Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2003 / 9月

もう九月も終わりなんだよね

 今日で九月が終わり・・・というか、さっき10月に突入した(0時を回りました)。

 今日は昼ぐらいまでゆっくり寝た。
 昨日早く寝ようと思っていたが、大好きなTV Program「内P」のスペシャルがあったので、つい見てしまいました。
 お昼頃、自然と目覚めたので、そのままパソコンに向かう。昨日足の裏に張った湿布のおかげで、疲れはずいぶんとれた。

 博士論文のスケジュールを考えていた。推敲しないとイイモノが書けない私としては(普通そうか)、そこに時間の余裕を見ておくと、一週間に一章ぐらいのペースで書いていかなければならない。無理かにゃー。無理じゃなー(笑)
 ともかく、文章は後回しにして、データは整えていった方がいい。こういうとき、被験者を使う実験屋さんではなくて(実験もするんだけど)、計算シミュレーションによってデータを作ることができるのは、メリットのようなデメリットのような。
 

 ということで、昼から933MhzのCPUがクルクル回転し続ける。数十万回のループを今も走っています。愁訴憂くしそうにないので止めてやらねば・・・。

 今日は一日、そんな感じでした。



山羊座大当たり

 朝の占いで、山羊座がトップ。

 そのおかげか、今日の授業は熱く語った。なんか、ノリがよかったんでしょうな、自分の。お客さんの反応はそんなにダイフィーバー!という程でもなかったですが。
 後期は前期に比べ、大学の雰囲気などが読めている分、授業もやりやすい。

 ここ数日、胃が痛い。ストレスのせいじゃないかと疑いだした。実は、悩ましい案件が二つあるのだ(ひとつは博論)。
 午前と午後で、想像する未来が全く異なった人間は、かなり不協和というか、プレッシャーを感じるものです。

 授業3コマが疲れたのか、そのプレッシャーのせいなのかはともかく、ずいぶん疲れた。
 帰宅途中に、同じく帰宅中だった妻と、路上で出会う。面倒なので、今夜は外食、力を付けるために焼肉を食べにいった。すると、阪神優勝セールとやらで、数種類の肉が半額になっている。支払い時も、だいぶん安く済んだように思う。

 帰宅後、パソコンに向かうも、考えがまとまらず。
 こういうときは、心身共にリセットするに限る。早い目に休みます。



何をするにも足りない日曜日

 朝食をパスタにしようと思って、お湯を沸かしたら、パスタを切らせていた。

 仕方がないので、朝から冷やむぎ。季節はずれの冷やむぎ。できあがったら、おつゆも切れかけ。

 出掛ける前に、駐車場の料金を払いに行く。手渡しなので、月末を強く意識しておかないと、忘れてしまいそうだ。まぁお世話になるのもあと一回だけですが。

 妻を送り届けてから、帰宅で研究時間。
 明日の授業の準備をしようか、博士論文のことについて思索しようか。少し小腹も空いてきた。昼寝するというほど眠くもない。何をするにも少しずつ決め手に欠ける感じだった。何もしないと始まらないので、まず、食べた。冷やむぎだけでは少なかったのだね。>俺
 次いで授業の資料を作り始める。いい資料を掲載しているwebサイトがあったので、そこのファイルを全部DLしようと思った。ダウンローダーを使ってみるが、うまく行かず。他のダウンローダーを、と7つほどソフトを使ってみるが、全部うまく行かず。だいたい基本的に、ダウンローダーはエロサイトの画像収集用に作られているので、文章ファイルもDLし、フォルダ階層構造も保持するような、私にとって都合の良い機能が付いていないものが多すぎる。いや、多分、できるんでしょう。なんか設定とか、コマンドを使えば。でも、希望は、そういう手間をかけなくても、説明書を読まなくてもスイスイ使えるソフトなんじゃよ。虫が良すぎますか、私。

 妻を迎えに行く。帰りに妻の実家に寄ったり、お買い物に寄ったり。スーパーの前でたこ焼き屋の親父に声をかけられ、つい購入。おまけしてくれたので、イカ焼きもつい購入。

 最後に明日学校に持っていくものを準備してから寝る癖がついている。そこで、先回とった出席の集計をしていないことに気づいた。妻に手伝ってもらって、集計をする。

 さて、前回の授業の最後に、後期の評価方法として「定期試験」「授業中試験」「レポート」のどれがいいか、アンケートをとってみた。なるべく学生の希望に添ってやろうと思ったのである。
 結局前二つを足した「試験」で80%ぐらいあったので、そうすることになるだろう。それにしても、これほど簡単な記述アンケートなのに、珍回答・誤回答というのはあるもんです。

 珍回答 「今の気持ちはレポート、でも授業の内容によっては授業中試験がよい」< 正直だね。
     「今日から学校が始まりました。これからも頑張りますのでよろしく。」< 回答になっていません(笑)

 誤回答 「テストはなし」(2票)
     「出席重視がいいです」「出席重視、もしくはレポート」

 なぜ誤回答か?と思った人がいるかも。「テストはなし」って、レポートならいいんだが、「評価はなし」という意味なら、私は楽だが、困るのは君たちでしょう、という意味で誤りだと判断した。「テスト(評価)なんかするんじゃネェよ」というコメントだと受け止めると、こちらは気分が悪くなるので、ゲームのプレイヤーとしても戦略ミスですな。
 また、「出席重視」という回答も間違いです。少なくとも、私の授業については、「出席軽視」の方向でいきたいぐらいなのだ(現に出席は救済手段としてしか用いてません)。出席を重視するというのは、他の評価と比べて、重く見るという意味でしょう。その「他の評価」はどういう方法がいいのかを聞いているアンケートだったのです。だから誤回答。ちなみに、出席回数だけで評価しろ、というのは大学教育の意味が分かっていない人間の発言なので、輪をかけて誤りです。大学に来たことそのものの誤りと言っても過言ではない。



9時5時

 9時過ぎに学校に着こうと思った。寝過ごして、10時前になった。

 駅で友人に会う。最近仕事がキツイとぼやいている男だ。現状を聞いてみた。大概ひどいみたいだ。でも、メールしてきていたような、死にそうな感じは無かったので一安心。
 彼も研究を志す者だが、二人して「お金なんかいらないから、時間がほしいね」という点で同意する。おそらくこれが、一般人と研究者を区別する最大のラインだろう。

 それにしても、昔の指導教授がいっていた、「お金がほしいっておかしくないか?お金を払って手に入れる、恋人の笑顔がほしいというのならわかるが」という教訓は真実だと思う。よくよく考えると、皆が欲しい欲しいと思っているお金は、あくまでも兌換性が高い媒体でしかないのだ。もっというと、兌換性が高いとみんなが信じることで(かろうじて成り立っている)媒体だ。あまりにも兌換性が高いため、これが目的だとみんな勘違いしているだけですよ。携帯電話というハードが欲しいのではないでしょう?携帯で友達と繋がり会える、喜びを分かち合えるという、サービス/ソフトが欲しいのでしょう?

 午前中は自分の仕事に従事する。朝から大学に出たのは、大量に印刷するものがあったからだ。大学には両面印刷できるレーザープリンタがある。もちろん紙も自前で用意する必要がない。なぜかハードコピーにしてからでないと、文章の校正ができないタチなので、これだけでも朝早くから学校に行く誘因に、十分なりうる。
 もちろん、図書検索など、学校でしかできないこともしてきたんだけども。

 後輩とお昼ご飯。一緒に食べてくれるツレがいて本当に良かった。たのしくランチ。

 昼からは、本学の先生が研究会発表をされるので、会場の設営などの仕事をする。手慣れた優秀な後輩達が揃っていたので、あっという間に終わってしまった。
 でもまぁ、こういうものは早すぎて問題があるものじゃない。5分でも遅れると、とたんにものすごく格好悪くなるのだが。

 先生の発表を初めて聞く。内容も面白かったが、プレゼンテーションに感心する。きれいなパワーポイント、流れるような説明。きっと頭の中がきちんと整理されていらっしゃるのだろうな、と思う。尊敬。

 その後、懇親会。院生ばかりのテーブルにつく。
 I先輩と過去の恥をさらしあう。氏は毒舌家で知られている。私は無礼を承知で、先輩に毒舌を返す。そこまで言える理由は、ひとつには、先輩との信頼関係がある(と思っている)から。またひとつには、嫌われても良いから、先輩の考えていることを著したもの−全力で書いた論文、できれば博士論文、を読みたいと願うから。
 期待してまっせ。



完成とは

 論述問題などは、空白の7〜8割を占めればよいといわれますね?

 正確には、最低7〜8割。それより多く書いていればオッケーってことで、今日のノルマは達成したことにします。

 肩凝りがひどい。うたせ湯にうたれて、右半分治ったが、左半分がどうにも痛いので、妻に湿布を貼ってもらった。ありがとう。

 こんな時、一人暮らしだったらどうするんだろうと思って、さみしくなる。
 二人で一人がいい。



涙など見せない

 昨日の日記で、今日決着をつけると言いましたが、すいません、まだついてません。

 誰に謝ってるんだか。さて、今日は一日、真面目に生きていた方なのです。昨日の日記を書いた後、少し頑張ったし。今日は朝晩のお見送り・お出迎え以外はパソコンに向かってコツコツコリコリ執筆です。
 しかしまぁ、これを文筆業というかどうかはわからんが、文筆業を生業にしている人は大変だね。「書くことなんかいくらでもあるんじゃないの」と思われる統計の本でも、この四苦八苦。自分から、無から有を生み出す作家産ともなると、産みの苦しみはさぞや大変なことだろう。

 書いているところに、妹がチャットで話しかけてくる。適度に気晴らしになるが「一時間半もやってて、たった数頁かいな」という辛いツッコミは止めてください。兄さんこれでも必死なんです。

 関係ないが、朝の大雨はすごかった。車があって良かったな、と実感したね。
 夜のドライブも楽しかったですが。

 夕食は野菜炒め。なにやらひと味足りないので、七味(ななあじ(笑))を足したらキュっとしまって美味しくなった。

 最後にさらに関係のない話。複数のソフトを起動させながら執筆していると、マシンのリソースが足りなくなるのか、どうにも不安定。何度か再起動するハメにあっている。
 最後の再起動から復帰したら、壁紙が無くなっていた。

 壁紙は映画マトリックスのエージェント・スミスにしてあったのだが、最後の決戦(Revoluions)にむけて、Matrixに帰っていったのだろうか・・・?

 なんか飽きない壁紙を探そう。



雨ですな

 最近涼しくて。朝方なんか、寒かったりする。

 今日も昼まで寝てました(駄目ッ子宣言)。やらなければならないことがあると、追いつめられて、寝てしまう。もっとギリギリまで追いつめられないと駄目なんだろうな。こんなこといってる自分が一番信じられネェ。友達は過酷な環境で労働しているというのに・・・。

 実は、今日阪神戦のチケットをもっていました。Mが点灯してから、消化試合になっても見に行きたい!とチケットを取ってみたのですが、雨で流れた。ギリギリまで甲子園も判断を猶予していたみたいだが、流れた。
 これで、今年は、三回阪神戦のチケットを取ったのだが、全て雨で流れたことになる。神様が甲子園に来るなって言うてるんだろうか。

 夕方ラーメンを食べに行く。すっかり外食するつもりだった妻を連れてだ。
 小一時間のドライブは、気分転換になった。

 夜はテレビを見たりしながら過ごす。

 筆が進まない。書きたいことを書くわけではない。書けることを書かねばならない。
 懇切丁寧に?それも、レベルがよくわからない。
 初めての経験なので、とまどっている。

 明日、決着をつける。

 と、意気込んで今日は寝る。



連休

 夫婦して連休である。

 昨日はお仕事だったが、今週は他にお仕事がない。妻もたまたま今日・明日と休みなので、世間様とはずれた感じの連休になる。
 今日は14時まで寝てました。すごい寝っぷり、我ながら。

 PCの調子が悪い。
 いきなり再起動が三回もあった。一回は立ち上げた直後、次はブラウジングしているとき、最後は仕事中。Wordで文章を書いている途中に吹っ飛んでいくんだもんなぁ、もうヤメテ欲しいよ、本当に。Cliceもそろそろ悪くなってきているのだろうか。新しいパソコンを買うことを、前向きに検討したい。

 今週は「夏休みの執行猶予期間」と位置づけ、夏休みの間にやり残したことをやってしまうつもりだ。
 しかし、一週間や十日でできるほどの分量ではない。ものすごくやり残しています、はい。

 でもま、千里の道も一歩から。こつこつ、こつこつ・・・ね。



授業が始まる

 授業が始まった。

 講義に出掛ける。朝10時から声を出すと、体が元気になるね。朝から生活のリズムが生まれるというか。
 非常勤の仕事を続けながら、論文を書いていくのは大変だ・・・とも思うが、逆に、ある程度のリズムを作ってくれるものというメリットがあるとも言える。

 今日は第一回目の授業だったので、前期の復習や後期をどのように進めていくか、という初心表明で終わった。

 夕刻、妻と待ち合わせて梅田でお食事。
 割引チケットを有効に使えたので、割安でいただけた。
 でも、めちゃくちゃおいしいという程ではなかった。

 帰ってから飲み直し。仕事した後のお酒はすんなり入る。



博士論文を書いた気分

 現在47ページ分。

 今日は明日からの授業計画を練り、またWordで書いていた昔の論文をTeXフォームに落としたりした。

 後半のことについては、形式的なことばかりだから、頭は使ってません。
 それでもbookフォームでまとめてコンパイルして、章題が付いていったりすると、なんだか成し遂げた気分。今日は何も成し遂げていないんだけど、今までの積み重ねの部分をまとめ上げると、それぐらいあったということだ。
 私はこういう「自画自賛」あるいは「悦に入る」ことが得意である(笑)今までそれでもっていたといっても過言ではない。

 悦に入った後で、「あぁこの夏休み、もっともっとやるべきことがあったのに。もっとやっておけばもっとできたのに」と思って凹んだ。

 まだこれから、全体の流れを作って、その中に文章を組み込んでいかなければならない。それより何より、まだ書いていない数章分を書いていかなければならない。データを取り、知識を増やし、分析を繰り返してやっとだ・・・と思うと、締め切りが辛いような、締め切りがないといつまで経ってもできないような、そんな気分である。

 明日から講義です。頑張ります。




top