〜殺した。

東野圭吾、「どちらかが彼女を殺した」と「私が彼女を殺した」を読んだ。
いずれも二日ほどで読み終わってしまう。毎晩少しずつ読み進めよう、と思うのだけどダメだ。手が次のページをめくってしまうのだ。

この二つの作品は、いずれも推理小説でありながら、最後まで犯人は明かされない。「犯人はあなただ」という台詞で終わるが、誰だか分からない。読者が本気で推理しなければならないのだ。なかなかおもしろい趣向である。

いずれも犯人がわかった。が、本当にそれであっているのかはどうやって確かめたらよいのかな?

超おすすめの二冊です。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫) 私が彼を殺した (講談社文庫)

コメントは受け付けていません。