第一回「採点フォビア」は友人Fの日記を参照

レポートやらテストやらの採点に追われる。
最初は違うことをやろうと思ったのだが、先に大変な方をやっつけようと思った。200人を越える評定をするのだから。

出席回数と成績はほぼ正の相関をする。
よく出席している子は、ペーパーテストでもよい成績なのだ。
だからといって、相関係数が1.0になるわけではないから、テストの日に体調が悪かったのか?と思わせるような外れ値もあるもので。

なるべくそういう子は拾い上げてあげたいが、一人だけえこひいきするわけにはいかない。その子だけ、+10点ということはしたくないのだ。
むやみに出席のウェイトが大きくなりすぎず(10%ぐらいまでかな)、かつテストの点で(せめて)合格ラインに達するように・・・

大変面倒だが、上手く決まったときは嬉しいのだ。

コメントは受け付けていません。