しゃべる機械

朝起きると、「メールを機械に音読させたい」欲が高まっていた。原因は全く不明。

が、この手の技術は、FM-Townsの頃からあるようなもので、そんなに複雑なものでもあるまい。探してみたら、あっさり見つかった。
MS-Agentである。本家本元、Microsoftがやっていたのだ。これをBeckey!に取り込むプラグインを発見。
残念ながら、キャラクターが選べるほど多くない。ロボット、魔法使い、アラジンと魔法のランプのランプから出てくる魔法使い、オウムの中から選ぶ。もちろんロボットにしたが。

コメントは受け付けていません。