論文を読んで爆笑

SUNのF先生の論文を読む。

昔は「なるほど、流石は先生」などと思いながら読んでいたが、今日は読んでいて笑いが止まらなかった。いやー、先生、突き抜けてはるわ。

自分だったら絶対に書けない、という話がつらつらと出てくる。論理的に1→2→3→・・・と進んでいくのを確認しながら、怖々風呂敷を広げるのが私のスタイルだが、F先生は10→20→30→・・・とBASICの行番号のように論を展開する。

「早い、早いよ。こういうのは、焦った方が負けなのよね」<カイ・シデン談>

研究者という視点で見れば、もう少し緻密な理論展開が必要、と批判するべきところだが、あの人ぐらいになると、もうこのまま突き抜けちゃって欲しいとも思う。

コメントは受け付けていません。