逃避

嫌だけど、やらなければならないことがある。例のポスター改稿である。
その前に、と別の事務作業を始めた。昼過ぎに終わったが、その後のモチベーションがなかなか生じない。

後輩も、「論文の改稿をします」と言いながら、ソリティアにいそしんでいる。

雑談をしたり、別の仕事をしたりしながら、夕方までボンヤリと過ごした。
明らかに逃避である。明日の予定をパスするのさ。まずは、在宅研究日をのんびり過ごしたい。今の私には、心身ともに必要なことだ。

スケジュールを心配して下さる方がいらっしゃいますが(去年の秋もそうだった)、私は無理なスケジュールは立てないので、ご安心下さい。過負荷なら、「無理です」とハッキリ言うさ。心配してくれるのはすごくありがたいんだけど、「ご自身の都合が悪かったら、断ってくださっても・・・」というお心遣いは、こそばいのです。私はもっと利己的ですから

コメントは受け付けていません。