両替機にて

今年の目標のひとつ、それは「10万円たまる貯金箱」を満タンにすること。
今年の誕生日プレゼントとしてこの貯金箱をもらった。その後、ことあるごとに500円玉を入れていったのだが、なかなか目標金額に達しない。
何度かヘソクリをまとめて両替し、かさを増やすためだけに貯金したものだ。

ともかく、年末が近づいて、やっとたまってきた。
そこで、最後のスパートとして、そうだなぁ、五千円ぐらい両替して、もっとゴールに近づけるか、などと考えました私。

銀行に行って、両替機の前に並ぶ。
えらい行列が出来ている。おそらく、お年玉に新札を入れるためと思われる。500円玉を作ろうとして並んでいるのは私たちぐらいなものだろうな。

さてその後サプライズ。
順番が回ってきて、さぁお金を入れようとしたら、先にお金が出てきた!
妻と一緒にいたのだが、二人して「えー!」と声を出してしまいました。
我々の前にいたオバサンが、機械の操作がわからなかったのか、操作の途中で列を離れたのだな。
妻があわててうっかりオバサンを探しに行ってくれて、私はボタンで係員を呼ぶ。すぐに第三者に知らせないと、盗ったと思われるのは困るからね。

銀行員のオバサンも「えー!」という反応だったが、妻がうっかりさんを見つけてきてくれて(お手柄)、なんとか問題は解決しました。
聞くと、うっかりさん、大量に札を入れすぎて、「一度にお取り扱いできませんから」ということでその一部が帰ってきたらしい。で、「お取り扱いできないのか」と思って帰ったようだ。しかし、機械は既定枚数までは両替していたので、それが我々の前に出てきたというわけ。

実は、額はたったの?二万円。千円札に両替だったので、20枚あったわけですな。ただ、ディスペンサーから札束が出てきたので、見慣れない私たちは泡を食ったのだ。パッとみただけでは、どのお札かわからないし、目の前に入ってきたのは札束という情報だけだったから。

その後、疑われることもなく、500円玉を10枚作って帰りました。

さて、貯金箱に入れていくと、だんだん上の方がつまってきて入りにくくなっている。
こりゃそろそろ達成したか?と貯金箱の重さを量ってみると、1200gを越えている。500円玉を一枚計ると、6gという表示が出る。実際は、新500円玉が7g、旧型は7.2gのはずなのだ(前にネットで調べた)。
しかし、この秤が狂っていたとしても、その器械で200枚=10万円を越えているのだから、こりゃ貯まったんじゃない?!と思って、いよいよ破壊することに!

で、数え直してみました。

174枚でした。

まだ8万円しか貯まってない。っていうか、1200÷7=171だから、既定通りだ。
秤は小さい値のときにだけ誤差があるんですね。

せっかく壊したのにー。
違う空き缶にお金を入れ直し、後25枚貯まるのをゆっくり待ちます。

妻が一枚寄付してくれました(だから残り25枚)。
誰でもいいですから、500円玉をカンパして下さると助かります。

コメントは受け付けていません。