日本語が足りないのか数学能力の問題か

 論文を修正するも、「間違っているかもしれない」と思い続け。
 うまく回避する日本語が思いつけばいいのだが。

 あるいは、数学的に完全に理解できていれば・・・

 完全って、なんだ。

 例えば、楽譜の一小節に、十六分音符がたくさん並んでいると、「うわっ、早く運指しなければ」と思う。しかし、十六分音符ひとつの長さは、十六分音符ひとつ分の長さ−一小節の十六分の一、をもっているのであり、これを一小節の32分の一ぐらいしか弾かなければ、やはり間違いなのである。

 スケジュールがキツイ今日この頃であるが、一日をしっかり演奏したいと思う。

コメントは受け付けていません。