正規分布と関数

エクセルってたいがいなんでもできるなぁ。

リッカート法でデータを取った場合、手抜きをしなければ、相対度数と正規分布から尺度値を決定しなければならないが、これがエクセルの関数を何重かの入れ子にすれば出来ることがわかった。
最初は簡単なプログラムをCで書いてみようかとも思ったが、そんな努力をしなくてもいっぺんに複数の変数分、算出できるわけだ。こいつぁ楽だ。

こういう使い方する人、少ないんだろうけど・・・エクセルって、無駄に高機能ですな。

コメントは受け付けていません。