復活!

 えらい長い間止まっておりましたな、この日記も。

 一週間以上ストップしていたが、それは引っ越しのせいです。
 この忙しい最中に、引っ越しをする羽目にあっていたのである。

 4日は阪大のシンポジウムで発表してきた。なかなか好意的に受け取ってもらえたと思う。

 5日は非常勤に行き、帰ってきてからは論文の改稿である。

 6日は朝から学校。後輩の指導?とともに自分の仕事もコチコチ進めたりして。とりあえず邂逅が終わって、先生の返事をもらおう、という段階まできた。

 7日。この日から引っ越しが始まったのである。そう、一日で済まなかったのだ。
 まず午前中に非常勤をこなす。
 終わるやいなや帰りの電車に乗る。途中で、手伝いに来てくれる友人に追いつき、ほぼ同時に帰宅。帰り着くやいなや、荷造りを開始した。あとで聞いたことだが、この友人も、ついたときの状況を見て「絶対この週末ではおわらないな」と思ったそうだ。それぐらい準備が進んでいなかったわけ。
 で、夕方にその手を止めて、さらに別の友人と合流し、今度は映画を見に行く。そう、Matrixですよ。20時からのレイトショーのチケットを、前もって入手してあったので、並ぶこともなく大変良い席で見ることができた。
 内容については、これから見る人のネタバレになってもマズイので、差し控えておくが、いい意味で裏切られて、大変嬉しかった。三部作として出来がいい。終わってから色々思わされるのもいい。三部作では、第三部が一番いい。ともかくも、私の中でトップ3を独占する映画になったことだけは間違いない。

 さて、夕刻帰ってきて、翌日に備えて眠る。友人二人が泊まりに来ていたのだが、ホストたる地位も忘れてぐっすり眠りこけた。だってこの日のために、スケジュールがずいぶんと詰まっていたのだもの。

 翌8日は朝か起きて、荷造りをしたり。実兄と、妻の後輩二人が手伝いに来てくれて、さらに作業はスピードアップ。
 今回わかったことがある。自分で荷造りをすると、なにやら秩序を考えてしまうので、結局時間がかかる。その点、友人に「ここのエリアを頼む」といっておけば、とにかく目に着くものを詰めていってくれるので、秩序はないがスピードが速い。いい意味で「他人事」だから、信用できる友人に荷造りしてもらえると、かなり早く済むことだけは確かである。

 新居と旧居を四往復すると、全ての大荷物が運び終わった。全員で焼き肉を食べ、打ち上げとした。余談だが、こう言うときにこそ「お疲れ様」というセリフが似合うのである。

 まだガスも開いていないので、銭湯に行くことにした。弐左右衛門の湯という温泉である。体は温まったし、なかなかヨイ風呂だった。

 実の兄は、新居の方に泊まっていくことに。
 次の9日、妻は早速仕事だったので、送り出してから実兄と二人で最後の荷出し。壁に取り付けるクーラーなど、数点残っていたのだ。
 夕方にはそれらも積み終わったので、兄は帰っていった。
 私は妻を迎えに行き、その足で選挙へ。旧居の近くで投票しなければならないので、車があって本当に良かった。
 この日は夕食を作る時間もなかったので、外食で済ます。

 寝る前に、大問題が発生。電子ジャーの内釜がないのである。こんなもん、なくすか?というようなものが見あたらない。
 なかなか間抜けな構造になっていて、1.ガスコンロを設置するには、ガスホースにカチットを取り付けねばならないが、それには熱湯が要る、2.ガスが使えないので、電気ポットで熱湯を作らねばならぬ、3.電気ポットのコンセントが見つからない、4.そういえば電源は、内釜と一緒にもってきたはず、5.内釜も見つからない、6.カセットコンロも見つからない。
 真夜中まで検索したが、どうにも見つからないので、翌日の朝食・弁当は抜きということにして(抜くというより作れない)、ヘトヘトになって寝た。深夜二時か三時頃。

 月曜日は非常勤。非常に疲れていたので、根性を振り絞るのが大変でした。
 帰ってからも内釜探しである。この日は流石に「まぁ荷物を全部開けていけば、どこからか出てくるだろう」と楽観視していた。昨日も探し回ったけど、疲れていて見過ごしたのだろうと。
 しかし、やはりない。どうにもこうにもない。手伝ってくれた友人や兄にメールする。荷物はそっちの車に残ってないか。どこに置いたか記憶にないか。
 一人電話してきてくれて、どこそこにはないか、ここはみたか、と色々指示。「ねぇよ。見たよ」の繰り返しだったが、「箪笥は?」という問いに「そんなところにあるわけ・・・あ−!!」
 あったのである。
 どこの世界に、電子ジャーの釜を箪笥の引き出しに入れて運ぶヤツがいるよ。盲点といえば盲点だが。箪笥の引き出しから出てきたときのショックは、筆舌に尽くしがたい。でも、あとで思った。こういう私たちの期待を裏切ってくれる友人に巡り会えたのは、喜ぶべきことだと。この二日間の疲れが吹っ飛んだ?いえいえ、疲れたままでしたよ(笑)

 昨日は学校に行くのをやめ、役所を回る。住民票を動かしたり、免許書を書き換えたり。
 住民票を出すとき、身分証明書として免許書を見せろと言われた。免許書を書き換えに行くとき、住民票を出せと言われた。
 俺はどっちで存在を証明されているのか。わからない・・・。

 部屋の本棚に本を詰め始める。ここが機能しないと、仕事にならないのだ。

 今日も朝から起きて、非常勤から帰ってからも本棚を詰め続ける。8割強、終わった。研究環境が整いつつあるのだ。
 何より、ネット。新居に来て無線LAN環境にしたのだが、それがインターネットと結びついたのがついさっき。嬉しくて日記を書いている次第。
 ジャンキーといわれるかもしれないが、ネットがないとやっていけないのだ。

 あぁ、長い間研究から離れていたような気がする。明日から気合いを入れ直して、三週間後に迫ったゴールに向けて、全力疾走しなければならない。

コメントは受け付けていません。