Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2007 / 2月

麺屋 黒船

先日妻が一人で行ってきて、どうも美味しそうなコメントをしていたので気になっていた「麺屋 黒船」へ。
家の近所にあるので、越してきたばかりの時にすぐ行って、なんだか油っぽくてこたえるなぁ、と思っていたお店。そのときはきっと、胃腸がやや弱っているときでもあったはずなので、もう一度正確な評価をするために行くのだ。今回は塩葱ラーメンにしたけどね。

麺が中太平麺で、醤油と違ってまずまずのさっぱり感。風花に比べて塩辛く感じることはなかったし、まぁ美味しくいただきましたよ。まずまず、かな。

しかし、まぁもう当分行かないね。何って、ラーメンが悪いわけじゃないんだけど。
私はおなかが空くと、機嫌が悪くなるのです。だから、お店の中でまたされるとイライラするのです。

今日も店の中に空席が少なく、とりあえず食券を買って待っていたのに、振り向いてもまだ席の準備ができていない。
着席しても、水が出てこない。やっと水が出てきたと思っても、食券を回収していかない。すなわち、オーダーが通ってない。途中で「すいませーん」と言っても「はい今行きます」と返事があるだけで、店の人はこちらに背中を向けて、ずっと洗い物をしているのである。
優先順位がオカシイだろう、と思うわけです。

結局、カウンターの向こうから店長?自身が食券を回収して、作り始める。
私は塩葱ラーメンと炒飯を頼んでいるのに、後になって店員が「お昼はごはんのサービスやってますけど、おつけになりますか」と聞く。炒飯とごはんを同時に食べろてか。

しかも結局食べ終わるまで、レンゲが出てこなかった。おそらくここはレンゲを置くところだろう、という皿が空いたまま。
我々とその隣のグループにはレンゲがないままで、店員は後から来た客の前に洗ったレンゲをサーブしている。どういう意味だ。塩ラーメンはスープに自身がないのか。飲んで欲しくないのか。

とまぁ、ラーメン以外のところで嫌気がさしたような次第。店員(奥様?)も忙しくてテンテコマイだったんでしょうな。たまたま運悪く忙しい時間帯に(あるいは彼女がテンパってる時間帯に)行ったんでしょうな。それでもお客は離れていくことがあるのです。残念ですが、容赦しません。



モデル論いろいろ

後輩と二人だけの研究会。

色々な角度からデータを分析しているが、やはり三相IRTってのが要るようだ。とりあえずSEMでモデル図を描いてやるつもりだが、項目母数と被験者母数の推定をどうしたものかで悩んでいる。後輩SはIRTの専門家にお知り合いがいるそうだから、きいといてもらうとしよう。
どっちにしろ、ユーザーサイドから統計モデルに入っていくと、どうにも超えにくい専門的な壁が生じてしまうな。

階層データとしての分析法も、後輩Sに教わりながら考えてみる。理論的に考えてるとわかりにくいが、実際のデータを見たら何となくわかる。アルゴリズムも想像できるというものだ。この辺の「モノをみないとわからない」というあたりは、実践家が確率変数をイメージできないのに似ている。



五周年祝い酒

ということで、ジーさんのアドバイスに従って、メガネを作ってきました。
久しぶりに検眼したけど、結構度が進んでいたんだろうなぁ。週末のできあがりが楽しみです。

その後、娘を嫁の実家に預けて、難波へ。
日本酒が美味しいいつものお店にて、週末に迫った結婚五周年を祝ってきました。

早いもんだねぇ、五年って。これからもよろしくお願いします。>関係各位(including 妻)

日本酒はもちろん、相変わらずお料理がいろいろ美味しかった。
白子の塩焼き、里芋の揚げ物など、素材の良さ+腕の良さでともかく楽しめました。
妻はのど黒の塩焼きに夢中でしたな。

四杯ほど飲むといい気分になってきたので、思ったより早かったけどお暇することに。
京都まで帰らないといけないしね。

で、意外と早く帰って来れたので、もう一件、行きつけのバーに行きました。
久しぶりにカクテルを飲んだな。三杯ほど。

帰ってきて布団に入ったことは覚えていますが、即寝たようで、気がつけ翌日の朝でした。そら日記も滞るっちゅーねん。



さようなら眼鏡君

娘が先に起きると、私の枕元までやってきて、手に無理矢理眼鏡をねじ込む。「起きて」といった言葉はまだ無理なので、単に「はいどうぞ」と耳元で言われるだけだ。

そりゃあ夜更かしして、なかなか起きない俺が悪いんだけど、今日手にねじ込まれたのは眼鏡と棒。・・・棒?残念、柄でした。ガーン。

眼鏡の柄が曲げられることは今までも多々あったが、今回は完全に分離した状態で持ってこられた。あーあ。

とりあえず車のダッシュボードに、スペアの眼鏡があるのでそれを取りに行く。スペアは乱視の矯正度が低いので、目には優しいのかもしれないけど、遠くのものがぼやけたりするのです。スペアも壊れたヤツも、作ったのは五年以上前だから、そろそろ変え時ではあるんだけどね。それが強制的にやってくるとはな。

昼からは実家の母が遊びに?来る予定だったので、見てもらっておいて買いに行こうかとも思ったが、手持ちのお金も少ないので銀行が開く明日にすることにした。あーあ、痛い出費だ。研究費で落ちないかな(笑)これがないと研究(どころか生活)出来ないという意味で、必需品なんですけど*1

娘を母に見てもらっている間、少しばかり仕事を進める。時間がないからね。

夜、急に懐かしい友だちが来ると言い出した。微妙な距離感だったから、はてさて宗教かマルチかな、と思ったらKM党でした。なるほどね。まぁそれほど害があるわけじゃないからいいんだけど。大変だな。

*1:余談だが、今年度の研究費は使い切っているので、あくまでも可能性として落ちるかどうかの話。



多母集団とDIF

DIFでどこまでパラメタを動かすか、というのはなかなか難しい問題だ。
技術的にできることと、現実問題として説得的なモデルになるかどうか、有意義なものになるかどうかという問題は別であって・・・。

悩ましいところである。ちょっと考えよう。

ところで、パー助(Parscale)で制限を緩める方法がわかってきた。これでまた使える範囲が広がる。



Vistaのマーケティングに透けて見えるMicrosoftのジレンマ

笠原一輝のユビキタス情報局
なかなか考えさせられる記事だった。
ここで言うジレンマとは、Googleのような広告型企業になるか、今まで通りパッケージ勝負するかというジレンマである。Googleはご存知の通り、ものすごく強くなってきているので、今後の展開を考えさせられるいい問題提起だと思う。

筆者はいずれGoogleが無料OSを作るだろう、と言っているが、そうなったら面白いよな!



バタバタ

大学にて、IRTの講義。フリーソフトでも、アマチュアでも、結構できることがわかった。

隙を見て大学事務を駆け回る。年度の終わりと最初は事務書類の季節。一番苦手な季節。

今日は目がかゆくてイカン。くしゃみや鼻水は風邪か、と思えるが、目がかゆいのだけはK粉症以外に説明がつかぬ。

バカリズムの「H能寺のH!」というセリフが頭を巡る今日この頃。




top