Rで学ぶクラスタ解析

Rで学ぶクラスタ解析

Rで学ぶクラスタ解析」を読んだ。ざっと読んだが、かなり新しい情報を提供してくれ、勉強になった。よかったところは次の通り。

混合分布モデルやファジイクラスタリングなど、model basedな手法についてとても丁寧に解説されています。Rソースがついているから十分なんだけど、もうこのソース、パッケージとして配布してくれないかなぁ、と思うのはRに慣れてきたからか、手抜きの癖がついたからか。
とにかく良書です!

我が身を振り返って、階層的クラスタリングしか学ぼうとしなかったことを反省。心理学業界全体の問題だろうけど、新しい分析方法について疎くなってしまうんだよな。根本的な原因は、たぶん学び手の意欲で、それでないなら「頭が悪い」ってやつだな。一つ言い訳をさせてもらうと、クラスタリングだけではやっていけないというところがあるからです。やはり心理学の王道は、因子分析→構造方程式モデリング、だと思われ。

誰の誰に対するコメントになってるのかわからなくなって参りました。この辺で。

追記)Rインストールの際、ctvを使ったClustering関係のパッケージリストをみたのだが、ここにlca、poLCAなんかも含まれるんだなぁ。これみているだけで幸せな気分になれます。

コメントは受け付けていません。