わらい

トリビアの泉」にまた木村洋二先生が出ていた。
知り合いが出ていると、そらだけで笑えてしまう。
しかも、今回はオチ担当というおいしいとこ取り。
前回より数倍面白かったです。

夜中の「松紳」では、笑い飯を見る。
二人は大絶賛していたが、個人的にはそれほど評価できない。
目新しさが減ってきた割りに、技術的に変化がないので(完成した?)
彼らはいつまで経っても邪道でいて欲しい。
そういう意味では、これでいいのかも。

コメントは受け付けていません。