とりとり亭

名古屋駅から電車で20分ほどいったところに、とりとり亭共和店というのがあって、そこの店長と同じ高校&大学だったことに先日気づいた。 名古屋で学会があり、珍しく懇親会に出たものの、知り合いがほとんどいなかったので、懇親会だ … “とりとり亭”の続きを読む

ラン、ランララランランLAN

ゼミ指導。無線LANを用意したのだが、設定がまずかったせいか、学生誰も接続できず。 仕方がないので、数名有線でつなげてたどたどしく授業。教材?の準備不足ですな。タドタドしい授業になってしまって、反省。 その後設定を色々い … “ラン、ランララランランLAN”の続きを読む

レヴィンというひと

レヴィンの心理学に対する熱望は心理学が真の科学になることであった。そうするためには心理学的概念の形式的体系とそれに対応する定義を発展させることが必要であり、また、全体として、心理学の経験的事実を適切に取り扱えるような法則 … “レヴィンというひと”の続きを読む

対応因子分析?

システム論のことを考えていたら、表題にあるような分析法を思い至った。 一人のデータからでもItem×Res.のクロス集計表ができるわけで、これを双対尺度法*1すると、Itemと反応に適切な連続体としての数値を割り当ててく … “対応因子分析?”の続きを読む

昨日の日記

昨日の日記を見ると、どうにも誤解されそうだとおもったので、補足。 英作をしていたのだが、私がmissspellをmissspelとmisspellしたのであって、それをエキサイトが律儀に「スペルさん」と訳してくれたのが面 … “昨日の日記”の続きを読む

システム論史

システム論を自分なりにまとめようとしてみたが、どうも良い切り口がみあたらない。 藤澤先生も悩んだのでしょうなぁ。 どうしても、レヴィンの真意が分からぬのですよ・・・。 参考文献:複合システム・ネットワーク論―心と社会のシ … “システム論史”の続きを読む

何が時代を動かすのか

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書) 今がどういう時代であって、今後どういう時代になるのか。すでにどこかで書いたとおり、私には先見の明がないので、気になっているけれどもわからない。 … “何が時代を動かすのか”の続きを読む

にちようび

おかいもの。おひるね。公園であそぶ。 夜になって、子どもが寝静まったのを見計らってから、最後のお部屋片付け。 文庫本を本棚に並べる。PC周りのケーブル類を整理する。 ゴソゴソしていた我々が悪いのだが、娘が起き出した。 一 … “にちようび”の続きを読む