえ。(本家サイトはこちら) しかも,インストールの方法が楽になった!たった数行コードをコピペするだけででき … “rstan2.3.0お目見え”の続きを読む

世界一簡単なrstanコード

もう自分のモデルがどこまで混沌としているかわからなくて,rstanをつかいながらごく簡単なものを確かめるところまで戻ってきた。 ある標準正規分布から乱数発生に寄って得られたデータセットyの平均と分散を推定するプログラム。 … “世界一簡単なrstanコード”の続きを読む