告白

告白

同僚のお引っ越しを手伝ったとき、お礼に?ともらったいくつかの本。その一冊。

寝る前に、一章だけ読んでみるか、と思ったのが運の尽き。
ぐいぐい引き込まれて、一晩で一気に読み終わってしまった。
ただし、面白くてページをめくる手が止まらなかったわけではない。
帯の評者コメントにもあったのだが、読中感も読後感も最悪なのである(笑)
ただただ、「気持ち悪い、すっきりしたい」と思いながら読み続けた。

読み終わると、良くできているなぁとも思うが、著者の若さも否めない感じがする。
いっそ一章だけ、もっとスリムにしたショートショートにすりゃあよかったのに。

まぁ良くも悪くも、衝撃的なストーリー展開ではあるので、読む価値はあります。

ただし、手に取る際はお気をつけ下さい(笑)

コメントは受け付けていません。