Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2004 / 9月

日本の科学技術

たけしとマチャミが日本の最先端科学技術を紹介する番組をやっていた。
実は、かなり期待しながら見ていたのである。しかし、こんな番組をやって、左翼は怒ってこないのかな。国粋主義じゃぜ(笑)

日本の科学技術はすごいはずなのだ。理系に進めなかった者として、あこがれと共に見守ろうと思っていた。

ところがこの番組、テンポが悪い。
「すごい技術を持っているんです」と適当に紹介するだけで、どこがどうすごいのかを具体的に説明しない。たぶん、小難しい説明になって視聴率を下げることを嫌がったのだろうが、本質が伝わってないのである。

名前と何を作っているかを手短に紹介するだけで、技術的な苦労などを全くいわない。その辺はプロジェクトXに任せたつもりか。

で、何か新しい機械を作ってはデモンストレーションをする。その反応がまた、「機械だからすごいことができて当たり前」みたいな、本質を問わない文系的反応なのである(笑)

番組に出ている芸能人にいまいち華がないのも問題だった。
唯一たけしだけが、まっとうな話をしているのである。

プロデューサーが悪いね。目の付け所は良かったのにな。残念だ。



四国リーグ

こんなニュースがある。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20040930&a=20040930-00020489-jij-spo

四国にセでもパでもない、新しい独立リーグを作ろうと、石下さんが頑張っているらしい。

このニュース、実は4日ほど前に、既にYahoo!ニューストップに載っていた。驚いたのだが、テレビなどのメディアではこのニュースについて、全く報道がない。
今日は記者会見をしたようで、さすがに「スポルト!」などで紹介されていたが、コメントは否定的なもの。「まだまだ山積みの問題をクリアしないと」などといってる。

なんでだ

要するに、セもパも基本的にはマスコミを背後につけているから偉そうなことを言えるわけであって、そういうのがないのは否定するか無視するかなのだ。相変わらずマスコミは不公平だなぁ。



朝から

今日は夕方から大学に出ればいいのだが、あんまりボンヤリしていてもイカンので、朝から家で仕事をする。

肩凝りがひどく、パソコンの前に座るのが嫌になってきたので、お昼ご飯をちょっとしっかり作ることにした。ご飯を炊いて、炒飯を作り、時間に余裕があったのでサラダとお味噌汁も追加。

食べてから大学へ。

後期最初の院ゼミは、後輩の修論指導で終始した。ま、そういう時期だから仕方がないか。



誕生日

帰ってくる頃にちょうど雨が降ってきた。
妻が実家に出向いていたので、車で向かえに出た。
義父が今日誕生日なので、誕生日プレゼントを持って行ったのだ。それにしても、事前に行くことを伝えずに突然のことなので、先方は驚かれたろう。
私も昨日聞いたので、驚いた。

夜中の23時に「明日、誕生日プレゼントをどうしたものか」と相談されても、だいぶん選択肢が減らされているので、頭が痛い。
妻が誕生日プレゼントを贈ろうと思う相手の、誕生日を全部自分の手帳に控えておこうかと思ったが、それはそれでなんのこっちゃわからないので、そこまでには至っていない。

しかし、友人Sの子の誕生日も、正確に覚えていないんです(ごめんなさい)。6月5日か5月6日か、いつも迷う。ちなみに6月6日と6月7日のどちらかは、私の友人の誕生日で、他方は別の友人の誕生日。
イメージで「あの辺に誰か生まれてるはず・・・」としか把握していないので、意味がない。

ちなみに、1〜3月の誕生日は覚えやすい。自分に関連づけやすいからか。



証明しなくてもいいこと

空いた時間に、とあることを証明しようとしていたが、授業中にふと「あ、証明の仕方間違えてる、そんなことせんでもええわ」と思い当たった。

頭は使っていると、なんだか変なことを思いつく。あやしうこそものぐるおしけれ。



台風と授業

台風が近づいているので、非常勤初日がなくなるか?と思ったが、お昼前は晴れていたりしたので諦めた。明日の授業はなくなったりしないだろうか?

後期の授業は、少し去年と手を変えてやってみようかと思う。
今日は肩の力を抜いて、一回目ということもあったから、半時間ほど早く終わりました。ま、これぐらいはいいでしょ。



M特集

都人Mの奇怪な振る舞いはしょっちゅうあるのだが、書いておかないと忘れそうなので、今のうちに書いておく。今日は休日だったので、日記らしい日記になりそうにもないから。

  • 北京は天国か地獄か

 先日、都人Mは「古い都に行ってきます」と、北京に行ってきた(学会発表です)。

 中国は大変いいところだったそうです。また行きたいそうです。
 死にそうな思いを5回はしたそうです(例:エレベーターが止まる)。
 食べ物は何もかも美味しかったそうです。帰ってきたら体調を崩したそうです。
 でも、また行きたいそうです。

 さて、昨年度、我々の研究チームは一人一人に課題を課しました。それが達成できないときは、罰則を食らうことを約束しあいました。
 都人Mは、残念ながら約束達成ならず。罰ゲームです。彼の罰ゲームは「自転車でお伊勢参り」。京都から伊勢まで自転車でいくのは、結構大変です。

 そういえば、お前罰ゲームを早くやれよ、寒くなる前に、と話題が変わったとき、彼はいいました。
 「北京ならもう一度いっても良い」。
 自転車で?
 「まさか。」
 じゃあ罰ゲームじゃないヤンか。
 「北京はひどいところやったで」
 いい思い出もあるんでしょう?
 「うん、また行きたい」

 彼はどうも、罰ゲームというものを理解していないようです。

  • スープ泥棒

 あの日の夕飯は、Folksだった。肉が食べたかったので。
 私はディナーセット。友人や妻はスープセット、都人はライスのみ追加。
 サラダバーは全員についているから、メニューが決まった後で順次サラダやスープを取りに行く。
 最後に座席に帰ってきた、都人Mは、なぜかスープを持っている。我々三人は、彼がスープを入れている様を見ながら、「あいつ、スープ頼んでたっけ・・・頼んでないよな・・・」
 周りの行動を見て、模倣学習したようだが、失敗です。

 とはいえ、忙しい時間だったため、店員も気づかず、彼は無料でスープをいただいたのでした。

  • マツケン・スペシャル

 車で移動中のこと。
 先日の旅行用自作CDをBGMにしていた。流行シングル曲がいろいろはいっているCDだから、再生順序をランダムに設定している。
 途中、「マツケンサンバ」がかかった。「珍しい曲を持っているだろう?(笑)」という話題で車内が盛り上がる。

 一時間ちょっとした頃に、再び「マツケンサンバ」がかかる。
 都人M曰く、「長い番組だね」。

 そうです、彼はラジオだと思っていたのです。ことあるごとに「マツケンサンバ」を流す奇妙な番組だと思ったようです。

 奇妙なのは、あなたです。



エコバスケット

写真がエコバスケットです。

妻の服がきつくなってきたというので、買い物に出かける。
ついでに食材を買い、その時に活躍したのがこのエコバスケット。
ビニール袋に詰め替える作業が要らないし、車までカートで運べて楽。この上に張ってある紙を集めればキャッシュバックもあるのです。




top