05月06日の快感

  • 学術振興会から身分証が届く。専攻のところに「数理社会心理学」とある。応募の時に、自分の専門(細目)を七文字以内で自由記述するところがあったので、茶目っ気を出して書いたのだ*1。まさかこんな前面に出てくるとは。しかし、今となってはこの茶目っ気、ユーモアのおかげで、査読者の目を引いて採用されたのかも、なんて思ったり。
  • 首筋に汗疹。子どもの汗疹は一日で引いたが、親父のこれはワンシーズン続くのだよ。しかも、今日は耳たぶにもチリチリとしたかゆさを感じた。これは髪の毛が長くなっているからだ。ということで、少し時間があったので、散髪にいく。夏モード。とてもスッキリして、私は気持ちいいのだが、例によって周囲の女性には不評。
  • 昨日から読み始めた「ダヴィンチ・コード」、とっても面白いです。シドニィ・シェルダン以上にぐいぐい引っ張られるな。まだ上巻の半ばなのだが、この勢いで最後まで行けるかな?

ダ・ヴィンチ・コード〈上〉 ダ・ヴィンチ・コード〈下〉

博士の愛した数式

  • コンジョイント分析について理解する。分散分析、ブール代数分析、ベイジアンネットワークなどとの関連が見えてきた。
  • 利得行列は、いわゆる代数的「行列」ではない。そこんとこを何とかしようと思っている。悩むが答え出ず。ま。ぼちぼち。

*1:注:この名の学問は日本でも数人しか「専門だ」と名乗ってません。

コメントは受け付けていません。