本を切ったり書いたり

人生初自炊。本を切る,ということに多少抵抗はあったんだけど,やってみたら簡単だし,iPadでみれるから便利だ。

幸い教育機関につとめているので,裁断機はすんげぇゴツいものがある。がっちり閉めて,ボタンを押してザクリ!と行くようなやつね。
そこで薄く背中を切って,後はScanSnapだ。こいつは普段,会議資料や学会資料をPDF化するために使っていて十分幸せなんだけど,本でもいいね,スイスイ行くね。全く詰まるということを知らない。
で,PDFになるから,後はiPadで読むだけ。i文庫HDが読みやすいな。

初期iPadなので少し重たい感じがするけど,これは仕方がないところかな。思い切って,the new iPad買ってやろうかな。

意外と簡単に済んだので,残りの時間で新学期の資料を作成。マカーになって初めての期なのでWordの文書をすべて書き換える必要がある。であればついでに,iBooks Authorに資料としてまとめれば良いじゃない,と思いついてやってます。
数式はLaTeXiTを使ってコピペで問題なし。TeXのソースを変換する手間があるけど,ま,それぐらいは。
完成したら自分のサイトにおくか,誤字脱字訂正が済んだら出版しても良いなぁと夢を見てみたり。

本のあり方が変わることを実感した一日でした。

コメントは受け付けていません。