Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2004 / 2月

セレモニー

叔母が亡くなった。前後の出来事のために、三日ほど家を空けた。

 金曜日の朝に「危篤だ」という連絡が実家から来た。1月の31日に入院し、危ない状態だと聞いてから、一ヶ月持ったので、今度もまた持ち直すのでは、と思ったが、母が急遽くにに帰るというので緊急度は増していたようだ。
 車で大阪に出かけ、母と妹を乗せて、一路徳島へ。

 徳島の病院では、見覚えのない老婆がゼイゼイ言っていた。あまりにも見違えたのである。聞けば、全力疾走しているような状態だそうだ。それが火曜日から続いたというから、頑張って生きようとしていたのだと思う。
 夕刻、親戚一同が揃ったところへ、医者が巡回に来た。そのタイミングで亡くなった。

 みんなを待っていたのだろう、という周囲の感想が、正しいのだろう。
 人間引き潮の時に逝き、満ち潮の時に生まれるという俗説はこのとき知った。まさに引き潮の時間だったそうだ。

 子供の頃の思い出しかない叔母であったが、最後の瞬間はさすがに涙がこみ上げてきた。
 これで最後、本当に最後だという絶望感はたまらない。

 妻や母、妹など、自分の身近な者達の、こういうシーンは見たくないと思っても、そうもいかないのが「死」というものであるという、絶対性も悲しみを引き起こす。

 先に実家に戻り、布団や写真などの準備をする。
 遺体が戻ってきてから、姉妹がお化粧をしてあげた。その顔や、写真の顔は、まさにあの叔母であった。

 葬儀屋が来て、準備するものなどの説明を受ける。小一時間も。
 母は気丈に聞いていたが、他の姉妹達は時折遺体に目を向けては涙する。

 この日はビジネスホテルを取って、そこで寝た。

 28日は通夜である。
 お供え物、お手伝いに来てくれる人へのお礼など、主に買い出し(外回り)の仕事を任される。

 養老院にいる祖母も来た。完全に痴呆なので、実の娘が死んでいるのにも何の感傷もない。しかし、これで良かったのかもしれぬ。わからなくても、お祖母さんも呼んであげようというのが、我々のわがままであったとしても。

 家族のない身だったので、通夜や葬式はお寺に全て預けてやってしまうことに。仏事の値段は理由がわからぬ。葬儀屋に計30万ほど払うのは、これは花のお金、これは衣装のお金・・・と理由があるからわかる。しかし戒名料が20万、高いのでもう少し安いのはないかというと5万のものがあるという。枕経も20万、まけてくれと言うと簡単に5万、10万と変わっていく。その価格の曖昧さは一体なんだ。まけてくれ、を連発していると最後は苦笑いしながら「お心だけで」という。最初からそう言えばいいのに。
 でも、値切り倒したせいか、お寺さんがその後ちゃんとやってくれているのかどうか、大変不安になる。半額にまけてもらったから、お経も半分しか読まないってことはないと思うが・・・。こういう邪推をしたくなかったら、全額払っておけということか。

 夜通し線香をつけておく係を兄に任せ、この日もホテルで休む。

 29日は葬式だった。
 田舎なので、近所の町内会の役員さんが、受付などの作業をしてくれる。
 ここ数日の疲れか、叔母の姉妹の具合が悪くなったりで、結局お葬式に列席した親族は5人ほどだった。兄貴が親族を代表して挨拶。こういうときはたのもしい。親族で若い男性は俺と兄貴しかいないので、棺を担ぐのも葬儀屋に手伝ってもらった。

 焼き場では焼き上がるまでの一時間、昔話を聞く。
 死んでしまえば骨だけだというが、まさにその通りで・・・人間の骨をあれほど間近に見、骨壺に箸でつまんで入れる経験も滅多に出来るものではない。このときのお箸、左右の長さが違うのはどういう意味なのだろうか。聞いておけば良かった。

 お骨を抱いて、お寺に戻り、初七日のお経もすませてしまう。親族が少ないので、焼香もあっという間だ。

 全てが終わって、ある親族が言った。色々あったが、終わってしまえばたった二日、あっという間だったと。たったこの二日間で、最後のセレモニーが全て終わってしまうのだ。

 母やほかの叔母はまだ残って、やるべきコトがあるそうなので、兄弟だけで帰ってきた。
 三日間で500kmのドライブである。



260万の新車

 目覚めたときに理解した。

 夢の中では、人物や状況が特定できないことがある。Aさんだと思っていたらBさんだったとか、中学時代の友人と話をしているシーンだと思ったら、次のシーンでは登場人物が変わって、実は大学時代の友人だった、とか。
 今朝目覚めるまで見ていた夢は、まさにそのように状況や人物の特定が出来にくい夢だった。見ているときはこの人!とわかっているんだけど、後で起きてから考えると、細部までよくわからなくて、Aくんだったかなぁ、Bくんだったかなぁ・・・等々。ともかく〜な夢を見た、ということは覚えているんだけど。

 そこでふと気づいた。人間は状況も他者も、イメージとしてしか知覚していないのではないか。夢の中で「〜くんの感じ」「〜な状況にいる感じ」という曖昧な印象を持つが、その印象だけが実は純粋に心理的な作用であって、覚醒時に外界をうまく把握している!と感じているのは外的記憶(環境)による係留がフォローしてくれているからではないか。
 Cモードは確実に存在する。Pモードだけでは世界を把握しきれない。

 そんな目覚めでした。

 今日は昼から後輩に統計の講義。
 標準得点のお話だけで2時間近く話し込んだ。休憩を挟んで後は、因子分析の基本式だけで1時間以上話し込んだ。後輩Hが十分にフォローできてなさそうなので、それだけが心配である。元々は彼のために始めた講義であるのに。しかし、「俺はおそらく、掛け算の概念が十分に理解できていないのだ」というHの結論はなかなか言い得て妙だと思う。人間、平均的にはそんなもんじゃないだろうか。
 ちなみにそのとき、因子分析のいい説明方法を思いついた。その辺も含めて、研究ノートを近々バージョンアップしよう。

 その後は自主院ゼミ。後輩Oのコメントが素晴らしい。別なコメントを私から付け加えたが、俺がこのゼミからいなくなっても、8割方大丈夫だな。

 
 さらにその後、遅れて梅田での飲み会に参加する。
 今年度のお疲れ会?学会賞ノミネート祝賀会?栄転祝賀会?いわれははっきりしなかったように思うが、久しぶりの面子でお酒を楽しむ。
 とある先生が260万の新車を買ったという話になった。おかしいのは、その車の選択基準が「車長と車幅」だというのだ。今乗っている車の車両感覚を大事にしたいらしい。それだけの理由でマツダ・アクセラ・スポーツタイプになるかぁ?という話題で持ちきり。運転してる感覚が良かったわよ、って、2300ccのクラスなら、そりゃかなりいい感じに乗れますよ。オプションとしてカーナビやカーステをつけたらしい。標準装備でない辺り、明らかに走り屋の車じゃないか?
 運転する人は、もちろん走り屋ではなくて、車の性能云々に五月蠅いひとでもない。むしろ、車のことがよくわからないから、新車で、勧められるがままに選んだのだと思うが・・・。
 ちなみにこの人、車の洗車やオイル交換、タイヤ交換はガソリンスタンドでするものだと思っていたそうな。オートバックスのことを知らない自動車オーナーがいたとは。

 ともかく、260万の新車をポーンと買えるような、職に就きたいという結論に至った飲み会でした。



悩まされ

 今日は久しぶりの勉強会の日。

 昨日の夜遅く、一人遅刻してくることはわかっていたが、向かっている途中で会場を提供してくれる友人Mが用事で遅刻する、と連絡してきた。移動中に、行き先がなくなったようなものである。

 もう少し事前に連絡してくればよいものを。どうしようもない急用であった場合にしても、もう少し表現の方法があるだろう、と思うのだ。というのも「部屋は13時に開けます」とだけ言ってくるのである。「ごめんなさい」とか、善後策を考えたのだけど、良い案が無くて困っているとか、あるいは他のみんなには自分から連絡するから、といった譲歩があってしかるべきだと思うのだが、彼はそういう心理を持ち合わせていないようである。
 たまに用事もなく遅刻することもあるし、メールが入ったタイミングが怪しいので、本当に用事があったのか?ただの遅刻で、それを誤魔化すためにこう言ってるんじゃないか?と邪推がどんどん広がった。

 この友人Mの、こういう非社会的行動に対して、我々がどれぐらい注意、指導、罵倒しても修正されることはない。そこで、きっとこいつは馬鹿なのだ、と思うことにした。そうでも思わないと収まらなかったのだ。

 さて、仕方がないので、学校に向かう後輩を途中で捕まえて、研究会の後でやろうと思っていた用事を先に済ませることにした。梅田でのお買い物である。
 昨日プリンタの共有でさんざん悩んだ、と書いたが、今日はそれを解決するすごいアイテムを買いに行ったのだ。その名もUSB切り替え器つきハブ。これは4つのUSBデバイスと2つのPCをボタンで切り替えながら使うことが出来る。これで問題解決だっ!
 ついでにUSBゲームパッドも買ってしまいましたとさ。

 その後、遅れた研究会が始まる。なかなか充実したひとときでした。

 帰宅して、夕食後にUSBデバイス辺りを整える。予定通り問題解決。どんなもんだい。

 しかし、別件で問題が出てきた。
 TeXのコンパイルがうまくいかないことがあるのだ。デフォルトのフォントでPSファイルを作ろうとすると、フォントが埋め込めませんというエラーになる。何でこんなコトになるんだろう?
 昨日PCの設定を色々いじったからか?とひとしきり悩まされた。あちらが立てばこちらが立たずか。今日も2時間ぐらいパソコンに振り回されておりました、とさ。とほほーい。
 



プリンタの共有

 印刷の設定に二時間半以上かけた。

 WindowsXPになってから、ネットワークの設定が面倒になったように感じる。インターネットに接続する場合、その接続方式は推奨されませんよ、こっちの方がよいですよ・・・。
 要はXPマシンをサーバとして、それ以外のPCはXPのゲート経由でネットに接続するようにしろというのだ。
 しかし、家の二台のパソコンをつなぐだけなのに、その方式はあまりにも面倒である。だから、我が家では二台のPCがそれぞれバラバラにネットに接続する形式を取っている。
 そうすると、今度は逆にファイルやプリンタの共有が出来ないというのだ。これを何とか出来ないか・・・と悪戦苦闘していたわけである。

 結局、サムドライブに印刷する資料をコピーし、隣のパソコンにデータファイルを渡す。で、そこで印刷するという解決策を採った。最初からこの方法は思いついていたのだが、物理的に移動させる方式が美しくないなぁと思って、最後に回していたのであるが・・・この方法では5分とかからなかった。

 要らぬところに労力を割いてしまった。トホホ。
 M$大嫌い。



今日一日悩んでいたこと

 ある心理状態をAとする。以下の演算が成り立つとき、Aに該当するものは何か。

 好き+好き=めっちゃ好き
 嫌い+嫌い=めっちゃ嫌い
 好き+嫌い=好きでも嫌いでもない

 好き×好き=好き
 嫌い×嫌い=好き
 好き×嫌い=嫌い

 好き+A=好き 且つ Aである。
 好き−A=好き 且つ not A(=-A)である。
 嫌い+A=嫌い 且つ Aである。
 嫌い−A=嫌い 且つ not A(=-A)である。

 A × A =嫌い
 A × -A =好き
 -A × -A =嫌い

 (好き 且つ Aである)×(好き 且つ Aである)=好きでも嫌いでもなく、ただAである
 (好き 且つ Aである)×(嫌い 且つ Aである)=嫌いである
 (嫌い 且つ Aである)×(嫌い 且つ Aでない)=好きである
 (好き 且つ Aでない)×(好き 且つ Aでない)=好きでも嫌いでもなく、ただAでない(-Aである)
 (嫌い 且つ Aである)×(好き 且つ Aでない)=好きでも嫌いでもなく、ただAである

 思いついた回答例(正しいずれも正解とは思えない)。
 A = 重要 : -A= 重要でない
 A = 男性 : -A= 女性
 A = 俺  : -A= お前
 A = 近い : -A= 遠い
 A = 所有 ; -A= 所有していない



食わずに飲む

 ダイエッター!現在75.9kgです。夢の75kg台。

 最近、後輩に心配されるほどダイエッター。お昼ご飯の誘いを断ったり、朝からおかゆしか食べてない、みたいなこともしている。空腹というのも慣れてしまうとたいしたことなくて、「常に満腹」を定常状態とするか、「常に空腹」を定常状態とするか、たいして違わない。ダイエットの本にも書いてあったのだが、人類が常に満腹でいられるようになったのは、ごく最近の話で、生物学的にはそれほど常に満ち足りている必要はないとか。そりゃそうだよね。

 で、その関係もあって、最近飲み会に呼ばれるとほとんど何も食さない。
 飲み会の場で出るものといえば、高カロリーの物が多い。数種類の冷や奴だけで満腹になりました!みたいな飲み会は出たことがない。今日も豆腐の揚げ物や、トリの竜田揚げなど、それっぽい物が多かった。で、ほとんど手をつけず、飲む。今日はビールと焼酎を。昨日はビールばっかり飲んでました。ほとんど食べずにね。

 カロリー的にはそれでちゃんと調節できていると思う。
 ただ、今日は帰宅してから、多少調子が悪かった。胃酸過多になっている気がするのである。空腹なので、お酒の回りも良かったのか・・・。
 こりゃいかん、と帰宅してすぐ太田胃散を飲み、少し腹に入れようと、お茶とパンを食す。これが良かったみたいで、胃のほうはその後すぐに落ち着いた。

 お酒を飲むと太る、といわれている。
 でも、私の恩師の一人は、お酒の席で全く食事をせず、ただただ飲むだけで、どんどん痩せていき、亡くなった。だから、私はお酒を飲むと痩せる、と解釈している部分がある。
 まぁ、少しは食べた方が良さそうだ、といまさらながら学習した。



ちゃっぴー

 妻の後輩の結婚式の二次会に参加してきた。

 ご覧の通り、遠い関係にある。それでも、列席者以上に楽しんでこれるのは、私の才能だと思っている。
 大変楽しませてもらいました。

 問題は、転んだことだ。
 ひとり一人記念写真を撮るから、とのことで、ポーズを決めたらすってんころりん、転んでしまった。
 わかっていて転ぶのではなく、まったく予想外に、また予想以上に転がってしまったので、我ながら驚くやらなにやらで。
 運動にかんする感覚が鈍ったのか?あるいは身体のほうが変化して、従来の感覚で動いていても十分なアクションにならないのか?いずれにせよ、危険な状態である。

 お酒を飲みながら書くのは間違いかもしれないが、なんとか体をコントロールして、結婚前の体重に戻し、それでも「以前行けてたポーズ」を取って転ぶようなことがあったら、歳を取ったと認めよう。



来客

 スキーに行きたい。でも、行けない。

 昨日はお酒を飲んで寝たので、電話で起こされるまでぐっすりでした。

 友人からメール。ふと京都に遊びに行くことになったので、会えるかと。
 たまたま妻も休みだったし、親戚からカニが届くことになっていたので、彼らを呼んでカニ鍋をしようと思い立った。

 昼過ぎに「とようけ茶屋」で合流。豆腐に舌鼓。
 その後は珍しく京都観光。山中油店で油と唐辛子ソースを買い、清水寺のそばをうろつき、イノダコーヒーで休憩。妻の希望で、四条にある「黒七味」のお店に。これまたいい味の七味なのです。お店がふわっと香味の香りがして・・・。
 友人を誘ってカラオケに行ったり、帰宅してカニ鍋を食べたり。大変楽しい時間を過ごした。

 突然でもいい、友達が遊びに来てくれるのは大変嬉しいものだ。

 その副産物として、部屋も片づいた(笑)
 そういうことがないと改めて掃除しないようなところまで掃除したり。朝起きたときは、昨日の夜空けたビールの缶が転がっていたのだが、やればできるもんだね、私たち。

 彼らを京都駅まで送った後は、やっと自分のお酒時間。
 ピーナッツや「おやつはカール」に唐辛子ソースをつけて、フォアローゼズのロックでゆっくり夜更けを楽しんでいる。

<補>  お金を払って、論文の英文チェックをしてもらった。チェックをしてくれた人が「これは本当に心理学の用語?」「見たことのない言葉だけど?」と二カ所ほど当惑している箇所がある。それであってるんです。そういう独特の心理学をやってるんです!ついでに、セ・リーグはCentral Football Leagueじゃないぜ(笑)



ドッと疲れたわ

 大学に行く。私的講義に。

 後輩に統計的データ分析について講義するよう頼まれたのだ。
 いやまぁ、疲れました。三時間ほどの講義であったが、終わってからドッと疲れを感じる。
 自作のテキストに加えるべき点なども見つかったので、大変実りのある会ではあったが。

 終わってから、コーヒーを飲んでのんびり。後輩と談笑しながら帰る。いつまでもこんな学生気分でいられるなんて、院生って素敵だなぁ。

 それにしても、春からの身分について、まるで光あるニュースがない。
 来年はフリーの講師かつフリーの院生か(笑)



デスクワーク

 俺を一日パソコンの前に座らせていたら、ずっと退屈しないでなんかしてるんじゃないだろうか。

 今日はほぼ一日デスクワーク。
 博士論文の訂正をし、コメントへの反論を考え、明日の準備をし、来学期の準備をし、博論発表会の準備をし・・・。
 ほぼ何も成し遂げていない。でもいいんです、毎日こつこつ進めていけば・・・必要な時期までに達成できていれば。

 しかしおかげで肩凝りがひどい。つらい。もう辛抱たまらん。

 妻の風邪がずいぶん回復した。一安心である。
 カフェに行きたいというので、彼女の仕事終わりにコーヒーを飲みに寄る。
 そこで話が盛り上がり、その場で高島屋に出向くことに。今流行のアイスワインを買いに行ったのだ。アイスワインって、甘いらしいですね。だから、俺には向かないと思うのだが、女性には人気なんでしょう。驚いたのは分量だ。ひとつの瓶に200〜375mlぐらいしか入っていない。たくさん取れないんだろうが、これでは酔えないにゃー。

 肩凝りのもうひとつの原因。スーパーマリオブラザーズ

 どうして俺はこんなに下手なんだろう。




top