みんながんばってます

三年生の前期講義、山場が近づいている。みんなデータをとり終わって、各自分析。

10の変数それぞれにANOVAをするよう指示していた学生がきて、半数に有意差が出たという。これは成功なのか、失敗なのか、どうなんでしょう、というので、まてまて、どの変数(項目)に有意差が出て、どの変数にはでなかったのか、ときいてみる。

結果を解釈してみると、なるほどと思えるし、下位検定の結果は考えさせられるよね、というと、ここで当の本人が始めて結果のおもしろさに気づいたようだ。驚いた。
最後には「なるほど、統計に踊らされず結果をよく吟味するように、と先生はいつも言っておられましたね。こういうことでしたか」と。そういう意味です(泣)

それぞれ結果が出揃って、一喜一憂。これまた楽しいものです。

コメントは受け付けていません。