正しい時間の使い方

今日は夕方大学に着けばよい。妻も夕方からの出勤。
こういう日は得てしてダラダラ過ごして、非生産的になりがち。

が、今日はゴミの日。朝起きなければならない。
ということで、朝起きた。ゴミ捨てから帰ってくると、少し眠かったので小一時間ほど寝直したが、睡眠が足りていたのか目が覚めた。

ということで、朝からコーヒーを入れ、クッキーを少しつまんだりしながら、朝の数時間を論文執筆にあてる。

休憩を取りたいな、と思ったらちょうどお昼前。
いつもお昼ご飯は手抜きで、インスタントものを食べたりするのだが、今日は気分転換という意味もあったので、ちょっと料理してみた。

食後にもう少し論文を書いてみる。次の休憩をしたくなった頃が、ちょうど登校時間ぐらいだった。

電車の中では小説を読みふけったり、少し寝たりするので、気分転換になる。

大学に着いたらゼミ。数時間議論をして帰る。
妻を迎えに行ける、ちょうどいい時間だった。

時間を無駄なく使えると、得した気分である。

ところで、明日はゴン朝(ものごっつぅ朝早いこと。なぜか我が家ではこう呼ばれるようになった)で、ゴン遅の日である。六時から弁当を作って登校です。とっほっほ。

コメントは受け付けていません。