Macのrstanは負担が大きい?

結論から先に言うと,OS環境下によって挙動が違いますよ、って話。特にMacは不利です(´Д` )   rstanのサンプルコードで8schoolsというのがありますが,それの実行にかかる時間が実は全然違う。 U … “Macのrstanは負担が大きい?”の続きを読む

いろいろなrstanの入れ方

rstanをWindows,Mac,Ubuntuに入れた雑感。 一番入れやすかったのはUbuntu.普段のパッケージもコンパイルしながら遣って行くことが多いからか,あっという間に終わる、ということはないんだけど,丁寧に一 … “いろいろなrstanの入れ方”の続きを読む

広島ベイズWSでベイズ因子分析の話をしてきました

昨日は魁!ベイズ塾とDARMによるマルコフ連鎖モンテカルロ法WS(MCMCWS)がありました。 そもそもどういう話をしようか,という打ち合わせの場に居合わせなかったもので,ある日Twitterでメンショんが飛んできて「@ … “広島ベイズWSでベイズ因子分析の話をしてきました”の続きを読む

OS X 10.9.2のR3.1.0にrstan2.2.0を入れる

知らない人には何のこっちゃというタイトルでしょうが、端的に表現するとこうなります。 R3.1.0 Spring Danceがさる4/10に公開されて,喜び勇んでいれたはいいけど,そこそこでかいアップデートなのでパッケージ … “OS X 10.9.2のR3.1.0にrstan2.2.0を入れる”の続きを読む

試験と採点

普通紙マークシート読み取りソフトを採用し,今期の試験のいくつかはマークシート試験にしている。 いつもは論述させる試験が多いのだが,系列効果が出やすく,何度も読み直してレイティングし,重みづけて・・・というのが大変だと感じ … “試験と採点”の続きを読む

RとTeXのいい関係

最近のマイブームはTeXです。たぶん[改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門がでて,Texlive2013ベースで導入するようになり,導入の敷居が低くなった=プラットフォーム化がすすんだことが原因の一つなんだろうと思 … “RとTeXのいい関係”の続きを読む

電子書籍出版への遠い道のり

ということで,ePubにできましたよ,っと。Sigilで微調整をして,表紙の絵を探してきて着けたりして,それっぽい体になりました。 後はそれを公開するんだけど,共著者との共通見解で「お金儲けにしたくないよね」というのがあ … “電子書籍出版への遠い道のり”の続きを読む

上三角行列のデータから対象行列を作る

MDSを実際のデータでやってみよう,という演習をした時の話。 学生には距離行列をmatrix型で全部入れさせたんだけど,自分でやる時は効率が悪いなあとおもっちゃう。だって,対象行列だもん。 上三角分のデータだけ入れたら, … “上三角行列のデータから対象行列を作る”の続きを読む

t検定の効果量における信頼区間

t検定の効果量における信頼区間,が知りたかったわけですよ。 t検定の効果量と言えばdな,といううすーい理解しかしてませんでしたが,必要が生じたのでちょっと調べてみた。 非常に混乱してしまうのだが,街亜・岡田のテキストにも … “t検定の効果量における信頼区間”の続きを読む

偏η^2の信頼区間を求める

社会心理学会のWSで,効果量の信頼区間の話をやっていた。 分散分析では,anovakunが偏(partial )をpeta=Tオプションで出してくれるから愛用しているんだけど,この偏の信頼区間を出したらもっとわかりやすい … “偏η^2の信頼区間を求める”の続きを読む

カテゴリー R