仕分けなど

あまりテレビを見ないで、ネットニュースで情報を仕入れるのだけど、昨日何気なくテレビニュースを見た。仕分け作業の映像が映っていた。

予算を削るのが目的であって、国家戦略のための議論ではないのか、と落胆してみていたが、最大の原因は官僚側だね。プレゼンがヘタだよ。まさかあそこまで政治家が攻めてくるとは思わなかった、というのが本音だろうが、それは言い訳、負け戦をどうする気なんだ。

文科省が予算枠を提供し、その中で研究者はプレゼンを頑張って競争的予算を獲得する。チェックは研究者集団が相互に行っている。そこではプレゼンのうまさ、みたいなのも鍵になってくる。こういう市井の研究者たちの真面目な取り組みを管轄する省庁が、あんなにプレゼン下手とは、何というジョークだ。

とはいえ、流石官僚、こういう仕返しについての反応は早かった。
早速こういうページができている(笑)
サイトマップ:文部科学省

文科省に限らず、各省庁の予算がガツガツ削られているんだけど、「もう勝手にやってくれ」という感じ。
民主党はやらないと気が済まないだろうし、官僚はやられないと気がつかないのだ。
問題は、その後、やり過ぎに対する半生が芽生えたり、国家戦略のための予算配分というポジティブな側面が出るかどうかだ。

民主党は日本を壊そうとしている。が、自民党は果たして再建できるのか。

コメントは受け付けていません。