足の裏の米粒

 理系、特に医学系では、博士論文のことをこう呼ぶそうだ。

 そのこころは「取らなくても別にどうってことないが、取らないと気持ち悪いもの」。

 まぁそれぐらい気楽な感覚で書きなさい、との先生のお言葉。
 体には気をつけろ、とも。
 有り難い。

 しかし、私は予定通りに仕上げなければならない。
 後輩のために、道をつくっておかなければならない。方向を示しておかねばならない。
 素晴らしい先輩がそうしたように。

 歴史的展望について筆を進める。二時間で二頁。効率は悪い。

コメントは受け付けていません。