Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2008 / 1月

洗浄液は怖い

夜、さぁ帰ろうと車に乗り込んだ。
フロントガラスが汚れているような気がしたので、洗浄液を出す。

すると、みるみる視界が見えなくなって行くではないか!
車がキンキンに冷えていたようで、なんと一瞬にして凍ってしまったのである。
既に動き出していたので、あわてて停車し、洗浄液を出し続けたら少し溶けた。
暖房が効き始めてしばらくすると、あっという間に全部が溶けて流れたが、それまで左前方はかなり視界が悪かったなぁ。

怖いこともあるもんだ。以後気をつけよう。



待つのも

仕事のうちか、と思いながら。

研究室にカラープリンタがない。図書館にあるとわかったのでいってみたら、プリペイドカードを購入せよという。
この時間、生協は閉まっておりますがな。
結局持ち帰りか。

必要だなぁ、どうにも。プレゼンテーション=パフォーマンスに係る問題だから、重要です。



分析をしたりされたり監督したり

卒論の提出を明日に控え、本日午後のゼミ室は異様な空気だった。
四年生がほぼ勢揃いで、各々黙々と自分のPCと向かい合っている。

少し離れた部屋で、私も同じようなことをしているわけですが。

自分の仕事については、明日で完了するようプランが立ててあったのだが、飛び込みで学生がやってくるので少し遅れ勝ち。今日も遅くまで大学に残りましたが、学生さんの論文締め切り前ってはどうにも、仕方がないですな。



毒ギョーザ 流通・食品業界、対応追われる

 中国産冷凍ギョーザから毒性の農薬が検出され、10人に健康被害が出た食中毒事件。食品メーカーや流通業界は中国の現地工場と日本向け食品の品質管理基準を取り決め、製造過程についても厳しい指導を行ってきただけに大きな衝撃を受け、対応に追われた。
 消費者の矢面に立たされる流通各社の対応はす早かった。関東の食品スーパー、サミットは該当商品2品に加え、JTブランド全冷凍食品の売り場からの撤去を決めた。

 賞味期限切れより怖い。なにより、即効性だからである。食べたら即、嘔吐や下痢、最悪死に至る。
 賞味期限切れの赤福をたべても、即死はあるまい。
 緊急性、重要度がちがいすぎるので、政府はすぐに手を打たねばなるまい。
 そのうち、チャイナフリー運動が始まるだろう。海外では既にそうなっているように。日本マスコミは親中なので、この手の報道が入ってこないのが困る。



俺もなんだよ

朝から原稿書いてます。

時間がないので、分析をしながら書いてます。「○○のデータを因子分析すると・・・」と書いてから分析。終わったら「表○にあるように・・・」と書いてから表作成。丸一日かかっても、完成しませんですな。如何に詰め込んでも、要領よくやっているつもりでも、限界があるんだな。通常のザクの三倍ぐらいのスピードで分析している自負はあるんだが。

同時進行で、学生が卒論締め切り間近です(1月31日)。
ゼミ生の出来が心配です。「どうだ?」と様子を見に行くと、「マジやばいです」とお返事いただきました。「まとまらないんです」。

うん、わかる。よくわかるぞ。俺もなんだよ、と思いながら、「明日には何とかしてね」と言っておきました。

文章を書くと言うことは、一応「無から有を生み出すこと」なので、結構大変なんだよな。
それに比べて、事務、ひいては政治というのは基本的に「間」の作業なんだよな。AとBの案件を結びつける、とか。

などと思ってみたり。

帰宅して、娘と遊んでいると、頭を全く使わないので、リラックスできる。
ライフステージと合致していて、良くできているなぁと思う。



サイトデザイン

大学の、学内専用・教員サイトで、授業を受講している生徒の名簿リスト(エクセル)や、連絡先(大学でのメアド)一覧が入手できると聞いた。

サイトのどこにあるのか、探すこと45分。

見つからぬ。

目、肩、腰が疲れてきたので止めた。馬鹿馬鹿しい。

学生を捕まえて、「おーい、○○くんにちょっとこいとメールして」といったら「あいよ」と返事が返ってきた。

便利とは何か。



さらにふと思う

西洋的なスピードとパワー、という解釈でもなく、東洋的な気、という解釈でもない、身体運動の理論を思いつくことができれば、新しい格闘マンガが画ける。
JoJoのように。

補遺)朝から肩が痛い。ビリーのやり過ぎ=筋肉痛?肩こり?あるいは気?霊(爆)?ともかく、我々がふと思いつくことなんてたかがしれている。




top