Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2010 / 3月

03月30日、昨日の独り言

  • 19:20  タスクトレイに入っているRemeber the milkの牛アイコンが汚くて怖い
  • 17:02  なんかやな仕事だなー・・・
  • 16:30  わかりやすい見せ方がわからない
  • 15:38  プロフォトペーパーは両面印刷できないってか!
  • 15:28  一日五分遅れる時計が、放置し続けたら、今07:23を指している。
  • 15:23  そのうらで、前年度達成できなかった目標はなかったことにする(笑)非生産的だが、逆に言えばリセットすることによるポジティブシンキング
  • 15:22  野球選手は開幕戦、いつも緊張するという。我々も新学期が始まると、毎年入れ込みがちになる。
  • 15:20  来年度の予定を次々放つ
  • 14:00  咳が出て死にそうになった。
  • 12:01  メールが何度か行き違う
  • 11:01  小さくまとまってんな、という感じ
  • 10:47  勝手に見てきてね、というスタイルにまだ慣れない。
  • 10:02  coopに起こされた。想定の範囲外。
  • 02:03  刑事コロンボ視聴だん。シリーズ全部見終わっちゃった。寝ます。

Powered by twtr2src



タスク管理問題

新学期が近づくと、タスク管理問題に追われる。細々した作業なのだが、数が多いので忘れてしまいがちなのだ。たとえば、新学期からまた始まる各講義のシラバスを見直したり、スケジュールを組み直したり。たとえば、学会費の払い込みとか。

で、最近ずっと管理ソフトを探していて、ToDo Chartってのに落ち着きかけたら、ある日そのデータが全部吹っ飛んで帰ってこなくなり、また他のものに手を出しては失敗、を繰り返していた。

フリーソフトでいいんだけど、理想としてセットアップしなくていいヤツ、というこだわりがある。レジストリをいじられたくないのだ。これで選択範囲がグッと狭まる(笑)
次に、オンラインで管理できることが望ましい。いくつかのソフトを試したときは妥協したけど、できれば自宅や出先から書き込んだり確認できたりしたい。

結局、GoogleのToDoリストに落ち着きかけていたのだけど、どうも美しくないんだよなぁ。

この二年ほどRemember the milkを使っていて、iGoogleガジェットも便利だったから、これはこれでいいのだけど、iGoogleガジェットにはたくさん表示されないのです。二週間分ぐらいは表示してほしかった。

今日はThunderbirdにLightningを入れて、そこからRTMを触れるようにしたんだけど、これを入れるとやたらと重たくなるので・・・

で、意外なところで解決しました。Google Gearです。RTMのショートカットをデスクトップに置いておけば良かったのだ。RTMのサイトにいちいち行くのが面倒で、iGoogleに表示させていたんだけど、これだけ大量にあるとその窓が開くだけで解決するんだからありがたいことだよね。

今の環境、ブラウザはFirefox、メーラーはThunderbird、カレンダーはGoogle Gearのそれ、ToDoもGoogle Gearです。なぜか主ブラウザとしてのChromeに魅力を感じないのでした。



03月29日、昨日の独り言

  • 23:04  ワニムwwwwww
  • 22:19  うーん。  http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1447459.html
  • 22:08  昨日までいた御殿場が雪景色との報道。一日ずれていたら、もう一泊だったな・・・
  • 22:07  なんや、今日寒かったのか!やっぱり!
  • 20:31  脳がもっと食え、もっと飲めという。胃はもう満足らしい。さて。
  • 20:27  あへ〜
  • 20:26  司馬遼太郎はあんまり読んでないなぁ。読もう。
  • 20:22  うへ〜
  • 20:22  はへ〜
  • 20:22  今の心情を呟くとしたら、ハヘーとかうへーとかになる。
  • 20:06  熱い風呂が好きになった。野菜が好き。唐揚げの好意度がさがった。最近の心身の変化。
  • 19:18  荷物来た。風呂入れる。
  • 18:08  荷物が届いてからなのだが。
  • 18:08  あついお風呂に入りたい。
  • 17:46  悲しいけど、これって現実なのよね。 「持参金480万円付きでも…ポスドク就職支援苦戦」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000649-yom-soci
  • 17:43  一日寝果てた。体力は回復したと思う。ノドも快方に向かっている。ただ、気力が回復していないような・・・。
  • 08:17  それにしても、昨日もしゃべりすぎた。
  • 08:16  ゴミを捨てるためだけに起きる。そして布団に逆戻り。次はメールかドアホンが起こしてくれるはず。
  • 00:52  帰宅して、添削して、不在通知処理をして、もう寝るだう!!!
  • 00:24  やっと自宅につく

Powered by twtr2src



非対称MDSのこと

非対称MDSのことをまとめておく。基本は、春の合宿セミナーでならったOkada and Imaizumiモデルと、千野先生に習ったHFMだ。

Okada and Imaizumiモデルの利点は、次の通り。

  • 「非計量的MDS」であるということ。
  • 原理もカンタン。対称部分で空間を構成し、非対称部分は円・楕円で表現する。
  • 開発中とはいえ、Rで分析できるようになる予定。

第一のメリット。距離の大小関係だけを再現するので、社会的なデータには向いていると思う。順序尺度水準でデータが取れていればいいのだから。

第二のメリットは、言い換えれば、対称部分と非対称部分を区別して解釈することができる、ということだ。非対称を考慮した上での対称関係(距離関係)と、非対称情報の理解、という二段階解釈ができるのだ。極端な話、円や楕円を解釈せずに、対称のプロットだけで議論することも可能。非対称情報を誤差とは言えないので、それを加味して、対称情報を考えますよ、と言えるのだ。これはHFMと比較して考えると特徴的である。

第三のメリットは、実はまだ未完成段階なので評価できない。完成した暁には、岡田・今泉著「パソコン多次元尺度構成法」に含まれるすべての分析ができるパッケージとして供給されるらしい。CRANからDL出来る形にしてくれれば最高、そうでなくてもそんなパッケージがあるだけでも最高。今回のセミナーでは、まだ開発段階のものを触らせてくれた。
 ただ、使ってみたところ、ひょっとしたらRの哲学とは考えを異にするスタイルのパッケージじゃないかな、と懸念。というのは、提供されたものはバッチファイルで、対話的にオプションなどを入力して行くスタイルなのだ。講師の先生からの又聞きだが、開発者である今泉先生は、その方がユーザーフレンドリーだとのお考えだそうだ。
 私の考えでは、関数は多少フレンドリーでなくても、オプションで指定したことだけをしっかり返してくれればそれでいい。そうしたほうが、オプションに対する理解も深まる。開発の手間も省けるはずだ(対話的にしようとすると、どこかのステップで予想外の入力があったときにプログラムが止まる。あるいはそのエラーをハンドルさせねばならない)。Rの他の関数やパッケージをみていてもそうで、そこに学習の機会があるのだから。
 いずれにせよ、開発は関数とバッチを分けて作られるだろうので、できた関数だけをユーザーが直接叩けばいいだけ。早く完成・公開してくれないかなぁ、と期待。楕円がかけないとだめ、というのはひょっとしたら面倒なハードルかも。

対する千野先生のHFMの利点は、次の通り。

  • 数学的構造が簡単
  • 対角項の情報を利用できる
  • Rのコードも簡単

第一のポイントは、発展的なことを考えるとメリット。初学者にはデメリットかも。
HFMは、非対称関係を表現するのにユークリッド空間では足りないのなら、複素数の空間をつかっちゃえばいいじゃない、という飛び抜けた発想。オモシロイと思うんだけど、地に足の着いた(地球の重力に魂を引っ張られている)社会心理学者なんかに話すと、キワモノ扱いされる。なんでかなー。
この手法で第一次元だけ利用すると、複素空間なので図示するときは二次元になるのだけど(実数軸と虚数軸)、そこでの解釈はユークリッド的で良い、とされている。
また、複数の次元が出てくるので、その複数の次元(因子)を踏まえたデータの構造を考える事で、集団力学的な知見が得られる。私も長らく放置しているけど、集団力学をやる人間にとってはとても大事なポイントだろう。
ちなみに、Okada and Imaizumiモデルでは、対称部分と非対称部分をわけて考察できるとしたが、HFMでは対象がベクトルとして表現され、ベクトルとベクトルの内積で距離関係を表している。そのため、分離した解釈ができないし、結果の解釈の仕方も従来のMDSとは異なるので、そこが素人受けしないところでもある。

第二のポイント。Okada and Imaizumiモデルでは類似度行列の対角要素は利用しない。対象間の移動(ブランドスイッチ)なんかをデータにする場合はそれでもいいのだけど、心理学で対人関係を扱っていると、対角項に入るのは「自己」であり、これを無視するのはいかがなものか、といわれるかもしれない(ゲーム理論やってる人にはいわれないかもしれない)。HFMでは、対角項に入るのは原点からの距離で表現される。一目で、その再帰性の強さが理解できるのだ。

第三のポイント。これは第一のポイントとも関係するのだけど、Rがそもそも複素数複素数での行列演算に対応しているので、簡単に関数化できる。私が書いたコードでよければ、ここにおいてあります。>http://www.kosugitti.net/labo/hfmR.lzh
公開するのも恥ずかしいくらい簡単。対称関係を実数、非対称関係を複素数にして、足しあわせた行列を固有値分解するだけ。HFMのその後の展開で、GSTATIS他のモデルがあるので、それらを含めたパッケージにすればもっと便利なんだろうけど、まぁ素人でも既に出来ているということです。

Saburi, S. and Chino, N. (2008)の最尤MDSがあれば、実は最強。Okada and Imaizumiモデルも含んだやつなのです。Saburi先生がRパッケージにして公開してくれないかなぁ。

いずれにせよ、最終的に全部Rでできるようになればいいなぁ!
誰か研究者に膨大な時間(と金)を提供してください!



寝て回復

昨日は新山口が終点になっているという珍しい電車で帰ってきた。駅に着いたのが23:51で、その後車で三十分ほどかけて帰宅。
三日間不在だったというこんな時に限って、宅配便が届いていたりする。三通もの不在通知を処理して、院生にメールで指示(添削したものを返す)し、就寝。

朝は普通の時間に一旦目覚める。ゴミを出すついでがあったので、ちょうど良かった。
その後布団に戻り、ゴロゴロしながら、宅配便の再配達をまつ。自宅漫画喫茶状態。

二つは午前中の配達。お昼ごはんを食べて、さぁあと一つ来てくれたらちょっと行動するかな、と思っていたが、いつの間にやら昼寝をしてしまい、夕方目覚める。うむ、久しぶりによく寝た!学生みたいな時間の使い方だ。

明日から社会復帰しマース。



ありがとうTOTO

春の行動計量学会セミナー、久しぶりの合宿形式に参加。
富士山の近くでやるというので、新幹線を5時間ほど乗って会場へ。
遠いことは間違いないのだが、合宿というのはある程度遠くないと現実から解離した感覚が無くなるので、よしとしよう。
なにより、会場を提供してくれたのがTOTOさま。東陶、というのが最初の名前だったらしい。
会場の各フロアのトイレがさながらショールーム。綺麗なのはもちろん、形状がいちいち違うので、休憩のたびに今度は下のフロアのトイレに行こうかしら、などという楽しみがある。
初日は18時半から第一セッションがあったのだが、ごく入門的な内容であることと、移動疲れをみこんで参加しないことに。すなわち、会場入りして、夕飯(お弁当)をもらって、すぐに大浴場へ。ノンビリしにきた人みたい。こういうパターンの人はいないようで、大浴場を独り占め。大浴場にもよくわからないシャワー装置が二台、ジャグジー風呂が二つあって、ここでも楽しめてしまいました。
感動したのは、スタッフが全て親切だったこと。受付はもちろん、食堂の人、お風呂掃除の人まで、社員教育が行き届いている!おそらくTOTOの社員ってことはないだろうけど、それでもすごい質の高いサービスだったなぁ。つぶやきにもありましたが、お昼時に「おつかれさまでした」と食堂に迎え入れてくれるのですよ!
ついでにもうひとつ誉めておくと、実は金銭的サポートもしてくれているということ。学会の主旨に賛同してくれてのことだが、格安で宿泊できた。あれだけのサービスに一泊4000円はありえない数値。いやー、いい研修所でした。
連れて行った学生と、大手各社の研修所を色々見て回りたいよね、と冗談を言ったり。

研修内容はもちろん全て面白かった。勉強になることばかり。
テキストマイニング、多重代入法、マルチレベル、非対称MDS。あちこちに有名な先生がいて、言葉の端々から勉強になりました。

基本的にRをメインに使っていたのだけど、おそらく自分の周囲に伝えるには、もう一段階下の、導入の導入みたいな話が必要だと思う。「フォルダ」が昔はディレクトリといって(それを知っている必要はないけど)、「\」で書くのですよ、という半分コンピュータ・リテラシーに近いところからやる必要がある。
あとは、CUIの使い方になれること。全角と半角の違い、大文字と小文字の違いというのは初学者には気づかれにくいポイント。
まぁその辺は統計学者が教えることではないし、過剰なサービスなのかもしれないけど、だからこそその辺の導入Wikiみたいなものが完備されていると尚良いかな、と。近々ちょっとやってみます。

行動計量学会は基本的に親切な人が多い。
また来年も是非、参加してみたいなと思った次第です。



03月28日、昨日の独り言

  • 23:57  やっと新幹線をおりる
  • 20:39  新幹線で多数の有名人らしき人達をみる。広島カープの選手とよむが、顔を知らないので。
  • 20:25  名古屋を変換しようとすると、俺のiPhone名護屋とだす。そんなこんなで、乗り継ぎの電車まち。
  • 19:40  豊橋のあたり。もう少しでひかりに乗り替えられる。
  • 17:57  三島駅周辺をフラつき、ラーメンを食べ、待合室でまったり。
  • 17:00  三島にて、昔懐かしい感じの本屋に立ち寄る。エロ本を買うための本屋、という生き残り方。
  • 13:58  休憩中。窓の外は、また雪…
  • 13:01  喉が痛い→咳。風邪へのパスが繋がらない事を祈るばかり。
  • 12:42  名刺を名刺入れに直すナイスな私
  • 12:23  うな重か肉うどんか、って選択肢の意味なしてない!ありがたくうな重了。
  • 11:55  様々な理由から、あった事のないかの人は、仕事ができないやつだと断定する事にする。
  • 11:40  いつも感じる、このもどかしさ!そしてスパゲティ!
  • 10:59  バックアップ失敗してたので、残念。
  • 10:20  非対称MDSって、もうなんか、すげぇな。ネーミングだけで惚れてまうやろ!
  • 08:48  名札を無くした!
  • 08:47  プリキュアって、なんというか、すごいな。
  • 08:28  最近の仮面ライダーはなんというか、すごいな。

Powered by twtr2src



03月27日、昨日の独り言

  • 23:48  懇親会→大浴場。疲れた〜
  • 21:10  飲み会の場でツィッターって何だ、という話ができる事がすでにツイッター的なんだ。
  • 18:00  講習後、即懇親会!!
  • 17:01  やってみたが、無意な結果だっだ。がっかり。
  • 15:56  そういえばあのデータは、MLMにもってこいやなー。またやらななー。
  • 15:43  本日最後のセッションスタート!
  • 15:09  psychパッケージのfa関数は色々な回転、推定が出来ますよ…
  • 14:54  多重代入したデータからランダム森をつくったら、それはもうなんかブートストラップ森。
  • 13:32  有力なパッケージに出会うのはいつも楽しい。
  • 13:10  動作環境が整うまでの時間、約10分
  • 12:54  この部屋の暖かさは…眠気を誘うな!
  • 12:28  研修所の食道では、おばちゃんがおつかれさまでした、と言いながらサーブしてくれる。学食でもそうすれば、学生の勉強意識が高まるのでは。
  • 11:26  RMeCabの話が残り30分で初出
  • 11:25  igraphパッケージ読み込みの段で、一旦停止と予測
  • 10:56  突然の質問に対応できる、講師補助が欲しいところだな。主講師は話を流す。副講師は横で質問に回答するサブタスクを走らせ、割り込み質問に割り込み回答する。
  • 10:52  mean関数のtrimオプション!良いなあ。
  • 10:51  Rのエディタも悪くない…。ctrl+rで実行するところは。強調表示が欲しいところだよなー
  • 10:47  ctrl+F6でMDI窓の切り替えができる事を、今知った。
  • 10:38  春セミのハッシュタグは無いのか
  • 10:38  それにしても、受講生のレベルが様々なので、講師の先生は大変だなぁー。
  • 10:36  だいたいわかっていても、一つでも新しい事を知れば、研修にきた甲斐はある。すでに三つほど知識ゲット
  • 09:48  窓の外は雪景色
  • 09:48  トイレはさすが!
  • 09:11  ネットニュース見ていたらもうこんな時間。

Powered by twtr2src




top