視界

人数Nからなるネットワークがあるとする。
ここに視界K(K< =N)を設定する。一人の人間が関われる人数だ。

定義
1.自分自身は必ず視界に含まれる。
2.AがBの視界に含まれることを、A \in Bと表すと、A \in C and B \in Cを視界の重複という。
3.A \in B and B \in Aを視界の対称性という。
N=Kの時は完全重複かつ完全対称である。

定理。
N=Kのときは、完全重複かつ完全対称。

N>Kのときのネットワークの結合を導き出す、般的アルゴリズムが欲しい。
基本的には、K>=3のことを問題にするので、N=4 and K=3とか、N=5 and K=4が問題になるのだが。

何を指標にしたものだろうか。

コメントは受け付けていません。