Eclipse=食?

昨日買った本を参考に、Javaプログラムを始めようと思う。
まずは総合開発環境があればよいよな、と思った。クラスやメソッドは、どういう名前を付けたか忘れがちなので、入力補完機能が欲しいのだ。

最初は秀丸マクロでそういう入力支援があるかとおもったが、ネットで検索しているうちに、それよりもよいものを見つけた。

Eclipseである。

IBMが開発しているフリーの総合開発環境で、Javaが基本になっているらしい。こりゃいいや、と早速ダウンロードして使い始めた。まぁボチボチの使い心地である。とりあえず、入力補完はやってくれるみたいなので、当分これでがんばるつもりだ。

さて、ネットプログラム。
今まではVBでチャレンジして、壁にぶつかっていたが、今日Javaで軽くその壁を乗り越えた。
Javaを使うと、スレッドやソケットの処理が大変簡単だ。
昨日買った本もよかった。端的にやりたいことを書いてくれているし、解説も適切である。
ネットを介して対戦するゲームを、例にならって作れました。

今後もがんばるぞ、この方向で。
後はGUIなんだよなー。Javaの場合問題になるのは・・・

コメントは受け付けていません。