ごめんなさい

昼前の電話で起こされる。
勤め先の大学からで、「成績を公開しているが、学生が不服申し立てを。確認して下さい」とのこと。
学籍番号と名前を聞く。聞き覚えがある。あー、この子、確か出席は真面目にしていたんだけど、最後のテストに出てこなかったのよねー。それでかなー。とか思いつつ、資料を確認。

成績簿上では、確かに不可(正確には評価不能)になっている。事務に出したのと齟齬があるわけではない。念のため、と思って元のテスト用紙で確認してみた。

ごめんなさい、テスト受けてましたね、あなた
ありゃあ?!と思ってもう一度エクセルの成績簿に戻る。テストのデータをPCに入れるときにミスがあったようで、よく似た番号のひとのところにその子のデータが紛れ込んでいた。紛れ込まれた方は出席を一度もせず、テストも受けていない。受けても不可だったが、受けてなかったら尚更不可だ。こっちからは不満が出なかったので良かったが。

その子はテストの成績も抜群で、結局評価不能→100点に訂正。

十分注意したつもりなのだが。過去数年間で、初めての成績つけミス。
いや、ひょっとしたらもっとあったのかもしれない、と思うと怖くなる。他人の人生に関わるわけですから。問い合わせてくれて良かったよ。

以後も十分気をつけます。

コメントは受け付けていません。