複合的能力

 携帯電話とウォークマンが一緒になると、とても便利である。

 J-SH52は、SDメモリーカードがついていて、この容量を増やしてやると、増やした分だけ音楽を入れておくことが出来る。メモリを64メガに増やし(標準は8メガ)、12〜3曲を常に携帯していたのだ。
 ところが問題点がひとつ。携帯上で音楽演奏ソフトをコントロールするためには、いちいち画面を見なければならない。そう、リモコンがないのだ。
 そこでこの度、J-Phoneのオンラインショップでマイク付きリモコンを注文した。それが昨日届いた。

 大変便利である、これは。いちいち携帯を広げなくても操作が出来るというのはもちろん、電話がかかってきてもリモコンに小さなマイクがついているので、ボタンひとつで電話を受けることが出来る。音楽を聴くイヤホンで相手の声を聞き、胸元についているリモコンがこちらの音声を拾う。ちゃんと音が拾えているの?と思うかもしれないが、なんのなんの、バッチリ拾えているのである。素晴らしき技術!これで携帯とウォークマンが完全にひとつのモノになった。今まで電話部分は、音楽ソフトコントロール同様、携帯を広げないと駄目だったしね。

 ちなみに、私は以前、イヤホン&マイクストラップを持っていた。これも首からストラップをかけておくと、ついてるマイクとイヤホンで会話が出来るという優れもの。受話器をあげるのは、「自動着信 15秒」というように、15秒たったら自動的に取り上げるように携帯をセットする。これで例えば運転中でも、電話しながら行けるのだ。
 しかし、これの問題は、「イヤホン&マイク」が「ストラップ」とひっついていること。「ストラップ」は能動的な機能を持っていないから、この方法で電話をかけたり受けたりするためだけに、イヤホンを耳に入れ、ストラップをかけて置かねばならない。
 今回のコントローラーは、「ウォークマン」というイヤホン&マイク(リモコン)をつける積極的な理由があるので、より高機能といえるだろう。

 J-SH52はコンピュータ上でデータの管理も出来る(SDリーダ&ライタが要るが)。そういう意味でもより高機能に、より複合的になっていくのはよいことだ。今からJ-Phoneにする人には、是非お勧めしたい一品である。もっとも、そのうちJ-SH53という100万画素カメラをつけた機種が出るけどね。

 さて、今日は昼間、妻の職場に行ってみた。暇なので、新しくなった図書館に行ってみようと思ったのだ。

 帰りに夕食がてら、ラーメンを食べる。行ったのは「きゃらラーメン」。魚系だしを用いたあっさりラーメン。でもしっかりした味があって、ただのあっさり系じゃあない。トップにはなれないけど、ベスト20には確実に入る味。サイドメニューにとりから揚げ(特性ゴマだれ)があって、このタレもうめぇ。ビールを頼んだら、「ラーメンを持って行くタイミングで声をかけてください」と、飲みすけに親切なところも素敵である。

 ランキングは変化無しかな。やっぱりこってりトンコツ味が私の基本のようです。

1.一風堂
2.ますたに
3.杉千代
4.いいちょ
5.希望軒
6.天天有
7.東龍
8.彩華
9.タンポポ
10.高安(ただしニラゴマを入れること)

トップ10圏外(順不同:これ以下は細かく順位なんかつけられない。でも旨いよ)
宮ッ子/ミスター・ギョウザ/珍遊/銀閣/大栄ラーメン/天下一品/来来亭/マキノ屋/新福菜館/あらうま堂/青葉ラーメン/ほそかわ/林記/百年屋/きゃらラーメン

コメントは受け付けていません。