失敗続き

 やることなすこと狙いと真逆。

 夕食は軽い目にしようと思ったのだ。ここ数日、食べ過ぎているような気がするし。ついでに禁酒。飲み過ぎているから。

 魚の焼いたヤツと、ご飯と味噌汁。これならお酒も飲まなくていいんじゃないかしら、と夕食の準備を始める。ご飯は少し多めに炊いて、「食べるんだぞ」と自分に言い聞かす。
 次は味噌汁。具を探していたら、賞味期限切れの油揚げが出てきた。いかんいかん。まぁまだ使えるだろうと、具はこれに決定。しかし、余る。そこで油揚げを使った煮物を考えた。小鉢に少し、煮物でもあったら素敵じゃないかしら、と。で、冷蔵庫を除くと、三度豆とタマネギ、ジャガイモ、にんじん。「肉じゃが的な煮物」にしようと思い立ち、野菜を準備する。
 味噌汁ができあがる。煮物を煮始める。

 ・・・多い。どう考えても大量である。煮物だけでメインディッシュ級の分量だ。仕方がないので、「肉じゃがとご飯と味噌汁」にメニューを変更。魚は冷凍してあるヤツだから、まだもつし。

 でも、これがメインだと、もーぅ少し、そう、後一品でいいからなんか欲しい。なんか欲しい。だって、おかずが一皿ってさみしいでしょう。そう思って、妻に「帰り道、横綱の餃子を買ってきて」とメイルした。一人前だけ、付け足そうと思ったのだ。
 さらにこのとき、画期的なことに思い当たる。飲み過ぎでぶっ倒れるからマズイのであって、口をしめらせる程度のビールはあってもいいだろう、と。だって今日は講義の日、明日は休み、ちょっとぐらい自分にご褒美を!

 妻帰宅する。餃子を焼く。最近、焼き方には自信があったのだが、失敗した。皮が焦げ付いてフライパンにへばりつき、そこのない餃子がいくつかできたのだ。これはイカン、と思って急遽もう一人前、追加して焼くことに。
 二回目は、一回目のお焦げが十分取れていなかったせいか、さらに失敗。なんだかわからんものになってしまった(涙)
 
 結局、ビールは二缶弱、大量の肉じゃがに餃子、山盛りご飯と味噌汁で、夫婦して食後「・・・横になっていい?」「・・・俺も」というぐらい満腹に食べまくる事になった。

 料理の手違いで、目的と正反対のゴールにたどり着いた駄目主夫。妻においしいご飯を食べさせてやりたい。次は頑張ります。

コメントは受け付けていません。