博士論文を書いた気分

 現在47ページ分。

 今日は明日からの授業計画を練り、またWordで書いていた昔の論文をTeXフォームに落としたりした。

 後半のことについては、形式的なことばかりだから、頭は使ってません。
 それでもbookフォームでまとめてコンパイルして、章題が付いていったりすると、なんだか成し遂げた気分。今日は何も成し遂げていないんだけど、今までの積み重ねの部分をまとめ上げると、それぐらいあったということだ。
 私はこういう「自画自賛」あるいは「悦に入る」ことが得意である(笑)今までそれでもっていたといっても過言ではない。

 悦に入った後で、「あぁこの夏休み、もっともっとやるべきことがあったのに。もっとやっておけばもっとできたのに」と思って凹んだ。

 まだこれから、全体の流れを作って、その中に文章を組み込んでいかなければならない。それより何より、まだ書いていない数章分を書いていかなければならない。データを取り、知識を増やし、分析を繰り返してやっとだ・・・と思うと、締め切りが辛いような、締め切りがないといつまで経ってもできないような、そんな気分である。

 明日から講義です。頑張ります。

コメントは受け付けていません。