休養と労働の最適解

 日曜日だが、妻が朝から仕事なので、車で送ることに。

 朝ご飯をつくってあげる元気がなかったので(実際ギリギリまで寝ていた)、仕事場へ向かう道中、コンビニで朝ご飯と昼ご飯を買い込み、車の中で朝食。
 帰宅後、久しぶりに晴れているので洗濯をしたもんだから、それを干す作業。

 9時過ぎに終わって、寝直すことにした。とにかく、まだまだ眠かったのである。
 気がつくと14時。もう一眠りしたいところだったが、ここで寝ると仕事ができなくなるので、起きる。
 遅い昼食を食べ、まずはちょっとした事務作業。四通ほど手紙を書く必要があったのだが、なかなか自筆ではがきを書くことがないので、妙に時間がかかってしまった。
 それから申請書の作成。とりあえず表紙を作った、という段階であって、内容は今からである。
 とはいえ、今までと関係のないことができるわけでもないから、何度かやったような今までの研究のまとめと、今後の展望。博論の要約に使った文章と、去年の申請書のコピーでおおかた埋めてしまって、後は細部を変更する。
 それでも最終的にできたのが、0時を過ぎていた。

 途中、妻をお迎えに行ったり、お買い物をしたり、夕食を取ったりする中断があったから、それから考えると早くできたほうだ。

 問題は、昼寝の5時間。あれが長かったのか、短かったのか。
 身体的疲労は取れているが、まだ眠気が残っているということは、完全回復ではないのだ。まぁ昼寝は夜ほど休まらないというし。
 既に1時。明日は6時半起き。これじゃあまた睡眠不足になっちゃうよ。
 今週は当分、仕事を取るか睡眠を取るかというジレンマの狭間でもがくんでしょうな。

 そういえば、大学の教務課から簡易書留がきた。封筒の中にA4用紙が二枚しか入ってないので、結構しわくちゃになっていたが、「学位証明書」でした。

コメントは受け付けていません。