Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2005 / 2月

妻の外出

昼頃に家を出る。
郵便局にいって、いくつか用事をして、次は和菓子屋に。その後妻の実家へ。

沐浴。今日は妻が主体になってもらいました。二人とも慣れない手つきなので、子どもも「どうも勝手が違うなぁ」とおもったことだろう。
もっとも、ちょうど空腹の時間だったみたいで、抱き上げるだけで「おっぱい?」という顔をするのに、お湯につけたもんだから、「これじゃねーんじゃよー、あーままならねー」と泣かれました。風呂では基本的に泣かない子なんだがな。

その後、妻を連れ出してドライブ。職場に書類を出しに行くそうな。
道が混んでいたが、久しぶりに二人でドライブできたと思えばいい。もっとも、子どもは大丈夫かなぁ、とずっと気になっている。一段落したら、実家に電話を入れようかと言ってみたが、「泣いてて大変!」と言われたところで、交通法規を無視して飛んで帰るわけにも行かないので、グッと我慢。まぁ一時間ちょっとぐらいしか、家を空けてなかったと思うし。
帰ったらよく寝ててくれました。

ところが、さぁ俺はボチボチお暇しようかな、と言うときに娘が起きた。
何だろう、と思うとおしめが妙な色。じゃあ最後に変えていくか、とおしめを取り替える。

おしめを取り替えたのが気持ちよかったらしい。取り替えたとたんに「ぷりぷり〜」という音がする(笑)や、やりぁがったな!
このまま寝かすのも忍びないので、もう一度変えてあげることに。
そうすると、もうすっかり起きているようなので、ついでにもう一度授乳してあげることになった。
そこでなんと、三度目の「ぷりぷり〜」(笑)

一回にしてくれよー。「ちょっとは経済というものを考えてくれよー」と言ったが、もちろん赤子に通じるわけはない。
もちろん、怒ってるわけではありません。父としては元気にしてくれる方が、その逆よりうれしいのですから。じゃんじゃんやったらよろしい。父は頑張って、おむつ代を稼ぐよ。<発想が昭和

帰宅して、学会関係の仕事を少しと、止まっていた作業を再始動。
途中で気づいた。今のうちに、部屋の資料整理をした方がいいんじゃないだろうか。
このまま春学期が始まると、ちょっとまずいような気がする・・・



沐浴

昼間は妻の実家に行って、赤ちゃんを沐浴させました。
よく考えたら、この子の裸を見るのは初めてだ。服を全部脱がすと、やっぱり赤ちゃん、小さいですなー。
沐浴も手際よくやらないといけないみたいだが、結構難しい。でも、子どもは気持ちよく風呂に入ってます。この子は風呂好きなのかもしれぬ。妻に似たのだね。

しかし、やろうと思えば、この子を抱いて普通に風呂に入れるな。その方が楽なのかもしれぬ。帰ってきたら、一緒に風呂にはいるとしよう♪



国民のギムッ!

KTSK−なんのこっちゃない、確定申告ですよ。知り合いのHPで「今日はKTSKしに税務署に行った」と書いているので、これのことで間違いないと思う。略すと面白いな。

今年で三度目かな。やるのは。
KTSKは先輩に勧められて始めた。それまで、税金はどっかの誰かが勝手にとって行くものだと思っていた。サラリーマンが自分でKTSKしようとするのは、法的に認められてないらしい。やったことないor知らないひとも多いんじゃないだろうか。私もこの程度の認識だったし。

最近は、税務署の人も優しく教えてくれるみたいだし、ネットで必要事項を記入すればチャッチャとできあがるので、楽になったものです。しかも、私の場合は取られすぎていて、還付金が戻ってくるのです。今年も6万ちょっと戻ってくるのだ。嬉しいな。

今日は、いろんな書類を作るのにかまけましたとさ。



ここは俺の王国で私はここの大臣だ

写真にあるのが、今の居間。
こたつデスクを横にどけ、GT4のコクピットを置いてある。こたつの上には、ビールとおつまみ。食事はハンドルをどけて、椅子に座って取ります。
コクピットはゲームのためだけではなくて、食卓にもなるのだ。正座が苦手なもので、長時間座っていると膝が痛くなる。この椅子にしてから、その苦しみから解放された。
もちろんゲームもやっちゃうんだけどね。

ともかく、自分一人で気楽に生活中。
今夜は焼肉定食を作りました。が、どうにも美味しくない。誰かに食べさせるわけでないとなると、タダでさえ雑な料理がより一層雑になる。今日も油を使いすぎて、なんだか美味しくなかった。多少胸焼けがしています。
酒も良くないのかしら。ビールを飲んで、ウィスキーを飲んでと、気楽なつもりが妙にさみしくなったり。一人で見るテレビって、何も面白くないのね。一人で飲む酒もつまらんな。

いつ頃から一人で酒を飲むようになったのかな、と思いながら少しさみしくなってます。
また友人に笑われるだろうけどね。この淋しがりや!って。



今日の一行日記

  • タイトルは「よろしくね」「がんばりや」「おめでとう」。明日のキーワードです。
  • 本日は、私が集める係の原稿締め切り日。みんな締め切りを守らないのでは?と思っていたが、3/5が守ってくれました。意外な好成績に驚いています。
  • もっとも、残りの2/5はかなり曲者です。


親元に帰る

今日は実家に帰りました。
一人暮らしの気軽さで、ふらりと訪れたのである。先日お祝いに来てもらったときに、写真が欲しいだの、パソコンの調子が悪いのを見て欲しいだのと注文を受けていたので。

妹が私の娘の大ファンで、写真や動画を何度も見ては、カワイーカワイーと言ってくれる。親類の子はカワイイというが、まさかこれほどとは。まぁ、妹もいずれ結婚して子どもができたら、実の子のほうが良くなるんだろうけどね(笑)

用事を終えて、梅田に出る。
携帯電話を買い換えようか、という話になったのだ。
いったら、ちょうど昨日・今日発売されたばかりの新機種も置いてあって、俺も買い換えたくなった。603SHって、よさそう。3Gの良さはまだこれからの展開にかかってるしね。
最近、携帯電話の電池の減りが激しいのだ。写真を撮りまくり、メールに添付しまくり、徒酷使しているのが原因か。毎日充電しなければならぬ。昔はそうでもなかったのに・・・。
こういう現象が出だすと、買い換えたくなりますな。結局今日は、検討しただけで買い換えなかったけど。

その後、百貨店で娘の服を買ってもらう。妹が買ってくれたのである。親ばかならぬ伯母バカですな。とてもカワイイ、女の子らしい服。これは明日持って行って着せてやろう。

仕事があるので、お泊まりを止めて帰宅しました。



やっと来た誘い

借金の時の信用、就職で人を雇うときの信頼性、の問題がある。

借りてもきちんと返す人なら、貸しても良いだろう。でも、きちんと返すかどうかを見極めるためには、誰かが最初の一回目を貸さなければならない。
過去に実績があれば、採用しても仕事ができるだろう。でも、実績をあげるためには、まずどこかに就職しなければならない。

これって、何のジレンマっていうのかな。社会学者が研究してそうだが。

なんの話かというと、mixiなんです。

参照はこちらから:ソーシャル・ネットワーキング サービス [mixi(ミクシィ)]

mixiのページに行ってくれれば説明があるが、要は信用できる人同士で、ネット上のコミュニティーを作りましょう、ということ。インターネットは無防備に全世界に広がる。これに不安を感じる人なんかには、もってこいのシステムだね。

実は私も、前々からこれをやりたいと思っていた。自分のML仲間や、周囲でweb日記を書いている人たち全員が、ここで集うことができたらいいんじゃないかと。web日記も、結局知り合いが巡回して見てくれているのが主なんだし。

でまぁ、このmixiに参加したかったのだが、ここへの参加ルールはただひとつ。
「どこかのmixi仲間に紹介してもらって下さい」

ところがどっこい。いかんせん。私の周りにmixi仲間がいなかったのだ。誰か誘ってよー、と半年ぐらいボンヤリ待っていた。ただ待つしかできないのである。

ところが昨日、友人が娘のお祝いに電話をくれて、その時この話になった。誰も誘ってくれるような奴がいないんだよ、というと、二つ返事で俺が誘ってやるよ、と。というか、電話中にパソコンを操作したようで、その場でお誘い下さいました。

おかげで私もmixi仲間になれた。友だちの輪が広がる感覚が楽しい。必ず誰かに誘われているのだから、誘い・誘われした関係を見ているだけで、友だちの友だちの・・・とステップを広げていけるのである。

おどろいたことに!パンダとササノハのひとが、友人のコミュニティーに関連していた。パンササさんって、このパンササさんかいな。あー、驚いた。

とまぁこういう驚きが楽しめるのです。
この「はてな」の日記もmixiに連動されているので、ここでの更新がmixiにも反映される。これだと、仲間の誰かが日記を書いたら、すぐに読めるのだ。サイトに行って、あ、こいつまだ更新してねぇな、ということもなくなるのである。

こんな素敵なmixi、興味があったらご紹介させてもらいますよ。



子供の口座開設

今日の主たるタスクは、子供の名義で銀行口座を開設することと、沐浴させること。
研究のタスクは従、とまではいわないが、夜中に一人でやることですから。

さて、朝からニュースを見ていると、UFJ銀行のATMがシステムダウンして、全国区にわたって使えなくなっているらしい。こりゃちょっと出かけるのを遅らせた方がいいな、と昼過ぎに出ることにする。沐浴は14時ぐらいでいいだろう。

13時過ぎに銀行到着。
今日は25日、給料日の人が多いのか、銀行はごった返している。
行員が「今日はどういったご用事で」というので、「口座を作りたいのですが。しかし、可能ですか」ときく。何せ、本人は産まれてまだ10日と経っていないのだ。
結局、母子手帳があればよいということだった。ぼんやり待つ。

待っている間、定期預金の案内や、自動積み立ての案内をしてくれる。ちょうどその二つをやりに来たのですよ。ついでに「私のキャッシュカード、三和時代の古いヤツだから、新しいのを作ってもらえませんか。手数料どれぐらいかかりますか」と聞いたら、この10月にまた統合するので、名前が変わっちゃうから、それまで待った方がよいですよ、との答え。なるほど、そういうニュースが流れていたな。妻が入院中の話だったので、あんまり詳しくチェックしてなかった。

待っている間、気を遣ってくれているのか、色々話しかけられる。
いつ頃お生まれですか、あぁつい最近ですか。どちらで?女のお子さん!かわいーでしょー。今は大変ですけど、首がすわるともっとかわいいですよ・・・。えへへ、わかってるってば。

さて、少し待たされて、いよいよ手続き開始。
定期口座は予定通り、母子手帳で身元確認ができるらしい。
問題は自動積み立ての方だ。

子供名義で自動積立口座を作ることはできる。これは定期口座と同じ。
で、私の口座から月々自動的に振り込んでもらうようにしたいのだが、ここで問題発生。
「トウジの口座はお持ちですか」と聞かれて、「はぁ、持ってますよ」と行って話を進めていた。その後で、UFJのキャッシュカードを見せたのだが、「あ、これは違う支店ですね」と言われる。そうなのだ。行ったのは「東寺」支店。「当時」(の)支店、と頭の中で変換していたから(ちょっと変だなとは思ったけれども!)、話がややこしくなったのだ。

支店間の自動振替はできないらしいので、じゃあ私の大阪の支店で子供名義の自動積立口座を作りましょう、となった。郵送でできますよ、と資料を持ってきてくれたお姉さんがふと手を止める。なにやら調べ物をして、渋い顔。
聞くと、郵送で口座を開設する場合、本人自書でなければならないというのだ。無理ですって(笑)
注意書きの欄にも、母子手帳があればよい、なんてコトは書いてない。できないかも・・・という空気が漂う。

解決策は二つ。一つは、私が大阪の支店まで行って、開設する。これは面倒だから、パス。もう一つは、私が東寺支店に口座を持てばよい。もっとも、二つ持っても、新しい方にインカムがないので、振り込みできない。そこで、支店変更の手続きをとることに。

ここまで話が進んで、「今日お通帳はお持ちですか」と聞かれた。いやー、持ってませんでした。だって自分の通帳作りに来た訳じゃないんだもん。
とりあえず、通帳は後で持ってきていただくことにして、と手続きを進める。

で、娘の自動積立口座開設。最初は私の口座からお金を入れて開設しようとしたが、失敗。なぜなら、振込先の口座ができていないので。できていたら、チョチョイとコンピュータの操作で振り込めるのだが。ということで、現金が必要になった。

ところが間抜けな話で、今日は持ち合わせが少ないのだ。なんせ、私のお小遣いもらえる日でもあって、この作業が終わったら自分の分をおろしに行こうと思っていたくらいだ。
で、ちょっと席を立ってATMの方へ。おろして持ってきますというコトに。

ところが今日は日が悪い。ATMが長蛇の列なのよ。トホホ。
すでに日記もずいぶん長いが、この時点で手続きに一時間以上かかってます。
並んで、お金をおろして、口座を開いた頃は二時間弱経っていた。時間も15時前である。

最後に通帳を繰り越しして終わるので、ここで通帳を取りに家まで戻ることに。すいていたら、車で片道15分ぐらいの道のりも、交通渋滞で一時間ほどかかって戻ってきた。

15時45分ぐらいになったので事前に聞いていた裏口に回る。
裏口から入れてもらって、前の通帳を破棄し、新しい通帳をもらった。
これで全部終わったわけだ。

結局銀行周りだけで二〜三時間かかりましたよ。こんなに長い間銀行にいたのは初めてじゃないかしら。疲れたわー。
まぁでも、このご時世、個人の識別にしっかり時間と手間をかけるのはいいことなのかもしれん。
結果として娘の通帳がちゃんとできたし、私も娘と同じ支店になった。期せずして、カードも新しい物が送られてくるようになったわけだし。
しんどかったけど、これも愛娘のためである。

ちなみに、沐浴は私が遅くなることが明らかだったので、妻が義母とふたりでやってくれたらしい。ごめんなさい、お任せしちゃって。次はちゃんと手伝いますからば。

あー、タイトルにあるのは、銀行で見かけたすごい機械である。仕組みはよく分からないが、係のお姉さんが書類をデスクの横にある機械に乗せて、ボタンを押す。するとピピピと音がして、なんだか処理が進むのである。
推察するに、きっとあれは、はんこを読み取っているのだ。少なくとも、書類全体の写真を撮っているかなんかはしているはず。すごいなぁ。ハイテクだなぁ。
勇気を出して、お姉さんに「何ですか、その機械」と聞けばよかったかなぁ。

余談だが、15時以降の店内は、騒然としていました。みんな忙しそうで。
奥の方には、大きな金庫が開かれていた。映画や漫画で見るような、回す取っ手がついている。
どんな小さな支店にも、大きな金庫があるんだな、と思いました。

おわり。



無事退院しました

今日の15時ぐらいになる、と聞いていたので、朝から洗濯物を干したりした後は、家でパソコンをチャカポコさわる。

友人Fから「こういうもんができないか」と言われていたヤツを検討。
ひとつ厄介な課題があったのだが、過去の遺産をうまく流用することができたので、数時間で作り上げることができた。満足。

お昼にお好み焼きを作って食べ、病院に向かう。
余談だが、ほおっておいたら、俺はお好み焼きと、焼きそばと、炒飯しか作らないんじゃないだろうか(笑)

向かっている途中に電話が鳴る。退院してよいと言われたと。
検査結果待ちだったのだが、その結果がすぐに帰ってきたようなのだ。
黄疸の数値が驚くほど下がっていたので、もう帰れるんだそうです。

病院について、荷物を車に積み込む。こんなに多かったかな。
病院からのお祝いとして、鯛を戴きました。ただ、部屋や車内が魚臭くなる。うーん。

一旦帰宅して、妻が実家に帰る準備。
子どもがぐずったので、ウチで授乳することに。
この家で、三人いて、三人しかいなくて、あぁこれからは今までと違うんだな、家族が増えたな、とまたひとつ実感。嬉しいものです。

子どもを寝かしつけていたら、いつの間にか横で私も寝てました。
初めての添い寝♪

妻の実家に到着。家の前で、お祖母さんが待ってくれている。雨が降っていたのに、わざわざスイマセン。
夕方にはそちらに向かいます、といってあったのだが、お祖母さんの感覚では15時ぐらいから夕方らしい。実際に着いたのは17時ぐらいで、一時間近く待たせたようだ。遅くなってスイマセンでした。

妻の実家で、赤飯をいただき、夜の授乳を見届けてから帰宅しました。

ところで、「命名」を記す作業がいくつか。
妻の家に行くと、紙と筆ペンが用意されていた。さぁ名前を書いてあげて、って感じ。
その他、タマヒヨの付録等々にも命名や産まれた頃の写真を貼る台紙があったりして、何回かソレを書きました。

中に、「お父さんからのメッセージ」、「お母さんからのメッセージ」を書くものがあったりして、冗談を言ったら、妻が「ほな、そう書きぃや」というので、書きました。
書き上がったものを見ると・・・どうにも頭の悪そうなメッセージです。
大きくなったら、本人に怒られるかな(笑)




top