Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2005 / 6月

06月30日の明日からクーラーだ

  • 今年も半分終わった。講義もあと二回で前期分が終わる。はや。
  • 履歴書を二つほど準備。単純な作業の繰り返しなので、疲れます。
  • ゼミは恐怖の五人発表。飛び入りのお客さん?がいたので更に盛り上がる(笑)16時半にスタートしたのに、終わったのは20時を回っていたのですよ!
  • 飲みに行くか?というはなしもあったが、先輩としての好意で夕食だけ食べて帰ることに。洋食屋にて。まぁ晩酌がてらビールを飲んで、話が盛り上がったから一時間半ほどいましたけどね。サービスで出してくれたポテトサラダに感動。


06月29日の4-8058-2603-7

  • 朝はご飯とみそ汁派。でも、最近朝から熱いみそ汁を飲む気がしない。そこで今朝は冷たい茶漬けにした。とても良い。
  • 昨日の夜、雨が降った。コレで涼しくなるかと思ったら、蒸した。最悪や。今日は降ったり止んだりしたので、一日ムシムシしたなぁ。
  • 今日考えていたこと。ドライはクーラーじゃない?よな?つけようかな?フライングだけど。
  • ブラウザを見ていて、三度マシンがフリーズ。あぁ、夏が来た。
  • 学校でバーコードリーダーを見せびらかす。ピッピピッピとISBNが入っていくのを見せると、「スゴーイ」という反応がもらえました。まぁ個人で持っていると「あれば便利」なのだが、工夫して使うと色々使い道があると思うんだよなぁ。
  • お昼のお弁当を買いに行くときに雨。学校から出るときにも雨。タイミングが悪いなぁ。朝から車でいこうかどうしようか、迷ったんだけどなぁ・・・
  • 学会の原稿を作る。コンジョイント分析をやってみる。
  • 帰宅すると本が届いてました。ISBN:4805826037。自分の書いたものが本になるって、嬉しいですね!表紙のデザインなども大変綺麗です。みんな買ってね。
  • 何であれ、創作というモノにはオリジナリティが必要です。週刊少年サンデーに、今連載している、あだち充の漫画は、そういう意味では最悪です。あの人は、結局自分の描いたタッチ以上のモノが生み出せていない。あれ以降の作品はほぼおしなべて駄作。唯一許せるのは「ラフ」かなぁ。それにしてもキャラクターのかき分けが全然できてないし。もう新作を描く必要ないぞ。ついでに批判しておくと、安西信行も最悪です。前に書いていた漫画も、今書いている漫画も、基本的にジャンプ的な漫画のパクリです。内容的に。しょうもない決闘漫画ですが、武器の名前に「ア・バオア・クー」とか言い出したので、許せなくなりました。サンデーには橋口たかし田辺イエロウ小笠原真藤田和日郎など、オリジナリティあふれる作家がいるからいいようなものの・・・。


06月28日の企画会議

  • ど暑っ!夕暮れになって少し雨が降ったが、これでちょっとはマシになるんだろうか?我が家では7月1日からクーラーをつけるつもりなので、それまでは我慢するつもりなので、後二日の辛抱です。今日は帰宅して、クーラーのフィルターを掃除しました。いつでもこい、7月。
  • しかし、7月1日は原稿の締め切りなんですな。あんまり早く来られても困る。だって、まだ原稿が完成してないから。明日やるつもりですが・・・っていうか、明日しか日がないんですよ。
  • じゃあ今日は何をやってたんだというと、企画会議です。とあるプロジェクトが前向きに進みますようにと・・・・。抜本的な改革になったんだけど、今ある原稿を捨てなくて済んだから良かったわい。ひょっとしたら今までの努力が無駄か?と思ってすこししょげていたのですよ。ちなみに昔、長い本の英訳をやったのに、出版のめども立たず、ノートPCのHDDが壊れてデータが全部飛んでいったことがある。あれはへこんだなぁ。


06月27日の学会原稿

  • 朝から忙しかった。タイトルにあることなど、まぁいろいろと。
  • 長らく描きたかった図を描いた。なかなかいい出来だ。ウシシ。でも、どうやったら\LaTeXにとりこめるかな。
  • 家についても仕事が終わらない。途中であきらめた。まだ明後日があるわ、と。


06月26日のダークサイド

  • タイトルなどでおわかりの通り、スターウォーズEP3の先々行オールナイトを見てきた。深夜2:40スタートの回だったので、25日(土)はソワソワしてすごし、終電で梅田に出て今朝帰ってきた。しかし、先行で、オールナイトで見たい映画というのが減ってきたように思うな。そういう意味でも、エポックメイキングな(死語?)映画にこうして出かけていけるのは嬉しいことだ。劇場には一時間前ぐらいに着いたのだが、すでにチラホラまっているコアなファンがいる。上映が近づくに連れて人も増えてくる。一本前の回が終わってひとが出てくる・・・そんなときに気づいた。この空間にいる人の、ライトセイバー所持率高っ!(笑)町中で見かけたら変態だが、この空間で見かけると、それほど変じゃないというのが面白い。例のジャーン!という音で始まった瞬間、劇場内から拍手。エンドロールが流れた後にも拍手。うんうん、気持ちのいい儀式だ。
  • ネタバレにならないように気をつけつつ感想などを書く。EP1や2より面白かった。全六作見るのが面倒な人は、3,4,5だけみたら話の本筋はつかめるんじゃないかな。実に、私はEP2のストーリーはほとんど忘れちゃってました。復習してから行こうかな、とも思ったけど、結果的に復習なしでも行けました。終わったときに、集めているコミックスの欠けているところがやっと手に入った、という感じの安堵感がまずあって、よくよく反芻すると、ルーカスはやっぱりすごいな、と。話の流れから言って、4,5,6,1,2,3、という編成にしたのは大正解だと思った。1から順にやっていたら、絶対6まで見るヤツいないって。内容的に、「えー、そこで引っ張るの?」というEP1のポッドレースみたいなシーンはなかったけど、「えー、もうちょっとじっくり描き込んでよ」というところをスッパリきっちゃうのはSWシリーズ全作を通じてのポリシーかな。まぁいい出来でした。SWシリーズを知っている人は、のどに引っかかった小骨を取るために、見ておいた方がいいと思います。1200円分の価値はあったな(レイトショーなので安かった)。DVDトリロジーBOXが欲しいけど、たぶん六作セットのBOX(ヘキソロジー?)が出るだろうから、そのときまとめてゲットしようと決心した朝の5時でした。


06月24日のスキャン

  • 昨日の夜中、なぜか娘が寝なかった。ギャンギャン泣くのである。体のどこかが悪いのかと思ったよ。妻が「あんたは明日があるのだから、寝ておいて」と言ってくれたので、深夜1時から、一時間ちょっとは眠れたのだが、眠りは浅い。鳴き声が時折聞こえるから。ちょっと顔を見に行ったら、妻も疲れ果てていたので、交替する。結局三時半まで寝てくれませんでした。朝起きたときは、何事もなかったような顔でこちらを見る。コレを見せられると、許しちゃうんだよなぁ。
  • ということで、今日はゆっくり目に登校。講義が午後からなので楽だ。授業では、又やってしまいました。15:10まで講義時間だと思って、少しゆとりを持って話をしたり、最後に「少し早いけど終わりますー」なんて言ってたが、何のことはない、15:00までしか授業時間がないのである。結局ギリギリで終わったのでした。
  • ふと思いついて見たら、ToukeiKosugiBonは200頁を越えているんだな(笑)コレって結局、見る人に不親切かも。いくつかのパーツに分けないといけないな。軽く見積もっただけでも、四部門ぐらいに分けられそうです。近々やろう。
  • バーコードスキャナー、キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!面白い!面白い!どんどん本のデータベースが増えていきます!うひゃひゃひゃひゃっ!
  • ちなみに、描写ソフトを探していて、GNUPlotに行き当たりました。存在は昔から知っていたけど、まさかこんなに使い勝手がいいとは思いもしなかった!コンター図(等高線図)がびっくりするほど簡単に書けちゃう。ージョン4.0は最近出たみたいだけど、これだと視点の移動も楽々です。これとLaTeXで学会発表原稿書こうかな。
  • ピノ子って、そんなにいい女か?


06月23日の盛り上がっていこう

  • いつも身近なところに答えがあるのに、気づかなかっただけだったり。時間をかければいいモノができるってことか。
  • FDによる、学生の評価。自由記述を見るが、相反する記述があって困る。「黒板に大きな字で書いてくれてわかりやすかった」<−>「黒板の字が見にくくて困った」。「わけがわからない」<−>「新しいことが分かってよかった」。次回から私はどうしたらいいんでしょう?(苦笑)受講者が二極分化したということか?だとしたら、これはイイコトなんじゃないか・・・?うーん、評価不能。
  • 週末に向けて、気分が盛り上がっています。妻には悪いと思っているのだが。さすがにこんな物は買いませんけどね。気になるe-Toy遊んでレポート


06月22日の早く帰りたい

  • 昼前から梅田で勉強会。読書会なのだが、今回のテキストは少し簡単すぎたかな。終わってから、後輩の発表を聞いたりして、少し早い目に終わる。楽でした。
  • お昼ご飯は、かつくらでトンカツ。後輩Hがうまいうまいと言いながら、どうかすると泣きそうなぐらい感動しながら食べる。よかったね。でも、かつくらは京都のお店ですよ。
  • 映画館でチケットを事前に購入できるのはよいことだ。しかし、平日の昼間なのに客の多いこと!
  • コンジョイント分析について完全に理解した。なんでぇ、ただの重回帰分析じゃないか。道理で専門的な本がないわけだよ。簡単すぎらぁな。


06月21日のやりなおし

  • 今日の予定は以下の通り。1.ゆっくり目に起きる、2.お買い物にでかける、3.美味しいおやつを食べる、4.帰宅して少し研究っぽいことをする、5.友人が来て会議
  • 「〜ということになったから。いいかな?」という最後の「いいかな?」は、善し悪しを聞いてる疑問文というより、確認、断定、強要の意である。すでに決まったと言われたことに対し、反論できるものでもない−と、妻に何度も怒られているが、ついやってしまう。あ、やっちゃった、と気づくようになったのすら最近のこと。頑張って学習係数を上げねば。
  • 友人が来て会議、は妻も交えて話をしたから。同じゼミ出身だから、小さな勉強会を自主的に開いたような気分だ。またしても妻の頭の良さを見た。たまらんな。アレには勝てぬ。私はどうしても気づかない盲点があって、妻と友人は分かっているのに、俺だけ分かっていないという感じ。いつもの相対的剥奪感。あぁ恨めしい。自分が全く成長していないような気分だ。事実そうなのだろう。私は、ものが分かったような気になることはできるが、決して本当に分かることはできないのだ。クオリアが欠けているのかな、あるいは東野幸治みたいな症状なのかな。悩み、分かったような気になることができるだけでも、幸せ者だとは思うが。世界に真実というものがあるならば、死ぬまでに一度でいい、それに触れてみたい。俺はサイエンスライターになるべきだったのか?科学者として、不完全な気がする。目が欲しい。いい目が。あと、記憶を少し。
  • 首、肩、背中、肘、膝の裏にあせも発生。嫌な季節だよ、全く。ちなみに子どもにも同じように出ています。親子でシャワーを浴びる癖をつけよう。


06月20日のままならねー

部屋AにあるパソコンaにはTeXが入っています。この部屋Aは事務業務をするところで、パソコンaは基本的に情報検索端末として使うために設置されています。

一方、部屋Bは院生端末室といい、10台のPCがあります。この部屋にあるネットワーク・プリンタpはB4サイズのプリントアウトができます。

今週が締め切りの試験は、B4サイズの試験問題用紙に印字する必要があります。試験問題用紙はMS Wordでひな形をもらっていたのですが、わたしはもちろん\TeXで書きます

さて、今朝の段階で試験問題の中身はできていました。後は印字するだけです。
まずはaのパソコンでコンパイルします。PDF形式に変換してUSBデバイスで持ち運び、B室のパソコンb→プリンタpで印字します。

おやおや、少しずれてしまいます。試験問題用紙は、上の方に科目名や試験時間、学生が氏名を書く欄などが開いているので、その分スペースを取らねばなりません。

A室のaに移動し、スペースを空けます。目算でやったので、3cm空けた場合、5cm開けた場合、7cm空けた場合の三種類作りました。

B室のbに戻り、プリントアウトします。うまくいきません。コレならいっそ、A4サイズで打ち出した方が早いんじゃないかしら。デザイン的にも綺麗だし、余白を切ればきちんと埋まりそうです。

試験問題はそうこうしているうちに完成しました。この辺でお昼ごはんにします。

午後からは回答欄の準備です。もらったMS Wordがあるので、もうコレに罫線を引いて作ることにしました。ある程度の妥協も肝心です。

ところがどうしたことでしょう。ひな形のWordファイルは、なんだか変なところに見えない罫線の切れ目が入っているようです!数行目まで来ると、突然紙の下半分が次のページに飛んでいってしまいます。なんだよもー。ということで、完成原稿を一枚うちだし、それを見ながら同じ様な表を作り直しました。事務のトラップに関わっている暇はないのです。

午後になるとB室の人数が増えてきました。後で聞くと、近々学会の原稿締め切りがあるそうで、院生さんが原稿を書きに来ているのですね。

もちろん普通の原稿はA4サイズでしょう。私のように、B4を印字する人は少ないのだと思います。そして、得てしてプリンタはこういうときに狂うのです。私がいくら印刷しても、A4のファイルが出てきます。プリンタのセッティングは間違うはずもないほど、毎回確認しているのですが。プリンタは「用紙エラー」といいながら打ち出します。「エラーが出てると思うよ、もう一度確認したら?」というメッセージをくれるのはいいのですが、それならいっそ毎回ジョブは忘れてくれ。ヘンに覚えているから、何度も何度もエラーを出します。腹が立つので、一度プリンタの電源を切ってやりましたが、それでもなおりません。こんちくしょう。

パソコンからプリンタを見てみました。誰か、別のパソコンから、プリンタにジョブを出した人がいます。その人は既に部屋Bを出ているようですが、なんかのエラーでジョブだけが残っています。おそらくそれがA4の設定を強要し、私のジョブと葛藤を起こしているようです。何度も何度も、無駄な用紙を排出しました。

ヒューマンエラーというのもあるもので、何とか出てから、原稿のミスに気づきました。こりゃいかん、とA室に移動です。もう一度コンパイルしなければ直らないからです。ところがどっこい、パソコンaは事務員さんが使っています。そこでしか仕事ができないのにー。少し待つことにしました。

この後、ちょっと事務員さんが席を外したスキにコンパイルし、B室に戻り、またエラーを発見し、A室に戻ると事務員さんも戻っている、という間抜けなことを何度か繰り返し、結局、午後まるまる試験問題の作成にかかってしまいました。

要領の悪さ、タイミングの悪さ、Wordの馬鹿さ加減、プリンタの葛藤など、複合的な要因に絡まれて、研究作業がピタリと止まりました・・・。本当はもう少し居残ってもよかったのですが、何せ精神を病みます。あと三回プリントアウトに失敗したら、公衆の面前でプリンタを蹴ろうと覚悟もしました。それほど精神を病みます。携帯で時間を見ます。娘の笑顔が壁紙です。帰宅を決意します

占いでは、今日の山羊座はラッキーでした。全く仕事ができないというのも、ある意味幸運なのでしょうか。

帰ったら、娘が私の顔を見て笑いました。
やはりラッキーだったのかもしれません。




top