好み

高校生時分の趣味といえば、「プログラミング」だった。
適切なソフトウェアがないなら作ってしまおう、という発想である。
自分の思い通りの動き、新しい機能を実装するときの楽しみと言ったら、変えがたいものがある。

最近は何をするにしても、十分なソフトウェアがある。
必然的にプログラミングからは足が遠のく。

しかし、論文を書く、本を書くということは、結局「自分の思い通りのテキストを書く」ということだ。好みは昔から変わらないものなのかもしれない。

コメントは受け付けていません。