〜殺した。

東野圭吾、「どちらかが彼女を殺した」と「私が彼女を殺した」を読んだ。
いずれも二日ほどで読み終わってしまう。毎晩少しずつ読み進めよう、と思うのだけどダメだ。手が次のページをめくってしまうのだ。

この二つの作品は、いずれも推理小説でありながら、最後まで犯人は明かされない。「犯人はあなただ」という台詞で終わるが、誰だか分からない。読者が本気で推理しなければならないのだ。なかなかおもしろい趣向である。

いずれも犯人がわかった。が、本当にそれであっているのかはどうやって確かめたらよいのかな?

超おすすめの二冊です。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫) 私が彼を殺した (講談社文庫)

日記
連休、やってます

令和になりましたな。 世間は10連休。わたしは初日の土曜日に研究会を入れたし、最後の月曜日は授業日な …

日記
バルサン焚きました

去年の今頃もやったなぁと思いつつ。 家の中にムカデが出るんですよ。家族はみんな虫嫌いで、中でもムカデ …

日記
さようなら平成30年度

大学という年度単位で生きている私どもにとっては,今日がある意味一年の最後の日です。明日は新元号も,科 …