評価不能

オリンピックはスポーツの祭典である。

昨日は新体操、今日はシンクロが目玉のようであるが、ハッキリ言って、これらは何をどう評価しているのかがわからない。
昨日は椅子を使って、あっちへコロコロ、こっちへコロコロ。変な演技だ。
今日はアメリカのシンクロ「メデューサ」を見た。あそこまで行くと、もはや美とは何かがわからない。動きが変で、気持ち悪い。なにか笑わせようとしているとしか思えない。

しかも、点数が9点台だ。少数第一桁で勝負しているでしょう。そんなに細かい評定ができるのですか。心理学では五件法(1〜5点)の点数をつけるのにも悩まされるのに、そんな細部にまで違いをつけられるのか。

一回6点台の演技とかを見てみたい。「これはどう加点しても、6.3にしかならんなー」といった評価をしてみて欲しい。そうすると、9点台ってのにも納得できるかもしれないから。

コメントは受け付けていません。