国立大学に「埋蔵金」3000億円 07年度段階

朝日新聞の記事なので、信用するに値しないのですが。
朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?

これを見ると、大学ってもうけているな、許せん、という話になりそうですが、もちろん違います。

こちらの記事↓に言いたいことが全部書いてあるので、別段取り立てて反論することもないかと思いますが。
国立大学法人に埋蔵金なんてない – W-ZERO3 にっきちょう

結局、国立だから切り詰めろと言われて、独立行政法人化してリストラし、人件費をどんどん減らして(=残る人の仕事を増やして)、やっと黒字化したとおもったら、おまえ金持っているのならよこせ、というのだから、外道の所行ですな。

非常勤講師の扱いの悪さ、大学の派遣切りなど問題はいっぱいあるのになぁ。

結局のところ、教育には無駄な(即効性のない)お金がかかるのだ、という理解と、それをふまえて、(長期的展望に立てば)お金をかけなければならない、という割り切りができてないのだ。

おそらくは、お上に。あるいは、国民に。これを民度が低いといわずしてなんと言おう。
ちなみに、民度を下げるようにニュースの一部をセンセーショナルに騒ぐだけのマスコミは、下の下です

大学関係者は、声が小さいからなぁ。もっと大声で、学の自由を謳わなければなぁ。

コメントは受け付けていません。