AKB勢力図を描いてみる

AKBがいま選挙中ですね。

クリギング手法の練習として,次のようなことをして遊んでみました。

まず,AKBトップ20名の顔写真を一組ずつ見ていって,類似度評定(七段階)。
これで作られる類似度行列を多次元尺度法で2次元空間にマッピング。
さらに,現在の得票数を三次元方向のデータと考えて,クリギングによる等高線マップを描く。

コードは次の通り。

出来た画像がこれ。

f:id:kosugitti:20110530161121j:image:right

白くなるほど高度が上がる=得票率が高い,ということ。
これを見ると,山が3つ,少なくとも2つあるということがわかる。つまり,単峰ではないのだ。グループの中でファンの好みが散らばるから,みんなそこそこ満足したりするんだろうね。
宝塚のスターを類似度評定して人気投票したとしても同じようになるかな?あっちは単峰なんじゃないかな。何となく。
ブランドイメージとしては,どちらの戦略が有効なんだろうか。

あるいは,AKBに入っていない人を類似度評定してマッピングした場合,予想される得票数なんかも算出できる。あたってるかどうかは別にして(笑)

今回は学生(サンプル1)が類似度評定したので,これで根拠のある何かが語れるわけではないけど,とりあえず技術はゲットしたぜ!
あとはバリオグラムの推定なんかについて,オプションを使いこなせるようにならないとね。

コメントは受け付けていません。