リンクの問題

産経新聞が馬鹿なことを言い出しているらしい。

詳しくは連邦を参照して欲しいが、この「参照」が許されねぇと言い出したのだ。

連邦は、ページのトップに色んなニュース記事を載せてくれる。ゲットニュースという項目がそうだ。これは色んなニュースサイトからニュースをおそらくは自動的に、そうでなくてもいくつか面白そうな記事を引っ張ってリンクしてくれている。で、産経新聞のホームページからももちろんいろいろなニュースが引っ張ってこられている。
これに産経新聞がクレームを付けた。クリックひとつでニュース記事にジャンプできるのはよろしくないというのだ。一体誰の許可をもらっているのだ?我が社は許可した覚えがありません、これは著作権法違反です。というのが産経新聞の言い分らしい。
しかしちょっと考えてもらいたい。僕の日記でもいろいろニュース記事を引っ張ってきたりするが(話題のため)、この論理が通るなら僕も著作権侵害をしていることになる。それどころか、同じようにニュース記事で話題が盛り上がるページや2ちゃんねるのログなどももちろん引っかかるはずだ。

産経新聞がこう言うことを言い出したのは、トップページに置いてあるスポンサーからのバナーを誰も見てくれなくなるから困る、という理由があるからだ。それにしても、リンクを申告して許可を得なければならないという法的根拠はないし、第一インターネットのポリシー、ハイパーテキストの哲学に反する意見である。

同じように、ニュース記事を引っ張ってくるサイトにいろいろ産経新聞がメールを出しているようだ。
いずれ産経の負け、ということで結果が出るだろうが・・・馬鹿な喧嘩を始めたものである。

連邦のリンクから、同様の被害を受けたページや、そこがリンクしてる弁護士連のページにも行けるので、いろいろみてみんなも考えてみて欲しい。

ところで、友人から昨年末産まれた子供の写真が届いた。
かわいらしい顔をしている。しかし、親父さんにそっくりだな。

コメントは受け付けていません。