デビルマン

マンガ喫茶では、特に読むものを決めていったわけではないので、少し悩んだ。
ちょうど、「デビルマン」の映画が酷評されているのを思い出したので、永井豪の原作を読んでみることにした。

面白いのである。
少年誌に書いていたのだと思うが、子どもに読ませるには深すぎる内容だ。描写も激しいし。
しかも、エンディングがいい。
絵やコマ割りなんかはイマイチなのだが、それを忘れさせるぐらいのストーリー力だった。
確かに、これをちゃんと映画化できているとは思えんな。

マンガもあそこまで行くと教養になる。

ちなみに、最近人気の?「鋼の錬金術師」とやらにも手を伸ばしてみた。
これもまた良い。売れる理由がわかる気がするね。
少年ジャンプで連載していると思ったが、違うようだ。

コメントは受け付けていません。